ごあいさつ

2016年1月 1日 (金)

あけおめですm(_ _)m。

えー、年が明けてしまいましたm(_ _)m。
一年の感謝と新年のご挨拶を
今年は一緒にさせていただきます。

こちらでは随分暖かいお正月となりました。
どうか皆さまがお元気で

新しい年を迎えておられますように。
幸多き、素晴らしい一年となりますように。

昨年は世界中で、また日本でも
大変なことが沢山起きてしまいました。
どうかこれ以上命が失われないことを、
状況が良い方に向かっていくことを
心より願い、片隅で祈っております。


秋からこっち二か月の間、
全く更新ができませんでしたm(_ _)m平に平に・・・。
少しさかのぼって、
観た映画などについてアップさせていただきます。

 
 以下、更新が「亀」化した言い訳です。
つらつらと考えていたことも少々続きます。








公私ともに(どちらかというと私が)
忙しい、といいますか、

睡眠時間を減らしても足りないような一年でした。
昨年は人質事件からはじまって
とんでもないことが毎日のように起こったので、
ツイッターは見るだけ、読むだけ、
せいぜい覚えのためのリツイをするだけの私ですが、
趣味以外の覚えとして使っているアカウントを見るだけで
相当に時間を要してしまいました。
日々インプットするのが精いっぱいで
アウトプットはおろか整理もままならず、
ただでさえ忘れやすくなっているというのに(トシですし)、
「嘘を100回重ねて」というのは
こんな具合に次々トンデモナイことを起こしては
騒がれる前にさっさと上書きして忘れてもらって
非常識を既成事実化していくということなのだなあと
理不尽ながら認識させられた年でした。


サル
マン様の口上のごとき

(多くがもっと稚拙であからさまにおかしなものでしたが)
「さかさまの日本語」も引き続き散々耳にさせられ、
たまに理路整然とした書き物などを目にすると
心からほっとしました。
こんなことが当たり前の世の中にしてはいけない。
おかしなことはおかしなこと、
ちゃんと認識して、声にして、忘れては駄目。
そんなことにじたばたとかかずらっていたので
とにかく時間がなかったのでした;;。
そんなわけで趣味としては
映画を観るのが精一杯でありました。
私の大好きな、尊敬している方もきっと

おかしなことにはNOと言うべきだと考えるだろうと
信じていますので、

今年はこれで良かったのだろうと思います。
しかしリアル「図書館戦争」というよりは、
すでにリアル「華氏451」の世界にいるように感じました。
(TV等で目にする報道の劣化が酷すぎました。
情報の選択・編集で意図的に歪めている節も。)

明らかに歪んでいる世界を修正できるのは
やはり人間のはずです。
戦争を知る世代が次々に去っていく中で、
当たり前に普通の暮らしを享受してきた今の大人たちが
特にこの10年、 
歪みのツケを子供たちに背負わせたのだ、と
声を上げる学生さんたちを見て

改めて思い知りました。
自分と周囲のことだけを考えて生きてきた大人たちが
責任をとる義務があると思えてなりません。

せいぜい、できることだけでもしなければと。
 

事が起きてしまってからでは
取り返しがつかなくなると本気で危惧していますが、
この二~三年で着々と「全て」が煮詰まってきました。
国が傾くような都合の悪いことは隠したまま
なりふり構わず嘘を重ねてごまかし居直り、

改憲(緊急事態条項=人権停止可能法)まで突っ走って、
あとは野となれ山となれと
考えているとしか思えない滅茶苦茶ぶりです。
水際」で止められるのは今年が最後になるでしょう。
一つひとつ、できることをしましょう。
私もそうしたいと思います。


最近の投票数を観る限り、
とにかく投票率を上げて(!)

野党票をバラさなければ希望はあるはず。
本来は政治に関わりのないフツーの人たちが
やむにやまれず声をあげているのが分かるので、
沢山の人たちに早く危険に気付いて欲しいと
心底思います。
少なくとも、

まっとうな言論がほぼ撲滅された今の政治状況下では
改憲など絶対に回避すべきです。
参院の論戦?はあまりにも酷かった。
忘れてはならじと買ってしまったのがこちら。

『2015年安保 国会の内と外で』(岩波書店)


頭を冷やして考えてみて、
70年続いた「
国是」を投げ捨てるべく
無理やりに画策され続けたこの二年は

あまりにも異常でした。
そもそも始まりからして全てが違憲の異常政府です。
それでも直接裁かれるシステムのないこの国の国民は
70年間ずっと、
政治というものは「誰かがやってくれる」他人事と
考えてきたんだなあと・・・。
今頃気づくことからしてどうしようもないのですが;;。
(本来止めるシステムであった報道機関等が押さえられてしまったので
あっというまにここまで来たとも言えますが。)
日本社会はメダカ社会だと言った方がいましたが、
実は封建時代から
人々の本質は何一つ変わってないのかもしれません。


心穏やかに過ごせる日々が、
思うことをなんでも話せる日が早く来てほしいと思います。
何の心配もなく、楽しいことを心ゆくまで。
正直、本音を話せる友人は絞られてしまいました(TT)。

いつか影は去るでしょうが、
それが自分の代で「間に合う」のかどうか。

どこかに平穏を見つけつつ、
一日一日を過ごしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2015年10月31日 (土)

今年もハッピー・ハロウィーン♪

さてさて、今年もハロウィーンがやってまいりました。
こちらとしては、開設9周年という意味合いとなりますが、
しかし、今年はあまり書けませんでした・・・。
まずはお詫び申し上げますm(_ _)m。
そして、今日はPANの日本公開日です。
朝のブランチではまたもヒューのインタビューが流されていて
かぶりつきで見ることはできませんでしたが、
声はしっかり聞かせていただきました。
それにしても、本当にブランチによく出るようになったなあ・・・?

ここ数年のうちに
突然ハロウィーンがイベント化されてまいりました。
商業ベースではあるのでしょうけど、
その実は
「おおっぴらに仮装して表を出歩ける日」なのではないか
・・・というような気がしてまいりました。
正直よくポイントがつかめなかったので
一体どうなっているのかと街に出てみたのですが、
おどろ系あり可愛い系ありの
黒コスチューム+ポイントメイクが主流のように見受けましたが、
いや、これはただのコスプレでしょう~!というような方も
(ゴスロリの方は普段のオシャレのままなのかとしばし悩)。
子どもの仮装は普通に可愛いのですけどね。
キャッツのメイク風でもありますし・・・。
そして、夕方近くにメインストリートを通りかかると、
川の流れのごとく滔々と、沢山の方々が練り歩いていらっしゃいました。
日の落ちたあとにもまだまだ盛り上がっていたのかも・・・。
とりあえず、どなたさまも「ハッピー・ハロウィーン」!

さて、そういうわけで(どういうわけなんだか)、
やはり映画の感想を置くくらいが精いっぱいとなった一年でありました。
予想通りではありましたが、
一年が経つのがとても早かったです。
毎日のように碌でもない(すみません;;)ことが耳に入ってきて、
それらを消化するだけの時間を持つこともなかなかできませんでした(TT)。
とはいえ、いつまで時間があるのかわからないこの頃ですので、
この一年で見なおしてみたのは
できるだけ、素の自分でいる時間を確保することでした。
実は今年は英語を話せるヒトになる!という秘かな野望がありまして
(ペラペラになるのと、話せるようになるのとは違うと悟りました。
話せることを胸をはって話す、わからなくても黙らない。
わからなくても気にしない(覚えた単語もすぐに忘れるので;;)。
・・・図々しいともいいますが;;)、
英語に馴染みつつ情報チェックも兼ねて
ジャパンタイムスの購読を始め
(←始めは本屋さんで買っていたのですが、時間の無駄と気がつきました)、
週末になにもなければ本屋さんと映画館のはしごと決めて、
読みたい本、読むべきだと思う本を
片端から読めるだけ読んでおりました。
アウトプットができるほど消化できていない体たらくではありますが、
しばらくはこのまま続けていきたいなあと思っております。
たとえ未消化でも多少の成果はあるもので、
英文に対する抵抗がほぼなくなり(わからないところがあっても気にならなくなった(爆))
映画の台詞も簡単な会話なら
音声と一緒に意味が自然に入ってくるようにもなりました。
(私にとっては大きな進歩!)
こんなことを一体何年やっているんだ自分、と
つい突っ込まずにはいられませんが、
こういう人生もありかもしれないと思うこの頃でもあるのでした。
(大分煮詰まってきましたしね~(^^;)。)

振り返ってみると、
二年越しのプレッシャーを別にすれば
よく読み(ネットや本など)、よく観(映画)、それなりに旅もできた
一年だったように思います。
今後も穏やかな日が続くかどうかわかりませんが、
映画のお話や旅のお話、
たまに言いたいことも書いてみる場にしておきたいと思っております。
へたれも大概極まってまいりましたが、
こういう姿勢で構わないという鷹揚な方がいらしたら
たまには覗いていただけると嬉しいです。

どうか皆さまが映画やお芝居を心から楽しめる日々でありますように。
皆が自由に思うことを語りあるいは語らず、
学び、遊び、笑って暮らせる世界でありますように。
これからの一年もそう願いつつ、
一日一日を重ねていければと思っております。

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます。

こちらでは冷たい雨の大晦日となり、
夜はぐっと冷え込んで、朝には見事に銀世界でした。
なので、すぐに一日お籠りを決め込みましたが、
午後からは晴れ間が出て暖かくなってまいりまして、
太陽の嬉しさが沁みる年の初めとなりました。

いろいろありまして、
主に気持ちの方が大変だった昨年でしたが、
無事に新年を迎えることができました。
皆さまにとって明るい一年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

のんびり更新に輪をかけた状態になっておりまして、
そんな状態の中お越しいただいて感謝しつつも
誠に申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
今年はできるだけ楽しい話題を
書いていけたらいいなと思っております。
心穏やかに過ごせる日々でありますようにと願ってやみません。
人に優しく、心を強く持てますようにと思うのですが、
そのためには体も丈夫にしておかなくてはと
しみじみ思うこの頃です(^^;)。
(自分の)トシに負けっぱなしの一年でした;;;。

さて、今年ですが、
できるだけ映画館に!という気持ちは変わらずですが、
先日見つけられなかった
ホビットのペーパーバックを発見しまして(良かった~TT)、
好きな台詞をたまには書き出してみようかなあと
ふと思いつきました。
(ツイッターでやればいいようなことですが、
そういう根性はないという^^;;。)
もっとも覚えている台詞は全て瀬田さん訳の日本語!ですので、
英語と併記するのもいいかなあと。
毎日を暮らすなかで、
指輪や昔読んだ本や漫画のくだりを
思いだすことの多いこの頃ですので
(一冊の本をしつこく繰り返し読む傾向につき、
もともとそういう習性があります)、
ふと思ったときにできるといいなと思っております。
日々の仕事に追われはじめると
なかなか余裕ができないかもしれませんが。
もうひとつ、終戦から70年ということで、
嘘ごまかしを重ねて
姑息に戦争(という一部カネ持ちの為のカネ儲け)を進めたがる
某勢力にのまれることなく、
非戦平和!の風潮をこちらから、
自分たち一人ひとりが作らなければという思いがあります。
甘言に乗せられて周りを見ずに過ごしていて、
ある日突然アイゼンガルド軍に取り巻かれていたなどというのは
まっぴらご免です。
いろいろなことを心から楽しめる世の中であってほしいですから。
昨年末に目からウロコが落ちたのが、
毎朝古舘さんが実践しているという
「一日一生!」を三回唱えるということでした。
今日を生きる、ということが未だにできていない私ですが、
今年はそう思って生きてみたいと思っております。

ああ、もしわしらがみな、ためこまれた黄金以上に、
よい食べものとよろこびの声と楽しい歌をたっとんでおったら、
何とこの世はたのしかったじゃろう。
だが、かなしいにせよ楽しいにせよ、
もうわしは、ゆかなければならぬ。さらば、じゃ!
(『ホビットの冒険』瀬田貞二訳 岩波書店)

ついでにペーパーバックから元のくだりを。
If more of us valued food and cheer and song above hoarded gold,
it would be a merrier world.
But sad or merry, I must leave it now. Farewell!
("THE HOBBIT"  J.R.R TOLKIEN  HarperCollinsPublishers)

この台詞が、映画"決戦のゆくえ"で語られて(たと思いました;;)、
私はとても嬉しかったのでした。
お休みの間に二回目を観てきたいなと思っております(^^)。


ざっとこんなところとなっておりますが、
もしまた気が向かれた時にでも
お寄りいただければ嬉しいです。
(追っかけはできないと諦めて上記にはありませんが、
ヒューは私の「天使」です(^^)。
これからもずっとずっと応援していきます。)
今年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2014年10月31日 (金)

Happy Halloween !

遅くなってしまいましたが、
自分の中では恒例となりましたごあいさつ、です。

ハロウィーンと重ねたブログ始めから8年が経ち、
まがりなりにも9年目に突入することになりました。
週一度か、時々遅れてののんびり更新となり、
ほぼ観た映画のメモ置き場になってしまっておりますが、
それでも寄ってくださる方がおられることを
ただただ有難く思っておりますm(_ _)m。
この一年は凄まじい天災・災害が続き、
どうしても言わなくてはと思うことも多々ありで、
ただでさえ少ない更新の中、
いろいろ申し訳なかったなあとも思っております。
昨年も書いたことですが、
これからの一年、
心安らかな日々が訪れることを願ってやみません。
楽しいことも、思うことも、
自由に語れる世の中でありますように。
お芝居や映画や様々なことを愛している人たちが
心軽く、楽しく語り合うことができますようにと
心から望みます。

振り返ってみるに、
ホビットの二作目の公開あり、
ヒュー関連ではX-MENシリーズやプリズナーズなど
映画だけはしっかりと観ました。
情報追っかけは残念ながら無理でしたが、
ファンの方のツイートほかで
教えていただくことがとても多かったです(感謝!)。
ホビット庄を旅立つにあたって
この場所がどれほど好ましいものであったか、
どれほど愛していたかを気付くフロドさんのように、
自分が住むこの土地やまつわる様々なこと、
言葉や音楽やもろもろのことを
自分は心から愛しているんだなあと
改めて思うことが多い一年でした。

そして10月31日にはヒューの舞台のプレビューがはじまりました。
(OZalotsさんよりステージドア→
http://ozalots.proboards.com/thread/446/river-stagedoor
盛況ぶりが耳に(目に)入ってきております(^^)。
最後までお元気で走り切られますように!

ところで、日本では今一つメジャーではなかった筈の
ハロウィーン・・・だったのですが、
今年は何だか妙に派手?だったのでしょうか。
どこぞはゴッサムシティのようだったとかという
ツイートを見かけました。
地元でも大仮装大会化していたという話を聞きまして、
翌日(1日)二度驚愕。
子どもが仮装するのは可愛らしくていいかなと
思うのですけどね(_ _;う~ん←ついていっていない;;・・・)。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます。

無事に年が明けまして、
こちらでは穏やかな暖かい日になりました。
この一年をどうぞ無事で過ごせますように。
皆さまが健康で、
心穏やかに暮らすことができますようにと
願ってやみません。

昨年映画館で観た映画を数えてみると55本でした。
ただしリピートが異常に多く(^^:)、
旧作を観る機会も多かったので、
新作はそこまで観ずに終わった年でありました。
今年はまずスマウグ様が控えていますが、
フューチャー&パストとプリズナーズがとても楽しみです。
映画ではないですが、
今月はキャナルにモンテ・クリスト伯を観に行く予定です。
チケットを申し込むのが遅かったので席はやや厳しいですが、
主役の方より誰よりも濱田さん目当てという邪道っぷりで;;
とにかく確保しました。
久しぶりに濱田さんの歌を聴けるのがとても楽しみです。

昨日写真を貼る余裕がありませんでしたので(^^;)
昨年のクリスマスイベントから置いていきます。
無事に治療も終わって復帰したヒュー。
健康で、よいお仕事をしていただきたいなと思います。

Photo_2 
オバマ大統領と握手するホスト役のヒュー。ウルヴァリンの爪は心強いとか。


どうぞ皆様にとって幸せな一年でありますように。

| | コメント (0)

2013年12月31日 (火)

年の終わりに その二。

改めまして、ようやっと明るい話題?です。

あまり追っかけられなかったヒュー関連の情報ですが、
先日は残念な話題が目に付きました。
仕方ないことですが、
ほかに時間が必要な企画がきっとあるのでしょう。
それは何なのか、気が付きましたらまた書きたいと思いますm(_ _)m。

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/17225

楽しみにしていたフーディーニの舞台の話題でしたが
(観にいけるかどうかは別として)、
降板が決まったようです(TT)。

http://www.cinematoday.jp/page/N0059118

その代わりというわけではないでしょうが、
実写版ピーター・パンの黒ひげ役を演じるかも、という話題。
悪役といっても、どこか優しさとユーモアが残る黒ひげになりそうな気が。
ニューヨークの恋人の海賊の一人芝居?を何となく思い出しました。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20131229-1237409.html

そして、レミゼの大ヒット(特に日本で!)で明けた年でありました。
日刊スポーツ映画大賞で外国作品賞を受賞されたとのこと。
ファンの一人として、素直にとても嬉しいです。

先日は鼻に皮膚がん(良性でもがんというのかな?)が発見されて
無事に治療が終わったヒューでありました。
来年5月には『プリズナーズ』と『X-MEN:フューチャー&パスト』が公開になりますし、
現在撮影中の作品(Chappie)もあると聞いています。
くれぐれも無理をせず、
今の彼にふさわしいお仕事に邁進できるようにと願います。
いつもデボラさんがついていてくださるから、
きっと大丈夫だと信じております。
どうか来年も、ご家族ともども素晴らしい一年でありますように。
どうぞまた来てください、といえる日本であることを
同時に切に願います。

ということで、長くなりましたが、
今年もへたれ切ったブログにいらしていただいて
本当にありがとうございましたm(_ _)m。
どうか来年が皆さまにとってよい一年でありますように
心からお祈りしております。
どうぞよいお年を。

| | コメント (0)

2013年10月31日 (木)

ハッピー・ハロウィーン!

一日の終わりに駆け込みで失礼します。
どなたもこの日を幸せな気持ちで過ごしておられますように。
ほんの少しでもいいですから、沢山ならなおのこと。
10月は大好きな季節の一つなのですが、
今年は忙しさやよしなしごとに紛れ、
あまり楽しいことがアップできませんでしたm(_ _)m。
これからの一年、
心安らかな日々が訪れることを願ってやみません。
楽しいことも、思うことも、自由に語れる世の中でありますように。

あまり更新できませんでしたが、
このブログもなんと7年を迎えることができました。
相変わらずぼちぼちペースになると思いますが、
周回遅れながら追っかけもしていきたいなあと思っております。
へたれに拍車がかかるばかりですが、
お気の向かれたときにでも覗いていただければ幸いです。
いつもありがとうございます(^^)。

去年の今頃はレミゼ映画の公開前で
楽しみで楽しみでならない一方、
余計な心配をしていましたが、
蓋を開けてみると、
本当に余計なことだったようでなによりの結果でした。
考えてみると、
日本におけるヒュー人気が確立した一年でもありました
(←と言っていいですよね)!
彼のプロフェッショナルぶりやいい人っぷりが分かっているので
心の中では納得しているのですけれど、
今でもなんだか信じられません。

ヒューの舞台の話題などもぼちぼちとありますが、
これから公開になるであろうPrisonerも
とても楽しみですし、
新しい映画の話題も出ていますし、
http://www.cinematoday.jp/page/N0057674
これからも予想を超えた
大活躍をしてくださるような気がしています。
一方ホビットはもうすぐ延長版DVDが出ますし、
第二部の公開も近づいてまいりました
(日本公開は若干遅いですが)。
まだまだ楽しみが続きそうです。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
どうか今年が
皆さまにとってよい一年となりますように、
心よりお祈り申し上げます。
どうか穏やかで幸せな日常が皆さまの元にありますように。

私は今年は早々に忙しくなりそうなのですが、
隙を見てなんとか映画も見つつ、
それなりに一日を充実して過ごすことができればいいなと思っています。
それにはまず健康であること。
出来れば楽しみつつ、
食養ほかに取り組んでいければと思っております。

さて、遅ればせながらですが(いつものことですが(_ _;))、
レミゼ映画が大ヒットを飛ばしていることに気が付いて
嬉しくなりましたので、
少し記事を置いていきます。
日本公開でワンピースに次いで二位スタートになったことは
耳にしていたのですが
(→http://www.cinematoday.jp/page/N0048962)、
海外では一位発進だったようです。
それも相当ないい成績で!

こちらなどからどうぞ。
http://www.cinematoday.jp/page/N0048962
http://www.justjared.com/2012/12/26/les-miserables-django-break-christmas-box-
office-records/


以下、シネマトゥデイから一部を貼り付けてみます。

アカデミー賞有力候補作品が、全米での興行で激しい火花を散らしている。クリスマスに封切られたミュージカル映画『レ・ミゼラブル』が公開初日だけで1,811万ドル(約14億4,880万円)を記録する大ヒットスタートとなり、11月に全米公開された映画『リンカーン』の累計興収が1億2,000万ドル(約96億円)に達して有力候補作品の中で最高の興収を記録。アカデミー賞有力候補作品が、興行の面で激しいデッドヒートを繰り広げているのだ。(1ドル80円計算)
 『レ・ミゼラブル』がたたき出した公開初日で1,811万ドル(約14億4,880万円)という記録は、ミュージカル映画至上最高の記録だったとのこと。過去のクリスマス封切り作品の中でも2009年に全米公開された映画『シャーロック・ホームズ』に次いで至上2位の記録となった。これはアカデミー賞レースにかなりの影響を及ぼすと見られている。

ダニエル・デイ=ルイスの(スピルバーグ監督の)『リンカーン』が
賞レース最有力という噂は見かけていましたが、
これは少し期待が持てるかもしれないなあという気がしてきました。

ともあれ、いろいろなことを楽しみつつ、
まずは最初の大波を乗り越えていきたいと思います。
(ああ、休み明けが怖い・・・;;。)

| | コメント (0)

2012年12月31日 (月)

今年も無事に大晦日。

思えば今年もまたいろんなことがありました。
年末にはばたばたと選挙もありましたし、
世間的にも私の狭い公私範囲でもいろいろとありましたが、
なんとか無事に大晦日を迎えることができました。
個人的に気持ちの上できついことが多かったのですが、
秋以降、切換えが徐々に出来るようになってきたような気がしています。
神様からご褒美をいただいたようなことも起きましたし
(その節はこちらで大騒ぎをしてしまいましたcoldsweats01)、
沢山の人に助けていただいたように思います。
レミゼを観た影響なのでしょうが(何しろ直後ですので)、
赦すこと、が人も自分も生かす道なのかもしれないなあと
今はそんなことを考えています。
それから感謝することの大事さは
事あるごとに感じることが多かったです。

今年も沢山の感謝をこめて、
片隅から皆さまにごあいさつさせていただきます。
来年が皆さまにとってよい一年となりますように。
どうぞよいお年をお迎えください。

Hughdeb_2012_2
今年は何度も日本を訪れてくださって、本当に感謝!!でした。
どうぞよいお年を。

| | コメント (0)

2012年10月31日 (水)

なんとか6年。

今年もハロウィーンがやってきました。
いや、もう暮れそうな時間になってきましたが(^^;)、
感謝をこめて、ごあいさつを置いていきたいと思います。
へたれながらも、ブログを始めて6年となりました。
すっかり週一、もしくは随時更新になっておりまして、
情報の追っかけなど完全に後追い状態なのですが、
願わくばこれからの一年も、
ぼちぼちと続けていきたいなと思っております。
こんな状態でもいらしてくださる方がおられまして、
申し訳ない・・・という気持ちもあるのですが、
本当に有難いと思っております。
よそ様のお宅で嬉しいお話を伺ったり、
コメントをいただいて元気をいただくこともありました。
時々また気が向かれたときにでも
お寄りいただければ嬉しいです。
いつもありがとうございますhappy01

いろいろきついこともありましたが、
ヒューがついに来日してくれたし、
ついについにレミゼやホビットの公開も近づくなど
過ぎてみれば楽しいこともいろいろあった一年でした。
年末にかけてまた仕事が忙しくなりますが、
12月は本当に楽しみなことが満載でやってきますので、
私なりにあれこれを追っかけていきたいと思っております(^^)。

さて、ここにきて
おお!というようなニュースがあれこれ入っていました。
なにより、レミゼのプロモで
関係者の来日が決まったということですので、
取り急ぎ、置いていきたいと思います。
以下、eiga.comから一部を貼ってみます。

12月21日に公開されるミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の主演俳優ヒュー・ジャックマンと、共演者のアン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドが、プロモーションのため来日することが決定した。3人は、11月28日に都内で行われる公開記念イベントに出席する予定だ。
ジャックマンが来日するのは、「ウルヴァリン:SAMURAI」の撮影のために来日した今年8月以来、約3カ月ぶり。前回の滞在中は、富士登山の様子などをTwitterに投稿し、親日家の印象を強めた。ハサウェイにとっては、「プラダを着た悪魔」(2006)のプロモーション以来、6年2カ月ぶり2度目の来日。セイフライドが日本でプロモーションを行うのは初めて。また、「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパー監督と、舞台版の製作も手がけたプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュも来日する。

なんだか、そうそうたるメンバーが来日されるみたいです(嬉)。
イベントでは歌も聴かせていただけそうですね。
ヒューの生歌を聴けるなんて羨ましい限りです。
これでまた日本でのファンが増えることでしょう(断言!^^;)。

(ここまで書いて、PCが力尽きてしまいましたので、
打ち直しの上、日付改ざんしてしまいましたm(_ _)m。)

先日のチャットの話題も気になっていますが、
また後日に改めて。
(ネタばれを避けたいのでなるべく慎重にしたい・・・って無理かも;;。)
ちょっと話題が離れますが、
X-MEN:ファーストクラス続編の監督問題もやや心配です。
このへんでめでたしなのかどうなのか、複雑な気持ちです。)

とりあえず、11月のイベントが楽しみです♪

| | コメント (0)