ちょっとつぶやき

2019年9月23日 (月)

やれやれでしたが・・・

以下、自戒ほかです。
 ↓
 ↓
そもそも、ストレスを全部忘れて
頭を空っぽにしようと出かけたわけなのですが、
頭は空っぽにできたけれど、
体は正直で、ストレスや疲れが全て出たのが
今回の帯状疱疹だったのではないかと思っております。
つくづく、疲れは溜め過ぎないうちに、
どこへなりとも逃亡するべきだと思います。
それがかなわなかったのが今回。

物理的に逃げ場がない場合、
短時間でも時間を作って、
気分のいい場所(精神的にでも)を確保するしかないかなあと
思った出来事でした。
これからいろいろ難しくなっていくでしょうから・・・。

(自戒終了;;)
 ↓
 ↓
明るくないつぶやきはこの辺にしてm(_ _)m、
最近読んだ、読みなおした本を二つ。


フィンランドの教育はなぜ世界一なのか 岩竹美加子 新潮選書

本屋さんにこれでもかと山積みにされていたのを購入しました。
目からうろこがぽろぽろと落ちるような内容でした。
淡々と、正確に、
息子さんが日本とフィンランドで受けた教育について
書かれているものですが、
教育がなぜ必要か、人が人となるというのはどういうことか。
それに、物事をきちんと言葉にする訓練がいかに必要か。
今の「教育」になにが欠けているか、というレベルではなく、
方向そのものがねじ曲がっているのではないか、と
愕然とさせられるような内容でした(私にとっては)。
遠い昔、先生たちは話し合える相手でもあり
(先生にもよりますが;;)、
生徒たちは自分たちで話し合い、考え、決定を下す機会がありました。
(ちなみに、新設校だったわが中学では、
校則を生徒が何度も話し合って決めました。
校歌も校章も募集されたような・・・(記憶があいまい)。)
それでも、根本的なところに間違いがあったのだろうと今は思います。
その中で、先生がたは頑張っておられたのかもしれないと。
先生たちは問いについて(一つしか答えのないものは別ですが)、
決まった答えはくれず、
常に自分で考えろ、と生徒たちに投げかけていました。
当時はわからなかったことが、
今はいくらか見えているように思います。
何度も、何度でも読み返しています。

エストニア紀行 梨木香歩 新潮文庫

旅の間に読もうと本棚から引っ張りだしたものの
読めないまま帰宅。
痛みがおさまってきたのでぼちぼちと手にとっていますが、
先にすすむのがもったいない。
「豊かなことば」という表現しか思いつかないのが貧しすぎる。
豊饒な言葉の海に浸る幸せ。
それに加え、旅の話なので、
景色、空間、時間、歴史、植物に動物に・・・もう無限大。
しばらく、幸せをかみしめます。

おこもり生活のおかげで、この連休は映画に行けず。
仕方ないですが。
ああ、ついに10月がきますねえ。




| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

いきなりホビット庄が!

昨日つけていたイッテQを見ていたところ、
いきなりホビットン(NZ北島・マタマタにある映画ロケ地)が登場して
おお!!と一瞬テンションが上がりました。

NZにマシュマロキャッチに最適な場所がある、という前振りだったのですが、
マタマタは登場しただけでした;;。
(その後、どこかの私有地の洞窟というか、大地の亀裂へ移動。)

ちゃんと袋小路屋敷(多分)のドアも残っていて、
指輪につづきホビットの撮影も経て、
一大観光地?に変貌したんだなあと思っただけ、なのですが、
ちょっと嬉しかったのでした。

緑龍館か金のとまり木館(あるのか?)で
いつか一杯やりたいものです。

| | コメント (0)