« 春のようでした(^^)。 | トップページ | 様子が変わっています・・・。 »

2019年1月27日 (日)

映画再開~。

この週末はいきなり冷え込みまして、
お正月以来の積雪となりました。
とはいえ、うっすらと白くなる程度で、
今年は(このあたりでは)、
今のところ暖冬かなあと思っております。
二月が来るのが怖いですけど・・・。

今年に入って、映画通いを再開しました。
一言ずつ置いていこうと思います。

一本目。やっと!見られた『ボヘミアン・ラプソディ』。
積極的なファンではなかった私でも、
知っている曲(サビだけ(^^;;)?)がたくさんあり、
そもそも見ようと思ったのは
予告編で WE WILL ROCK YOU を聴いたからで(確か)、
体の奥にある根源的な何かを揺すぶられますよね、あれは。
主演俳優を筆頭にリアリティに満ちていたこと(いや凄かった)、
お話運びに無駄がなく、シャープで的確(?)だったこと、
そして何よりまさに、音楽の力そのもの。
演出もなにもかも良かった。
クラシックバカで(しかしそんなに詳しくもないという;)
和洋とも他のジャンルにまったく造詣がない私としては、
ついピーター・アレンの人生も思いつつ観てしまいました。
ライヴ・エイドのシーンは本当に素晴らしかったです。

うう一言では終われませんでした。

二本目は『モリのいる場所』。
樹木希林さん追悼上映の一環で観ましたが、初見。
懐かしいような(ドリフネタ満載)、
ほんわかとしつついろいろと不思議な世界。
もう少し生きていてほしかったなあとないものねだり。
樹木さんはかつて辺野古のテントにも来てくださって、
俳優のお仲間に現状を伝えると話してくださったとのこと。
力を抜いて、自分を貫いた、素晴らしい生き方、逝き方。
見習いたいことばかり。

市原悦子さんの凛とした言葉への敬意。
録画を見ることはできるけれど、もうこちらにはおられない。
梅原猛さんも逝ってしまわれました。
ひたすら寂しい。

三本目は『パッドマン』。
物凄い愛妻家にして、人として素晴らしすぎる夫。
貧しいけれど腕のいい職人で
手作りで問題を解決しようと奔走し、
ついにはインド中の女性の問題を解決してしまう・・・とは
どういうことかと思っていたら、
ただ問題のものを作ってしまうだけではなくその先がありました。
その先というのが本当に素晴らしく、
しみじみと感動してしまいました。
最後はちょっと切ないような、やり切れないような。
久しぶりに観たインド映画でしたが、
恋におちるときにはやはり音楽が入るのか~と
妙なところで腑におちてしまいました。
なんというか、人にはやはり愛がないと、でした。

四本目『家に帰ろう』。
アルゼンチンからポーランドに70年ぶりに「帰る」偏屈爺さんのおはなし。
(偏屈というか、なんというか、
初めあたりの孫娘との会話で唸ってしまったもので。)
比較的短い映画でしたが、
端々に深さが垣間見られ、
次々に会う人の温かさに観ているこちらがほっとする。
(しかし会う人がなぜみな美人で魅力的なのか;;。)
ラストシーンはシンプルに胸に迫りました。
人が人を出自で傷つけることなどあってはならないことです。
様々に思うところあり。

今月観たかったのに観られなかったのが『共犯者たち』。
こちらはいつかどこかで観たいです。


そして来月は、いよいよヒューの主演映画、
『フロントランナー』が公開されます。
本人とある意味正反対の役柄のようで、
大変楽しみです(^^)。

|

« 春のようでした(^^)。 | トップページ | 様子が変わっています・・・。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春のようでした(^^)。 | トップページ | 様子が変わっています・・・。 »