俳優さん

2008年3月19日 (水)

残念!

今日はずっと雨でしたが、風も吹き荒れ、
春の嵐の一日でした。
小学校の卒業式などもありまして
父兄の方が結構抜けられたので仕事はちょっとたいへんでした(^^;)。
思い出深い日になっていたらいいなあと思うところですが、
ちょっと寒かったかもしれません。
今もまだごうごうと風の音が聞こえています。

昨日は更新をしようかな~と思っていたところで
珍しく友人から電話の着信がきているのに気づき、
続いて入ったメールを見て・・・思わず声が出ました。
さっき(地上波の)世界のどっきり番組にヒューも出てたよ~、って。
例のあの番組ですか、
友人の豪邸で爆発事故を起こして真っ青になり、
妻に電話させてくれ、とまず一言言ったというあれ?
こんなゴールデンタイムに出たんですか、完全にノーマークでしたとも。
(私はご家族向けのキリンさんを見ていた頃です。;;)
http://www.ontvjapan.com/genre/detail.php3?tikicd=0002&hsid=200803180006014

ブラピのどっきりはどこかで見たな~と思ったんですが、
まさかヒューが出るとは思ってもみませんでした(爆)。
放送されるくらい認知度が上がった(そういうわけではないかも;)ことを
喜ぶべきなのか。
見たかったよ~~(TT)としばらく我を忘れていたのですが、
特にヒューファンではない友人が、
変装(うーんウルヴィーか?)してるときより
素の方がカッコいいね、と言ってくれたのが慰めでしょうか。
などと書いてみようと思っていたら
きっぱりブログがメンテに入っていました(爆)。
そういうわけで、今更な話題で申し訳ありません;;。

アップしようと思っていたのは、
ヴィゴサイトさんで拾った“Good”の続報で、
トレイラーやクリップ、素敵なポスターなどが上がっていました(^^)。
(→こちらからどうぞ。)
ほかにも気になるニュースを拾っていたのですが、
ちょうど上記のリンクに気になるものがいろいろ目に付きましたので、
改めてピックアップしたいと思います(^^)。

【追記】

見そびれたどっきり番組の映像が見られるところを
教えていただきました(^^)。
我が家ののんびりネットでは
youtubeに上がっていた日本の番組のみ見られましたが、
元の番組のアドレスも置いておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=V6qvcMfrWXg (日本の番組)

http://www.mtv.com/ontv/dyn/punkd/videos.jhtml (元番組)

http://uk.gamespot.com/ps2/rpg/marvelultimatealliance/video_player.html?id=cCQykjKr5bgIuj7d (元番組をこちらでも見られるそうです。)

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

ウェナムさん、クリスチャンと共演?

一口ネタでしのいでいるこの頃で失礼しております。
週末にはエリザベスを見に行けるかな~と様子見中です。
また寒波がやってくるということなので、
皆様どうぞ暖かくしてお過ごしくださいますように。

さて、昨日の追記を書こうとハリウッドレポーターを覗いていましたら、
Wenham, Graham join 'Public Enemies' というタイトルが
目に飛び込んできました。
ん?
この作品は、
クリスチャンとジョニデが共演決定!という記事の出ていたものでは。
・・・ずいぶん前に見たまま放っておりました;;。
これにウェナムさんが出演すると決まった・・・のでしょう。
昨日のボロミアショーン兄さんに続いて、
久しぶりに名前が出ていたことが(しかもタイトルに)大変嬉しいです(爆)。

その放置していた記事はこちらですm(_ _;)m。

晴れて?ウェナムさんがクリスチャン&ジョニデと共演ということなのですが、
役どころは
ジョニデが演じる犯罪王の組織のアブナイ部下・・・でしょうか。
似合うし、というより上手そうですけど、
考えてみると『300』のディリオスは本当にいい役だったな~と思います。
クリスチャンの役どころは伝説の保安官、じゃなくて捜査官です。
ラッセル共演の西部劇(3:10 to Yuma)のほうも
拡大公開してくれると嬉しいんですが。
海の向こうでは評判もよかったしDVDも売れているし、
各賞にもノミネートされていたりするし、
ラッセル兄貴の『アメリカン・ギャングスター』の日本興行も悪くないようだし、
結構期待しているのですが、どうなることでしょうか。


もうひとつ、クリスチャン出演の『バッドタイム』
(英字タイトルも『BAD TIME』ですが“Harsh Times”改題?)
・・・のDVD予約が出ていましたのでこちらもよろしく(何を;;)。
これも犯罪ものです。

バッドタイム DVD バッドタイム

販売元:タキ・コーポレーション
発売日:2008/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する


DVDの新規リリースが出るたびに出てないかな~と探すのは
相も変わらず『ファウンテン』だったりするのですが、
出してくれるんでしょうか。
(だんだん不安になってきました・・・。)

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

ヒース・レジャー死去。

すでにあちこちの映画サイトで取り上げられていますが、
ヒース・レジャーが28歳の若さで急死したとのことです。
(取り急ぎ、映画データベースの記事はこちら。)

多くの方がそうだったと推測するのですが、
本当に絶句してしまいました。
どうして今?
これからいくらでも活躍できるというのに、
人間生きててなんぼじゃないか・・・とつぶやいてしまいました。
これまでもこれからの出演作も大いに期待されていましたし、
娘さんも生まれて、とても可愛がっていたと聞きました。
原因は知る由もないですが、
体を(心も)大事にしなけりゃ駄目だよ・・・と
まったく今更ながらつぶやかずにはいられませんでした。
ご本人はもちろんですが、
ご家族や周囲の人たちのことを考えると胸が痛みます。
ジョーカー役の撮影はすでに終わっており、
テリー・ギリアム監督の次回作の撮影が
どこまで進んでいたのかわかりませんが、
本当に残念です。
今は心よりご冥福をお祈りするしかありません・・・。

アカデミー賞とラジー賞のノミネートもすでに出ていますが、
それはまた改めて。
上の映画データベースのリンクからノミネート一覧が見られます。



【追記】

ヒースの死についていろいろ記事が上がってきましたが、
ジョーカー役で本当に
疲労困憊(という言葉が適当かどうかわかりませんが)になるほどに、
精神的にとても大変な仕事であったこと、
体はくたくたになっていても神経が休まらずに満足に眠ることができず
薬を処方してもらっていた、ということのようなのですが、
彼の最近の様子を読んでみると、
本当に不幸な事故だったのではないかな・・・と思えます。
Variety Japanのこちらの記事などを見ましたら、
意気投合していたと聞くテリー・ギリアム監督との仕事のほか、
監督としての初仕事も進めていたそうで、
まさに油がのってきた時期だったのではと思います。
とてもとても、自ら死を選ぶなんて考えられません。
もうすぐ公開の『アイム・ノット・ゼア』も
夏公開の“The Dark Knight”も
公開をずっと心待ちにしてきましたが、
これがほぼ最後の作品になってしまうと思うと、
心底残念でなりません。
年を重ねてじっくり熟していっていただきたかったし、
もっとずっと新作を心待ちにしていたかったです。

同じくバラエティ・ジャパンに
ドラゴンボールの日本公開が8月夏休み公開になるとの記事が出ていますが、
(→こちら)、
“The Dark Knight”の日本公開についても触れられていまして、

『バットマン』シリーズの最新作で、ジョーカー役を演じる予定だったヒース・レジャーが急死したことで俄然注目を浴びることになった『ダークナイト(仮)』の公開も、8月夏休みに予定されている。

・・・とのことでした。
こんなことで注目を浴びて公開が確定するのもどうなの・・・
と思わずにはいられませんが(TT)、
公開前から素晴らしい、凄まじい演技だと絶賛を受けている
ヒースのジョーカーを
いつもとは少し違う気持ちで見に行くのだろうなと思います。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

ヴィゴの新作映画。

先日お伝えしたリーエフさんの役柄はもしや、という話題ですが、
同じソースでeiga.comにも出ていました。
こちらでは決定、と言い切っていますが、蓋が開くまで我慢我慢・・・。
撮影開始日はまだ秘密、ということでしたが、
まもなくアナウンスが出るのではないかと楽しみにしています(^^)。

今日は先ほどヴィゴファンサイト様から伺ってきたお話を。
ヴィゴの新作“The Road”ですが、
共演はガイ・ピアース、シャーリーズ・セロン、
さらにはヴィゴの息子役を
『Wolverine』で若き日(というか子役?)のローガン(ウルヴァリン)を演じるという
Kodi Smit-McPhee君が演じるのだそうです。(→こちら
監督は『プロポジション』のジョン・ヒルコート。
オーストラリア映画に詳しい方はとっくにご存知のことかなと思いましたが
(私はまったく詳しくありません;;)、
個人的におお、ほとんどオーストラリア映画だ~と思いましたので、
こちらでも上げさせていただきました。
(撮影はアメリカで行われるようです。)
『アラトリステ』と“Eastern Promises”の日本公開をじーっと待っている間に
“Good”と“Appaloosa”はポストプロダクションに変わり、
欧米では今年の公開予定です。
マイペースで着々とキャリアを積むヴィゴですが、
『イースタン・・・』の日本公開を期に、
日本でも作品が公開されてほしいなあと思います。
とにかく<教授@Good>は見てみたいです。

もうひとつ、シネマトゥデイのミュージカル特集を楽しく読んだのですが、
気になっていたのが、
メル・ブルックスとスーザン・ストローマンが再タッグを組み、
ロジャー・バートが出演しているミュージカル
『ヤング・フランケンシュタイン』の話題で、
ロジャーが出ている時に見に行ける人はいいな~と思っていたのですが、
ふと見ると、
まもなく日本公開の『アメリカン・ギャングスター』に
ロジャーが出演しているんですね!全っ然気がついていませんでした;;。
IMDbで見る限り、弁護士の役のようですが、
コメディの彼しか見たことがないので、もしかするとわからないかも・・・(爆)。
でも、見に行きたい気持ちが確実にアップしてしまいました。
(←どうしようもなく邪道;;;。)

| | コメント (0)

2007年6月28日 (木)

久々に小ネタ。

久しぶりに俳優さんの話題などを少し。

新バットマンスーツの写真が出たほかは
撮影を見に行ったファンが撮った写真や情報などが
いろいろと飛び交っていたものの
なかなか出ない~と思っていた
“The Dark Knight”のブルース坊ちゃんの写真ですが、
かなり坊ちゃん仕様になってきた(と思われる;)
近日のクリスチャンの写真が上がってきたと伺いましたので
覗きに行ってまいりました。(→こちら
“Rescue Dawn”のプレミア後の会食で
ヒース・レジャー@ジョーカーと同席しているところです。
ヒースお父さんも子煩悩と聞きますが、
クリスチャンもつくづくよい家庭人のようであります。
ややむさくるしい(すみません m(_ _;)m でも結構気に入っています;;)
ボーデンの風体からは
かなり程遠い爽やか笑顔のクリスチャンが見られますが、
下のリンク記事の
〈Heath Ledger as The Joker - FIRST LOOK〉
を見て、ちょっと引いたのは内緒です(^^;)。うわ~。
坊ちゃまと執事のツーショットが見られるのは
いつ頃でしょうか。
クリスチャンのインタビューはこちらで読めます。

もう一つ、映画データベースからの記事で、
クローネンバーグ監督の“Eastern Promises”に
ヴィゴ、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルが出演すると
初めて耳にしました(遅)。
(ヴィゴというと、アラトリステの日本公開はどうなったのかな~と
思うところで情報が止まっていまして(すみません;;)。
エレナさん(ドラキュラの花嫁@ヴァンヘル)も出るんでしたよね。)
クローネンバーグ監督の作品は
ヴィゴがらみで『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を見ただけなのですが、
また強烈な役でしょうか・・・。(どうもマフィアの役らしいです。)

ようやく撮影に入ったという“Good”ですが、
ポスターが出ているとファンサイトさんのところでお見かけしたので、
このあたりに貼ってみます。
トーンを落としたこんな雰囲気になるんですね。
(↑まだポスターを見ただけですが^^;)
ヒューが演じると聞いて楽しみにしていた時期もありますが、
もしそうだったらまた随分感じが変わったかもしれないなと
思ったりいたしまして。
(単に「教授」姿を見てみたかっただけかも・・・。)
こちらも日本で公開になるといいなと思います。

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

ヒダルゴそのほか。

ついつい映画に行きそびれているこの頃で、
少し時間が空けばちらりと本屋さんに寄るのが楽しみです。
今日は遅まきながらようやく見つけました。
『プレステージ』の原作本、クリストファー・プリーストの『奇術師』を。
(ハヤカワ文庫FT・・・って、ファンタジー文庫なんですね。←気付くの遅すぎ。)
すでに一冊購入済みなのですが、
カバーが映画のポスターになっていて、帯もしおりも映画版。
・・・しょうがないなあ・・・。
文庫のカバーにヒューとクリスチャン(とスカーレット)がお目見えするなんて
最初で最後かも。
ええ、買いましたとも。これで買わなきゃファンじゃない(かもしれない)。
周知のことかもしれませんが、
このしおりがあると200円引きで映画が見られますよ~(^^)。

今日の気分転換としまして、
久しぶりにi-podに落とした“Hidalgo”のサントラを
盛大なボリュームで聞いてみました(イヤホンで)。
今更ですが、いいです~(^^)。
ご存知とは思いますが、ヴィゴ主演(いや馬主演?)の
邦題『オーシャン・オブ・ファイヤー』のことです。
映画もなかなか私は好きだったのですが、
サントラが適度にドラマティックでかつ旅情があるので、
実はサントラの方がよりお気に入りでした。
ボリュームを上げると携帯映画館のような効果があり、
しばらくこれで頑張れるかも。
ストーリーは、馬による馬救済のお話という感想を持ちました。
くたびれるほどカッコよさが増す?ヴィゴは良かったし
(やはり王様より野伏の方が)、
フランクが悩んでもへこんでも
ヒダルゴがどんどんリードしてしまうのがまた良かったです。
私にとっては半分動物映画でした(大間違・・・^^;)。

このサントラですが、
買うときにちょっと紆余曲折がありました。
最初は映画館で買いかけたのですが、
コピーコントロールCDだったので
アメリカのアマゾンに注文したあと、
日本のアマゾンで輸入版を見つけて注文しなおし、
ついでにトールキンアンサンブル+クリストファー・リー様のCDと
エルフ語の本も注文したといういきさつが。これも積ん読化しております;;。
最近はあまり聞きませんが、
CCCDの問題はどうなっているのでしょうか。
パソコンに音楽を取り込む人口が更に増えている昨今、
こげなものがあったら余計CDを買う人が減りそうな気もしますが。

そういえば、ヒューにはまる前は
アラゴルンがいいなあ~と思っていたことを思い出しました。
今もヴィゴは好きですよ。黒髪の方がよりいいですけど(爆)。
そういえば、教授役の配役がヒューからヴィゴに変わった“Good”ですが、
どうやら撮影が始まったようです。
(元々はコリン・ファースの予定でしたっけ(うろ覚え)??)
撮影が遅れているうちにスケジュールが合わなくなったと聞きましたが、
こちらも無事出来上がるといいなと思います。
ところで、IMDbのヴィゴの写真って、
アラゴルンの写真が出てくるんですね。
知らなかった・・・。(←つくづく転びファン・・・;;)

| | コメント (0)

2007年5月 4日 (金)

アメコミ続々。

元々アメコミには全く縁がなかったのですが、
気がつくとX-menやバットマンを追っかけていたりして、
世の中何が起こるかわからないものです。
(ヒューとクリスチャンを追っかけているだけですけど。^^;)
今さらですけど、名優と言われるような俳優さんが
ジャンルに関わらず(爆)よく出演されてますので、
充分に、いえそれ以上にフィクションに引き込まれてしまいます。
『300』もコミックの忠実映画化のようですし
(続いて同じくフランク・ミラーの『Ronin』も実写化が決まったようです)、
『スパイダーマン』とか『シン・シティ』とか『ファンタスティック・フォー』とか、
映画界の方がアメコミに引っ張っていってもらってると
見ることもできそうです。
では、ぱらぱらとその後出てきた情報などを二つ三つ。

一つ目は撮影が始まっている“The Dark Knight”です。
インタビュービデオなどもあがっているようですが、
こちらにはクリスチャンのインタビュー記事が上がっていました。
ヒース@ジョーカーの撮影風景はちらりと上がっていましたが、
ご本人の撮影はまだのようです。
写真が上がってくるのが待ち遠しいです。

次はX-menのスピンオフについて。
これまで耳にしなかった“Magneto”の情報が出てきました。
監督が決まり、いよいよ始動するようです。(→こちら
マグニートーの若き日のお話ということは、サー・イアンはさすがに出られまい。
役者さんは誰になるのかな~?
脚本家決定以降情報のなかった“Wolverine”の方もまた
動き出すようです。
IMDbの“Wolverine”キャスト表は
いまだに「噂」として
ブライアン・コックスと謙さんの名前があるのみですが、
日本が舞台のお話にはならないかもしれないので(→こちら
謙さんは出ないかも・・・。
洋画で描かれる日本は程度の差はあってもステレオタイプになってしまうので、
脚本がどう仕上がるかが怖かったんですけど、
こちらもしばし待機です。

三つ目は、新生『ハルク』の続報です。
エドワード・ノートンがやるのか・・・と複雑な気持ちだったのですが、
さらにリヴちゃんが加わるようです。(→こちら
今作はアクションがメインになるようなのですが、
やはり追っかけるべきでしょうか(悩)。


今日アマゾンを検索したところ、
XmenファイナルディシジョンのDVDと同時に発売された
マーベルヒーローボックスがセールになっていました。
なんと45%引きで、13,745円!
それでもまだ高いですが、
悩んだ末に保留にしていた方には朗報かもしれません(?)。

ちなみに今更ですが、『太陽の帝国』を注文しまして、
破格の980円をぽちっとしました。
その昔劇場で観たときには最後にほっとしたことを覚えていますが
(一応ハッピーエンドだったはず)、
いろいろ確かめつつ、少年のクリスチャンを見てみたいと思います。
・・・あとで特別版を買いなおす破目になるかも;;。

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

今日の新作映画情報。

今日のハリウッドエクスプレスの特集はハル・ベリーでした。
黒人女優初のオスカー女優となったことに加え、
オスカーを持ってラジー賞授賞式にのぞんだスピーチの様子もありました。
批判を聞かない人間に賞賛を受ける資格はないとのことで、
やはりカッコいいです。
40才になりましたが、今が一番キレイだな~と思います。
最新作はブルース・ウィルス共演で、
親友の死の謎を探るジャーナリストの役です。
(タイトルを忘れましたが、多分“Perfect Stranger”だと思います。)

ほかに紹介された新作映画の一つに
カール・アーバン主演の歴史物“Pathfinder”がありました。
コメントでノルウェイで製作されたもののリメイクとありましたが
(いえ、あったような気がしますが)、
ネイティブアメリカンの村に残されたヴァイキングの少年が
長じてヴァイキングから部族を守る・・というようなお話のようです。
(↑ちょっと怪しいのであまり信用しないでください;;。)
映像は静止画像の連続のようでよい雰囲気だったのですが、
ゲーム調のアクションアドベンチャー止まりでないといいなあ;;。
指輪以降、どうも今ひとつ出演作に恵まれていないような気がしますので。
指輪映画では他数名の登場人物同様に
相当出番を削られてしまったエオメル兄さんでしたが(TT)、
兜がそれはそれは似会うので、実は結構好きなのです。
砦からの出立シーンとかペレンノールとか・・・。
(女子供ホビットの出る幕じゃないとかいう
余計な付けたしもありましたねそういえば。(TT))
なので、コスチュームものに出てくれるのは嬉しいのですが、
日本で公開してくれるでしょうか?

先週のランキングでは「300」は第3位で、
スパルタ王とペルシア王の対話シーンの映像が出ました。
記憶がいろいろあいまいになっているので
テルモピュライの戦い(私はテルモピレーと覚えていました)について
ウィキペディアを覗いてみたところ
映画「300」の記事もあり、
ウェナムさんの名前も「デビッド・ウェナム」と記載されていました。
ファンの方にはとっくに周知のことだと思いますが、
今更気がついて感心しきりなのでした(^^;)。

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

小ネタを少し。

クリスチャンファン、ヒューファンの皆さまおよび
映画の日本公開をずーーっと待ちわびていた皆さまの間で
物議を醸している(ほぼ落胆一色)“The Prestige”の邦題ですが、
こちらの頁にも『イリュージョンVS』の記事が出てしまいました。
このタイトルは「イリュージョン・ヴァーサス」
読むそうです・・・。
XMENとバットマンだからこういうイメージになったのでしょうか。
(何度聞いてもハブVSマングースを連想する私って;;。)
共演者のところにデヴィッド・ボウイ先生の名前があがっていますが、
彼の作品でメジャーどころ?というと『戦メリ』になるんですね。
『ラビリンス』は結構好きでしたが(古・・・)。
アンディ・サーキスの名前がないのが残念。(無理?)
ちなみに、以前の記事に出ていた「2大個性派俳優」の名前は
差し替えられているようです(^^;アンジアはそのままですが)。
ネタばれの問題はありますが、
こちらの紹介記事の方がGAGAさんの頁のものよりも
申しわけないですが、ずっと雰囲気が伝わってくると思います。
最初の3文でいいので、使うならこっちのコピーを使って欲しい・・・。

気を取り直して小ネタの続きを。
comingsoon.netから、
ニコール・キッドマンとナオミ・ワッツが共演するという情報です。
ともにオーストラリア出身で仲良しの二人ですが、
精神科医(ナオミ)とその患者(ニコール)が火花を散らす?
セクシースリラー、だそうです。
この二人が一緒に見られるだけで嬉しいです。
順調に製作されるといいなと思います。

もう一つは“The Dark Knight”のキャストのその後について。
(→coming.soon.netVariety.com
色々噂のあったハーヴェイ・デント役に
アーロン・エッカートが決まりそうな雰囲気です。
見たかったけど見ていない『サンキュー・スモーキング』の人だなと思ったのですが、
ふと横を見ると、ROADSHOWカレンダーの2月の顔は彼でした。
結構いい感じかも(←何様;;)。
こちらも見ごたえのある作品に仕上がってくれることを
大変期待しております(^^)。
モーガン・フリーマンのオヤッさん再びは望みすぎでしょうか?

【追記】 
GAGAさんのブログページを見ると、
  イントロダクション:
  その事故は、殺人か?
  2人の天才マジシャンが仕掛けあう、神業的トリックの応酬。
  天才 vs 天才、世紀のイリュージョン対決の末に明らかになる驚愕の事実とは...!

・・・となっていました。
このコピーならサスペンス度がやや上がってる分いいかなあ・・・(爆)。

| | コメント (0)

2007年1月31日 (水)

暗黒の騎士

バットマン・ビギンズの続編“The Dark Knight ”のキャストですが、
レイチェル・ドーズ役を
ケイティ・ホームズが演じないとのニュースが上がっていました。
多分続投はないだろうというような話を
ビギンズの時点で耳にした記憶があるのですが
いろいろいきさつがあったのでしょうか?
ほかのキャストについても、
ハーヴェイ・デント候補にマット・デイモンが上がっているという噂もあるようで
(リーヴ・シュライバーという話もあったような)、
引き続き豪華キャストの『暗黒(闇?)の騎士』も楽しみなところです。
クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、
ゲイリー・オールドマンの続投に加え、
ジョーカー役のヒース・レジャーは決まっているようです。(→IMDb)

どうでもいいことなのですが、
このタイトルを聞くたびに
The darkness of the music of the night ~ という歌が頭をかすめるのは
やはり私だけでしょうね。(ナイト違いだし;;。)

先日注文したアマゾンUSのDVDは無事届きました。
今ポンドは240円なんですね。強いわ・・・。
日本のサイトの余りの高値にひき、
安さだけでUSのサイトで注文した字幕なし『ヘンリー5世』です(無謀)。
ケネス・ブラナー、ジュディ・デンチ、イアン・ホルム、
エマ・トンプソンなどなど豪華なキャストに加え、
少年のクリスチャンも出演しています。
仮に字幕があっても歯が立たないに違いないので、
まずは画像を楽しみたいと思います(爆)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧