いろいろつぶやき

2019年9月23日 (月)

右胸が痛い??顛末記。

もし痛みの原因がわからず、不安になっている方がいたら、
届くことがあればいいなあと、覚えを置いていきます。

最近増えているのかどうなのかわかりませんが・・・
「帯状疱疹」にかかってしまいました。
病名を知るまでが長かった。
なんて姑息な、えげつない病だあ!!
・・・と叫んでしまいました。
病名が特定されれば、薬で治る病です。
治療に入るのが早いほうがよりよいです。
人生で一、二を争う痛さでしたけど(TT)。


少し前から、
なんだか脇あたりに妙な痛みがくるなあと思っていたのですが、
それも忘れたころに
右の脇あたりに神経を刺すような痛みが走るようになりました。
ちょうど出先だったので
どうしたもんだかといろいろ思案し、
とりあえず常備しているカイロをあててみたら
痛みが和らいだので、
できたら痛み止めが欲しいなあ・・・と思いながら
道中は騙し騙し過ごし、
帰宅途中にようやく薬局を発見し、痛み止めを購入。
しかし、効かなーい!それに不安が。
トシがトシだけに、ついにきたのかも、病が。

次の日に出勤するも、歩くのもつらいくらい痛みが増し、
まさか胸の病?いや、この痛みは神経じゃないか(経験はないので想像)?
周囲に聞いてみてもわかることはなく、
この日は痛みを抱えて走り回ざるを得ない事態で、
夕方クラスメイトに相談し、とりあえずここは「はり」推奨ということに。
帰宅後、痛みはさらに増し、
家にある温灸器を当ててみて少し和らいだあと、うとうと。
夜中に背中に穴が開いたようなスルドイ痛みでたたき起こされ、
胸下と背中に赤くなっている部分があることに気づく。
やけどするほど当てなかったのに、
なんでやねん。

とりあえず出勤。
荷物を持って一歩一歩歩くごとに痛いし、つらい。
早退して、はり初体験へ。
こんなものならこれまで避けて通らなければよかったと思うくらい
治療自体はあっけなく、フツーに痛みもなく、
体の歪みも引っ張っていただいて、ややすっきり。
「もしヘルペスが出たら、皮膚科へ行ってくださいね。」「?」
そのまま近くにある漢方薬局さんへ寄り、
ついでにと見ていただいたところ、
「これはヘルペスですね・・・。」
・・・やけどじゃなかったの?
すぐに皮膚科を案内していただき、その足で直行。
帯状疱疹が確定しました。
テキパキと軟膏を塗り、ガーゼをあて、
薬を処方していただき一件落着。
というわけではなく、その後も丸二日間激痛は続き、
薬が効くまでの我慢か~、と思いつつ、
家事は全面放棄しました。(諦めました。無理でした。)

二日後、ようやく動けるくらいに痛みがおさまり、皮膚科再診。
様子を話したところ、そんなに痛かったとは伝わっていなかったようで、
追加で痛み止め(リリカ)を処方されました。
・・・もっと早く主張しておけばよかった(無理だって)。
最初は二か所発疹が出ましたが、
次の日にはあっという間に「帯」状になりました(TT)。
早く治りますように・・・。

で、今回思ったことですが、
痛みももちろんですが、
原因がわからない=なにかトンデモナイ病??という不安が大きかった。
それに、
なんという性格の悪い病だろうかと腹立たしかったのは、
発疹が出るまでの何日もの間、「皮膚病」だと気づかないこと。
しかも、何十年も前にかかった水疱瘡ウィルスが
よりによって神経節の神経を辿って出てくるから、痛い。
(おかげで幼少時に水疱瘡にかかっていたことが確定しましたが。)
皮膚科に縁のない私のような人間は、見てもわからなかったし、
当初は病名を聞いても、
この痛みの直接の原因なのだとは信じられなかったくらいです。
もともと知識のある人なら、
「帯状疱疹なら片側だけに出る」
「痛みが先行して出るが服薬で治癒する」
などと思われるようですが・・・。
一日休みをもらおうと職場に連絡したところ、
内科には行かないのかー、検査は受けないのかーといわれ、
知らないってこういうことかと・・・(自分もだけど)。
痛いんです!!!

ということで
もし、おかしな、神経をつつくような痛みが「片側だけ」に出たら、
そして皮膚の一部が赤くなったら、
迷わず皮膚科に行くのが得策かと思います。
(できることなら、痛みが出た時点で診断がつけばいいんですけど。)
放置すればするほど、後々まで痛みに悩まされる率が高くなるようなので、
すみやかに治療を受けて(一週間の投薬要)、
できるだけ安静にするのがよいようです。

最後に、意外に苦労したのが、
背中に軟膏を塗り、ガーゼを自分で貼ること、でした。
痛さをこらえつつのガーゼ貼りは結構きつかった;;。
苦労を察して、友人が
ユースキン セヌール 塗るまごの手」 
を紹介してくれました(^^)。

ほかに「軟膏ぬりちゃん」など
種類もお値段もいろいろあります。
探してみるのもいいかもしれません。

(もちろん軟膏も塗れますが、
ガーゼを貼るテープをちょっと抑えるのに便利です。)

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

こんなところでつぶやき。

我が家の積読がどんどん増して、えらいレベルになってきまして、
ついに先日、本棚を注文してしまいました。
巨大なものではないのですが、
ものを減らすはずが、
どこにどの本があるのかわからないストレスに負けました。
必要なときに探せない本に意味があろうか。いや、ない。
明日どうなろうと、りんごの木を植えていいはず。うん。(←居直り。)

先日こういう本を再読しまして
(福岡にいった際に長くつ下のピッピ展に行ったので・・・)、

リンドグレーンの戦争日記 アストリッド・リンドグレーン 石井登志子訳 岩波書店
J.R.R.トールキン 或る伝記 ハンフリー・カーペンター 菅原啓州訳 評論社

児童文学の古典を読みたくなって大きい本屋さんに行ったものの、
目当てのものは見つからず、
ふと目をやると
原爆関連や戦地になっている国々の子供たちのお話等々があり
ついこういう本たちもゲット。

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり 日野原重明 小学館
新・戦争のつくりかた りぼん・ぷろじぇくと マガジンハウス 

さらに歩いていると、
内田センセイの新刊もあり、
新聞でしばしば見かけていた新刊本もあったので、
下記もゲット。

生きづらさについて考える 内田樹 毎日新聞出版
光に向かって這っていけ サーロー節子・金崎由美 岩波書店

ついでに気になる岩波ブックレットも買い足し。
(賢い人たちがさくさくと説明してくださるこのシリーズは重宝。)

重い。物理的に重い。わかってはいたけれど。
そして、気持ちとしても、重い。
気分を変えようと思ったのになんでやねん。
ということで、というと、
失礼かもしれないけれど、
下記もゲット。

お茶の時間 益田ミリ 講談社文庫

お茶の時間って、いいなあと、改めてしみじみとし。
そういうお国もありますよねえ。羨ましい。

そして、
普段はあまり摂らないよう気を付けている甘いものを
今日は久しぶりに解禁してしまいましたとさ。

どっとはらい。


(追記)
最近出た新書で目を通したのはこのあたり。
実はもっともっとありますが、きりがない・・・(だから本棚が・・・TT)。

売り渡される食の安全 山田正彦 角川新書
25%の人が政治を私物化する国 植草一秀 詩想社

謙譲の美徳、という言葉は
私の住むこの国からどこかにいってしまったようです。
人の噂をし、ねつ造し、がなり立て、
根拠や事実の確認が疎かなままでも
叩きやすいものを叩く風潮に同調して
溜飲を下げているある種の動きをみていると、
そもそも人権という意識は
持ちえなかったのではなかろうかとすら思えるこの頃。
人の人権も、自分の人権も。
私がずっと住んでいるのはにほんこく、という国ですが、
一体、私の知っていた同じ国なのかと。
それとも今の状態が本性なのか。

ああ、ホビット荘でのんびりお茶がしたい・・・(疲)。



| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

様子が変わっています・・・。

長く留守をしている間に、すっかりブログの様子が変わっていて驚きました。
世間では梅雨に入りましたが、
私はこの時期には珍しく、風邪フルコースでひと月ほど唸っておりました。
喉が痛いなあと思っていたらぼんやり熱が出て、
そろそろ治るかなあと思っていたらぐんぐんと熱があがり、
その後は微熱が下がらずによろよろ。
湿った酷い咳が続き、乾いたあとも咳が止まらず、
今回もいろいろ試す羽目になりました。
薬のほかマヌカハニーやプロポリスを試してみたり
しょうがの入ったクリームがあったのを思い出して
炎症をおこしているらしいデコルテに使ってみたり。
気管支炎までは行かなかったのはよかったですが(多分いっていないはず・・・)、
咳のしすぎで胸の下を痛めて、サポーターをぽちっといたしました(TT)。
冷えと乾燥と疲労が重なったところに油断があったかなと。
対策としては体力をつけて無理をしないことかなと自戒いたしました。
もっとも「無理」って、どこまでが「無理」なんだろうと
悩んだ日々でもありましたが・・・
(不調の真ん中にいると自分ではわからなくなるので^^;)。
やっと咳がおさまる気配になってきました。
これで終了となりますように(祈)。

この間、基本的にネットは自粛し、
先日新刊をゲットしたこともあって
守り人シリーズを読み返しておりました。
物語が心底好きだなあと、読むたびに思います。
上橋さんがご自分の「物語を語る夢」を実現してくださって
どれだけたくさんの人たちに幸福をもたらしてくれているか
はかりしれません。もちろん私自身も含めて。
ゲットした新刊は『風と行く者』。
思いもかけず、バルサとジグロのお話が中心でした。
タルシュとの戦のその後が垣間見られたのも嬉しかった♪
読み進めていくうちに、
上橋さんがお母さまを見送られたことを思い出したのですが、
そのことについてあとがきで触れられていて、ああそうか、と・・・。
この方の語る物語が、私はつくづく好きです。

そして、映画館のリーフレットを見ていてはじめて気が付いたのですが、
教授の物語が映画化されたんですね(遅い・・・)。
日本でトールキンの自伝の映画化が公開されるとは、と
今更を越していつの話をしているんだ、といわれてしかるべきですが、
なんだか感無量でした。
このサブタイトルは、わからないでもないですが、
続編があるのかと思ってしまいそうな(あるかどうかは未確認)。
こんなことなら、なぜ旅の仲間のサブタイトルがなかったのかと、
もはや随分昔のことになってしまった指輪映画公開時のことも
思い起こしてしまったのでした。
当時は原作の日本での知名度が低かったので
続編ありと思わせるサブタイトルは付けられなかったという
噂を聞きました。
ああ懐かしい。

もちろん、映画は見に行きます。
ベレンとルーシエンの物語を。










| | コメント (0)

2016年10月30日 (日)

近況ほか・・・秋になりました。

といいますか、
月日の経つ速さにため息をつくこの頃です。

今日は一日良いお天気で、街中はえらく人出がありました。
帰宅してから新聞を見てみて、深く納得。
昨日日本シリーズが終了してしまいまして、
「優勝セール」はなくなったなと思っていたのですが、
「夢をありがとうセール」に切り替わっていました・・・。
そりゃそうか・・・。
勝っても負けても商魂は逞しく、消費者はさらに逞しい(^^;;)。
家人も夕べはへこんでいましたが、
今年のシーズンの強さたるや夢のようでもありました。
(地元での経済効果はすさまじく、
我が家でもグッズ購入で応援しました;;貧乏球団ですから。)
今年唯一といっていいくらい明るい話題となりましたので
やはり感謝でありました。
家人には
生きて優勝が見られてよかったねえ、と言いたくなりました(^^;)。
しかし、我が家では某ハムが食卓にのぼることはなさそうです。
(大人げない・・・。)

さて、
今日お出かけをしたのはセール目当てではなく、
またも映画館が閉館になってしまうということで
今日は見納めをしてまいりました。
つくづくさよならだけが人生、になりつつありますが、
閉館の理由はまたも建物の老朽化。
先日珍しくこちらでも大地が揺れまして
(大元の鳥取に比べればまったくなんともないレベルです)、
確かに仕方がないかなあと納得した次第でした。
寂しいことは確かなのですが・・・。

このひと月ほどはさよなら興業として
旧作をたくさん上映していただきました。
私は久しぶりに『レオン完全版』と
(ゲイリーさんもジャン・レノさんも若くてキラキラ輝いていて見えてびっくり。
最初に観た当時は私も若かった・・・。)
今日は『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(これは初見)を観てきました。
昨日シーモアさんを観て
クラシックピアノを堪能してきたばかりだったので、
今日もたっぷり音楽を堪能できて幸せでした(^^)。
先週は『ハートビート』で音楽とダンスをこれでもかと見せていただきましたし、
誰もが音楽を楽しみ極められる世界を
絶対に手放したくないぞ、と強く思った次第でもありました。
もう一つ、パレスチナの少年の実話
『歌声にのった少年』も絶対にはずせませんし、
くたびれた合間を縫って
相変わらず映画だけは見ている私でした。
見たはしから忘れてしまいそうなので、
簡単にでも感想を書いておく方がいいのでしょうが
毎晩ツイと睡魔に負け続けた一年だったかも(←いや確定)。

最近になってもう一つ、実は変化がありました。
自分には絶対に縁はないだろうと思っていた電子書籍に
ついに手を出してしまいました。
これ以上目を酷使するのは絶対に嫌だと
ゲームも一切やらない私なのですが、
字を大きくできるのでむしろ老眼の貴方向け、という広告があり、
かつ、購読していた新聞(JT)が増え続けるのに閉口し、
電子版で読めないものかと悩んだ結果、
ネットで無料で読める英語の新聞を
kindleに飛ばすソフトがあるというので
試してみたのがはじまりでした。
結局、新聞自体をうまく飛ばすことができなかったので、
指輪の英語版を入れただけだった状態から
kindleでしか読めない本を入れてみたりして使いはじめ、
読みたいけど置き場もないしかさばるし、
買うとなると躊躇するというものを買い始めると
・・・止まらなくなりました(^^;;)。
もちろん電子版のない作品は読めないのですが、
それを置いても
ちょっと読みたいなあと思うものが、
「届くのを待つことすらせずに」読める。
これはこれまでありえなかった、究極の「ぐうたら」向け・・・;;。
確かに紙の方がずっと読みやすいし
マンガの場合は特にそうだと明言できるのですが、
「数巻分をこの軽さ、このサイズで持ち歩ける」便利さは凄い。
ふと読みたくなったときに何度でも繰り返し読めるので
同じ本(マンガ)を何度でも読む私にはちょうど良かったみたいで
・・・うかうかとはまってしまいました。
そしてJTはツイを読むことにして、
読みたい記事があるときに本屋さんで購入しております(^^;)。
実は一番欲しいのは瀬田さん訳の指輪だったりしますが
(巻数も多いし旧版は傷むので持ち歩きたくない)、
絶対に無理だろうなあと・・・。

今繰り返し読んでいるものについては
次に続きますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

応援します!応援してください!!

といいつつ、さらに最後にもう一つ、
この人を通してほしい!のお願いですが、
これもウィンザー通信さんの素晴らしい記事が。
野党4党のこの方たちに、
お知り合いで投票できそうな方がいたら
ぜひ一言を。
(地元が哀しいくらい盛り上がらないなか、
気持ちだけ応援しております・・・。)

(本家・市民連合のツイッターはこちらです。
https://twitter.com/shiminrengo )

うわぁ〜!やばいやばいやばい!3分の2議席の鍵を握る候補者17人、当選させないとホントにやばい!

3分の2議席の鍵を握る候補者17名の方々を
是非是非、押し上げていただきたいです!!!

  • 長野1人区 杉尾ひでや
  • 新潟1人区 森ゆうこ
  • 大阪4人区 わたなべ結
  • 三重1人区 芝ひろかず(民)
  • 埼玉3人区 伊藤岳(共)
  • 東京都6人区 小川敏夫(民)
  • 神奈川4人区 真山勇一(民) あさか由香(共)
  • 愛知4人区 すやま初美(共)伊藤たかえ(民)
  • 兵庫3人区 水岡俊一(民)
  • 秋田1人区 松浦ダイゴ(民)
  • 青森1人区 たなぶまさよ(民)
  • 滋賀1人区 林久美子(民)
  • 愛媛1人区 ながえ孝子(無)
  • 大分1人区 足立信也(民)
  • 山梨1人区 宮沢ゆか(民)

  • | | コメント (1)

    力作です。

    ということで、ウィンザー通信さんから二つの記事を。
    どの記事も読む価値があるので、
    ほかの記事についても、リンクから辿っていただきたいですm(_ _)m。
    (このタグで→ 日本とわたし
    なお、()内は私のつぶやきです。

    今回ばかりは選挙に行ってください!そして野党に入れてください!日本を諦めないでください!

    797

    (↑2014年衆議院選挙(比例区)のデータ)

    全新聞、全テレビが、
    自民党改憲案は、【現憲法の「言論の自由」を否定している!」という、
    【天と地がひっくり返る程の世紀の大ニュース】を報道しない理由は、
    広告料である。

    (↑TVで報道さえされれば政権はひっくり返ってしまうのに。
    からくりを一目瞭然に解いておられます。必読です。)

    年金の給付は減らします。
    消費税は上げます。
    言論の自由は取り上げます。
    米軍の指揮下に入り、戦争に参加します。
    子どもの教育に道徳の教科を入れ、成績をつけます。
    そして緊急事態条項。
    これはもう、各地で、国会で、自民党議員が口に出していることですが、
    これが通ってしまうと、本当にもうおしまいです。

    『震災対策』などと言って誤魔化していますが、
    これ、実は『人権』を制限し、立法機能を国会から内閣に移すことが可能になります。
    最悪の場合、ずっと緊急事態だということにすれば、国会も選挙も用無しにすることができ、内閣が勝手になんでもできるようになります。
    人権の制限、侵害も可能です。
    意に反する苦役(18条で禁止されている)を課される(例えば徴兵)可能性も出てきます。
    だから、今回ばかりは、投票に行ってください。

    (選挙ガイドやLee・通販生活の記事、
    そのほか盛りだくさんです。どうか最後まで読んでみてください。)


    巨泉氏の遺言「7月の参院選挙、野党に投票して下さい。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい」

    (トンデモ政権に憲法をいじらせるな!)

    795
     
    (そして、巨泉さんの「遺言」最終回。)

    最後の遺言として一つだけは書いておきたい。
    安倍晋三の野望は恐ろしいものです。
    選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。
    7月の参院選挙、野党に投票して下さい。
    最後のお願いです。

    796

    (どうかお元気になってくださることを祈りつつ・・・。)

    | | コメント (0)

    パタゴニアからの声。

    アウトドアショップ・パタゴニアが
    投票を促す活動をしていると耳にしていましたが、
    HPにもありました(遅;;)。
    声を上げてくださることに感謝。

    環境に投票を
    http://www.patagonia.jp/patagonia.go?assetid=100525

    「環境汚染は危機的転換点に達している」このことをどのくらいの人びとが認識しているだろうか?2015年は、気象統計を取りはじめた1850年以降で最も気温が高い年となり、世界各地での洪水、干ばつなど異常気象による自然災害はもはや「新しい常態」となった。温室効果ガスの排出を減らし、きれいな水、空気、土を守り、再生可能エネルギーに投資しないかぎり、地球が自己治癒できる能力を人類が破壊することになる。

    日本では何が起こっているだろうか? 1945年から2000年頃までに、川から運ばれてきた水の汚れを濾過するフィルターの役割を担い、生命を育む干潟の41%が埋め立てなどにより消滅した。2013年、大気汚染は一日あたり約180人の早期死の原因であると推定されている。世界各国が脱石炭火力に向かうなか、石炭火力発電所の新設計画が全国に47基ある。 また、EUや韓国で禁止されたネオニコチノイド系農薬が日常生活の中で広範囲に使用されている。さらに 2011年の福島第一原子力発電所事故による放射能汚染がいまだに残る状況であるにもかかわらず、原子力政策は維持されたままだ。これらはすべて、私たちが投票で選んだ政治家の政策によるものだ。有権者は自然資源の健全性以上に大切なものはない、ということを理解し始めている。

    とても単純なことだが、僕らはおしまいだ、健全な環境がなければ。

    僕らは、家族や地域の幸福を守ってくれるリーダーを選ぶ必要がある。そのリーダーとは、きれいな水、空気、土を大切にし、気候変動対策と再生可能エネルギーへのシフトを勇気を持って進める人だ。僕らがそのような行動を取らなければ、そして人類のために意義のある問題に賢明な一票を投じなければ、子供たちの将来とその他の野生について気にかけない誰かの思うつぼなのだ。

    投票日の僕らの選択は、地域、都道府県市町村、そして全国レベルで、多くの環境問題に直接的な影響を及ぼす。投票こそ自分が直接参加できるアクションだ。来る7月10日、明るい未来のために水、空気、土を守るべく行動を起こそう。

    皆が一体となって動けば、僕らが必要な政府を選べる。

    参議院選挙2016
    Vote Our Planet.
    投票しよう。

    | | コメント (0)

    三度めはなしで!!

    take-oneさんとはるみさんのツイートを最初に置かせていただきます。

    本当にそう思う。憲法を変えられてしまってからこ、こんなはずじゃなかったと後悔してももう遅い。 考えるときは今、行動するときは今。今なら間に合う。

    (はるみさん)自民党を倒す選挙じゃないんだよ。 憲法を守る選挙なの。 昨日と同じ明日を続けるためには、憲法を変えさせちゃダメなんだ。 投票に行ったってどうせなにも変わらない、とかのんきな事いえた時代は終わっちゃったの。 なんも変わらないでもいいなら、投票に行かなきゃ。
    https://twitter.com/megu166/status/750503145797619712

    ・・・この言葉につきます。
    皆の普通の明日のために。
    これまでの野党票がばらけてしまった選挙とは違います。
    投票率が上がり、
    よくわからずになんとなく投票していた人、
    めんどくさいからと投票していなかった人に伝われば
    阻止できる状況になっています。
    最後は口コミです!

    「やっぱり自民党に投票しようと思っているあなたに知ってほしい7つのこと」
    http://sealdspost.com/archives/3704


    そしてその野党共闘のために奔走したSEALDsの最後のメッセージです。
    https://twitter.com/aki21st/status/751315666548895744


    『わたしの自由について-SEALDs 2015-』を観てまいりました。
    ネットでいろいろ見てはいましたが、
    なにぶんPC環境が遅いもので画像や動画は未見がほとんど、
    つながったものをやっと見られた、という心持がいたしました。

    そして、随所で泣けました(^^;)。

    ママの会のスピーチを生で聞くたびに
    よく涙腺が壊れるという自覚はあったのですが、
    若者のスピーチもまた、活字で読むのと聞くのとでは大違いでした。
    日々真摯に生きながら、
    これだけの言葉を必死に紡いで声にして、
    厳しい毎日の中で自分たちの時間を削って、
    2015年はそれにオトナたちが乗っからせていただいた・・・。

    未来からの借り物の世界をどんな形で返せるのか。
    もともと過去の豊かな社会の記憶などない若者たちに
    発想の転換を迫られているのは
    ほかならぬオトナたちだと改めて感じた時間でした。

    なんとしても改憲阻止!が今回の争点ですが、
    あの手この手でごまかして
    参院選を乗り切ろうとする与党は
    まさにオレオレ詐欺の手口。
    甘い言葉に三度まで騙されるわけにはいきません。
    首尾よくさせてしまえば、
    まず、閣議決定されている
    残業代0法案(残業代0の合法化)が可決されます。

    マスコミもろとも徹底的に争点隠しに躍起です。

     馬。さんのツイートより
     https://twitter.com/ishtarist/status/751069475449950213
     記事のリンクはこちら
     http://toyokeizai.net/articles/-/38399?display=b
     まとめもこちらにhttp://togetter.com/li/817306

    改憲でまず狙うといわれているのが緊急事態条項。
    こんな危機管理能力皆無の政府に持たせること自体
    正気の沙汰ではないですが、
    そもそも独裁政権の苦い経験のある西欧は
    手を出しません。

     oboeなすび自由平等博愛     ‏さんのツイート
     「株価急落 緊急事態 国債暴落 緊急事態
     外国でテロ 緊急事態 北朝鮮ミサイル 緊急事態
     台風も地震も 緊急事態」
     (それに反対派の弾圧も可。)
     https://twitter.com/agemaki66/status/750943445984817154

     ジョージさんのツイート
     https://twitter.com/GeorgeBowWow/status/750881970826072064

    選挙さえ終われば年金は減らされる見込みですし
    (年金運用の損は支給にまわすと明言していましたし

    昨年度だけで▲5兆円の損失が判明しているうえに
    更に4-6月で▲5兆円の運用損を出しているとのこと。)

    インドア派キャンパー#争点は改憲←隠すなさんのツイートより
         ‏
    https://twitter.com/I_hate_camp/status/750149347644305408

    792

    消費税を上げても社会保障には使われていません。

    79

    そして、
    「自民党CMが嘘のオンパレードでヤバすぎるw
    ○雇用110万→非正規と低賃金職
    ○国民所得36兆円→円安でのGNP増。実質GDP二年マイナス
    ○有効求人倍率UP→人口動体変化と非正規
    ○賃上げ2%→上場企業のみ。実質賃金-4.6%」
    cargoさんのツイートより
    https://twitter.com/cargojp/status/750138115130470400                      

    「官僚天国」の安倍政権
    消えた 行革断行
    政府銀と商工中金
    法改正し民営化ほご
    天下り復活 急増
    「現実は政低官高」 地方創生の要
    「省ひも付き」で期待薄
    東京新聞botさんのツイートより
    https://twitter.com/TokyoShimbunbot/status/750878250700681216        

    本当にきりがないですが、
    最後に一つだけ。

    改憲、議員任期延長案が浮上 自民、参院選後論議で優先
    | 2016/7/8 - 共同通信 47NEWS
    神志那 文寛‏さんのツイートより 
    https://twitter.com/F_Koujina/status/751536020324175872

    これがまともな最後の国政選挙にならないように、
    できるだけのことをしましょう。

    | | コメント (0)

    中村先生の言葉。

    ペシャワール会の中村先生の記事と、
    後藤健二さんの以前のインタビューを探していたら、
    こちらに行きつきました。
     (素晴らしいブログでしたので、
     (私があれこれ書くよりずっとわかりやすい!)
     あらためて、あれこれリンクをいくつか置かせていただきます。)

    ウィンザー通信
    「後藤健二さんが4ヶ月前に語ってた中東のこと、イスラム国のこと、空爆のこと、安倍首相の暴言のこと…」(2015.2.3)
    http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/ffb8ca87d28b8e55e9bc642d0cd5df77

    大竹まことさんが後藤さんにインタビューしたものを
    起こしておられるものですが、
    以下のフレーズを確認したかったので。

    ここで日本が
    「アメリカの空爆を支持する」って、安倍さんが、例えばその、これから国連でやる演説の中で、もうそこまで具体的に言ったりなんかしたら、
    もう日本も同じ同盟国と見られて、
    いろんな所に旅行に、今日本人の方々が行ってますけれども、
    テロとか誘拐とか、そういうのに気をつけなくちゃいけない
    それがひとつのバロメーターになると思いますね。


    日本人はISのテロターゲットと明言されたのが
    このときでしたが、
    周囲の誰もそれを覚えていないようだったので・・・。
    悪いのはテロリスト、当たり前のことですが、
    ISを名指ししたテロ対策の2億ドル支援を言い出したのも
    イスラエルの旗のもとでネタニヤフ首相と会談したのも
    国民はあずかり知らぬところなのに、

    「安倍、勝ち目のない戦争に参加するというお前の無謀な決断のために、 このナイフは後藤を殺すだけでなく お前の国民がどこにいようとも虐殺をもたらすだろう」

    793

    ・・・などと「お前の国民」呼ばわりされることは承服できない。
    そう思っていたのでした。

    勝手に有志国にされているわ、勝手に武器輸出を解禁するわ、
    ふざけるのもいい加減にしろと
    国民がNOの意思表示をする機会を逃してはならないと思います。

    一応ペシャワール会の会員の私ですが、
    入会して15年くらい・・・?忘れてしまいました;;。
    尊敬してやまない中村哲先生の言葉を置いていきます。
    ここまできてしまった、という感が強く、
    ただ悔しいですが、
    歩けるところまで歩いていくしかないのでした。

    こちらのブログに詳しく出ていましたので
    貼らせていただきます。(2014.6.30)

    中村哲ペシャワール会代表―自衛隊来るほうが危険


    アフガニスタン人は、多くの命を奪った米国を憎んでいます。
    日本が米国に加担することになれば、私はここで、命を失いかねません。
    安倍首相は記者会見で、
    「(現状では)海外で活動するボランティアが襲われても、自衛隊は彼らを救うことはできない」と言ったそうですが、全く逆です。
    命を守るどころか、かえって危険です。
    私は逃げます。

    9条は、数百万人の日本人が血を流し、犠牲になって得た、大いなる日本の遺産です。
    大切にしないと、亡くなった人たちが浮かばれません。
    9条に守られていたからこそ、私たちの活動も続けてこられたのです。
    私たちは、冷静に、考え直さなければなりません。


    (↓ひろみさんのツイートより)https://twitter.com/hiromi19610226/status/749224578501578752

    794_2

    | | コメント (0)

    2016年7月 5日 (火)

    ちょっと小休止。

    ツイッターで時々お見かけする
    なすこさん(ぼうごなつこさん)のファンです(^^)。
    スルドイ4コマについ笑ってしまう。 
    わかりやすいし、楽しいし、似ている・・・。
    うーん、凄い!
    ときどき「マンガが現実に負けた・・・」とつぶやかれているのに
    力なく笑うしかないときもありますが・・・。
    これもマンガの原点だなあと思いつつ
    いろいろほっとさせていただいております。

    まんがアベノミクス入門 NAVERまとめ

    ツイッターのアドレスはこちら

    | | コメント (0)

    より以前の記事一覧