« その後、続く「本」生活。 | トップページ

2020年1月 1日 (水)

年が明けました。

冬らしく冷え込んできましたが、
穏やかなよいお天気の元日となりました。

今年は天災のない、穏やかな一年でありますように
被災された方たちが一刻もはやく普通の生活に戻れますようにと
心から祈念します。

昨年は数か月ごとに寝込む羽目になりまして、
特に秋からは、ストレスをかけるとより悪化する症状に悩まされ、
ここ数年のツケがいよいよまわってきたというか、
体がストライキを起こしたんだなあと思うことしきりでした

体を壊しては元も子もなし。

でも、見るべきものは見て、聞くべきものは聞く。
休みながらでも、事実を見つめる。
またしっぺがえしをくらいそうですが、
行けるところまで、
自分の気持ちや感覚に正直に生きていきたいと思います。

ほかにも地味にいろいろあった一年で、
一年が終わったから何もかもリセットして新年を迎えよう!とか、
ましてやオリンピックイヤーばんざーいとか
(オリンピックはいいんですがこの現状でなぜ東京で。リケンピックそのもの)、
そんな気持ちには到底なれず、
たまにはseason's greetingsを出すのも悪くないかと思っていたら、
喪中はがきが11枚も届き(毎年出す賀状は80枚程度です)・・・。
とどめに12月4日の中村哲先生の訃報に接し、
この冬のごあいさつはクリスマスカード(のようなもの)に相成りました(TT)。

なので、
昨年からの問題はどれもこれも忘れません。
(もう何年分もの問題が山積され続けたままですが・・・
国会を機能不全にした挙句、
閣議決定による自衛隊派遣など明らかにクーデター。絶対に許さん!)
中村先生の意思も決して忘れません。
少しずつでも前を向き、
映画を観たり、思うところを自由に口にしたり、
一日をきちんと生きていけたらなあと思います。
それに、中途になっている本の片づけとか
(痛みに耐えかねている間に本棚到着)、
家の中のモノの片づけとか、
雑然とした頭の中身の片づけとか・・・
(毎年同じことをつぶやいているような)。
年頭にいろいろ考えるのは自由ということで・・・m(_ _;)m。

不安なことのみ多かりきの年の幕開けですが、
どうか皆さまにとって、幸せな一年になりますように。

2




















 

 

 

 

 

|

« その後、続く「本」生活。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その後、続く「本」生活。 | トップページ