« 読むのが先か、片付くのが先か。 | トップページ | 春のようでした(^^)。 »

2018年10月21日 (日)

オーケストラ・クラス

秋が深まってまいりました。少し肌寒いけれど快晴。

今日はオーケストラ・クラスを観てまいりました。
大きなドラマはなく、
フランスの学校で、
悪ガキを集めたクラスに手を焼きつつ
最初は辟易していた先生(プロの音楽家)が
いつしか一緒になって音楽を作り上げていくというお話。
口の減らないガキどもにも先生たちにも事情があり、
学校の施設もくたびれていたりして;;、
子供たちの親もいろいろ事情をかかえているけれど、
それぞれの優しさがあり、
最後は乗り越えてしまいます。
淡々とお話は進んでいくのですが
いつの間にかじわーっと感情移入が進み、
最後には涙腺にきてしまいました。
ここのところヴァイオリンを聴き続けていたのもあり、
劇中にメン・コンやシャコンヌが流れ、
音楽に縁のなかった子供たちや親たちを
演奏で説得してしまうのも凄かった。
というか、音楽で説得される親御さんたちも素敵。
子供たちが挑戦するのが
リムスキー=コルサコフのシェヘラザードというのも、
自分的にはツボでした。
(学生時代に格闘したことが;;。)
吹奏楽だったので、ヴァイオリンのソロはクラリネットで、
何度もフレーズを繰り返して
取り組んでいた友人の音を思い出しました。
ちなみに我が家にあるのはコンドラシン指揮の
アムステルダム・コンセントヘボウ管弦楽団(レコード!)。
もう長いこと聴いていません・・・。

まさか全曲演奏するのか??と思ったら、
適当なところで終わりました(そりゃそうか)。
フランス映画らしく、
淡々としていて、とても「大人」な作品でした。

実は、ひそかに猫映画でもありました。
おっきな愛らしい猫が登場。
台詞にも出てきましたが、
さて、本当に飼ったのだろうか。姿を見たかった・・・。

|

« 読むのが先か、片付くのが先か。 | トップページ | 春のようでした(^^)。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読むのが先か、片付くのが先か。 | トップページ | 春のようでした(^^)。 »