« 2016年10月 | トップページ | 2017年3月 »

2016年12月

2016年12月 5日 (月)

この世界の片隅に(観賞中)

いつも感想というよりも
印象を書くだけのわたくしですが、
今回はとても言葉にできないという状態でした。
それでいて、
何を書いてもほぼ絶賛になってしまうなあと思っていたら
世間の反応も似たようなものらしいので、安堵しております(^^;)。
まだ、いいものが評価される世界であるらしいとわかって、また安堵。


結局、
・原作を読む(キンドル)→気が付くと毎日読んでいる。
・呉での原作展にでかける→なんと全原画展示の大盤振る舞いだった!!
                                         がっつり見て(読んで)ふらふらになり、
                   美術館周辺のほか、バスでぐるりと市内も周ってみる。
                                          (呉を訪れるのはこれが2回目です。)
 (※全原画は収蔵されているらしいので、、いずれまた展示があるかも??)
・とりあえず初日に映画館へ。→観終わって、友人にメール送りまくり。
                                            自分用の記録に珍しくつぶやきも残す。
・・・というありさまとなっております(^^;;)。


見終わった瞬間、今年の私的ベストに決定したのですが
私にしてはものすごーく珍しいことでした。
全方向から見て文句のつけようがない。
原作を読んでいたので、つい思い浮かべながら見てしまったのですが、
ここをこうしたんだ、わーこうしてるんだ、
なんてわかりやすいんだ!
なんて的確な補足なんだろう、という
手の付けられない絶賛状態でした。
凝りようがもう半端ない。
絵もセリフも何もかも、正確を期し、凝っている。
そして、最後にもう一つ物語を付け加えてくださったことに感謝。
一番見たかった、原作で読むことのかなわなかった
みんながこれからも生きていく、幸せになっていこうとするお話の片鱗。
一か所だけ、ん?という違和感があったけど
それを除いても、あらゆる点において完璧。
史料としても一級品になりうるもので、誰が見てもよし、
本当にすべての方に見てほしい。
若い人はもちろん、子供にも、若者でなくなった人たち、
それから戦争体験者の方にも。
歴史の記録としても、もちろん物語としても。
あまり語られないまま時間の経過とともにまもなく失われるはずだった事実を
淡々とみられる有難さ。幸福感。
それも笑いとともに。もう天才的!!
人は記憶の器、という言葉は
ここ数年、痛切に感じていることの言語化をみる思いでした。
何を言っても言葉足らずになるのですが、
「頭で勉強してきたことが感覚で理解できるとはこのことか」
という感じ、でした。


話が少しずれますが、
先日オープンした
原爆ドームそばの「おりづるタワー」という建物がありまして、
先日思い立って、展望台(有料)に上ってみました。
(1階のおみやげエリアに映画グッズやリンク商品が置いてあります。)
果たして、わが街ながら、こんなに美しいと思ったのは初めてでした。
この年にして・・・;;。
やわらかい秋の光、川の水面の反射、紅葉した木々がちらほら、
山も空もかこまれた中州も、遠くに見える海や島も。
公園の緑や紅葉のエリアには
かつてたくさんの人の住む街並みがありました。
映画ではそのさまが一目でわかる俯瞰で描かれています。
一瞬で焼かれ、
現在残っているのはドームと現レストハウスの一角だけなのですが、
上からと見ると、その「すさまじさ」がはっきりとわかりました。
当時は道も川もあらゆるところが生き物の死体で埋まり、
その上をたくさんの人が助けを求めて必死に歩いた場所。
背中に太陽の温かさを感じながら、様々なことを考えていました。
タワーの案内の方に伺ったことですが、
全国のあちこちから来られた人たちに説明をする一方で、
逆に実際に被爆体験をした人からお話を聞くこともあるとのことでした。
当時の記憶がつらすぎてどうしても来たくなかったけど
もう年だからとえいやっと来られた方が、
ずっと涙しておられたとか、
呉から見たキノコ雲がピンクのようなオレンジのような色で
キレイだねえと言い合っていたとか、
いろいろなお話を聞くきっかけにもなっているとのことでした。
いい場所にいいものを建てていただいたと思います。
マツダさんありがとう・・・。


映画公開初日と、次の週の週中に出かけてみて
あまり込み合っていなかったので心配で、
結局毎週観に行って、すっかりはまってしまっておりますが、
少なくとも三週目からの週末はずっと満席になっているようで、
ああよかった。
地元(広島・呉)の人にもどんどん見て欲しいです。
これは自分たちの記録でもありますから。
そして、あの時代の日本の市井の人たちの記録です。
どの世代の方にも見ていただきたい。
できる限りずっとロングランになってほしいです。


映画の中でほぼ唯一、何度見ても違和感があるのは、
飛び去って行くのが正義ではなく「うちらのこれまで」、
「体がよその国からの食べ物でできているから」の箇所でした。
そこに向かう伏線として付け加えた場面(セリフ)かもしれないものに
「ヤミ市での台湾米」
「なんでもあるもので生活していくのがうちらの戦い」
というのがあるのはあるのですが、
そんとな暴力に屈するもんかね、というセリフを受ける先としては
・・・私には何度聞いても違和感をぬぐえませんでした。
できれば変えないでほしかったです。
改変の理由は読みましたが、
そういう風には変えないでほしかった。
(↑のセリフは記憶で書いていますのでやや怪しいです、すみません。)
 
 
いろいろカットされている場面もありましたが、
前後の場面で関連する絵はカットされていませんでした。
大ヒットして、コンプリート版を作っていただきたいと切望します。
制作前のクラウドファンディングは全く知りませんでしたが、
もしSEE?を作るのに・・・というものがあれば
喜んで参加したいです。
たぶんそんな方はたくさんおられる?と思いますので、
是非!!
(そして↑の場面だけはセリフを元に戻してください、お願いします。)
それにしても、       
全国公開が決まって本当に良かったです。
最初に、このCG全盛の時代になぜアニメ化なんだろう、と思った私はバカでした。
このアニメーションで本当に、本当に良かった。
徹底したリサーチをはじめ、すみずみまで心血を注がれた
まことに「贅をつくした」素晴らしい職人技の集大成のような作品でした。
3度めを観たあとでサントラも購入しましたが、
こんな方(コトリンゴさん)がいたことを教えてもらったことに感謝しつつ
毎日聴いています。


本日4回目の鑑賞にして、一番涙腺が壊れてしまいました。
つい昔の風景をまじまじと観ていたはずが、なぜだろう・・・。
お墓の灯篭が白かったのが今日は目につきました
(みな初盆ということ?(TT))。
指輪映画といい、
情報量の多い物語、
職人芸が徹底的に光るお仕事に
私は弱いのかもしれないと思い当たりました;;。
これからもまだまだ観ます。めざせSEE(違)!
(ほかに観たい映画があるときははしごかな;;。)
ああ、こんなことは本当に、指輪映画以来だなあ・・・。


(本日ツイを見ていたら
「興業収入10億行ったら「完全版」を制作する」との記事がありました。
真偽はとにかく、私もまだまだ観ます(^^)。)

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年3月 »