« 近況ほか・・・秋になりました。 | トップページ | この世界の片隅に(観賞中) »

2016年10月30日 (日)

kindleつれづれ話(続)。

(そんなことを言いつつも
毎週のように本屋さんには行っております(^^;)。)

そもそもは、
吉野朔実さんの訃報を聞いて、
『吉野朔実は本が大好き』を購入したところから始まっていたのかも。
(その前に『天使は本棚に住んでいる』を先に購入したのですが、
その後迷うことなく本が大好きを買いました。
思いっきり重複しましたが、
あまり後悔もなかったのが我ながら不思議。
もともと本の雑誌を定期購読していたので
このシリーズは途中まで読んでいました。)
読んでも読んでも読み切れない味のある本で
(中身がほかの本の紹介であるので尚更)、
しばらく毎日のようにふと開いては読んでおりました。
吉野さんの『少年は荒野をめざす』はリアルタイムで読んでいましたが
作品そのものよりもエッセイが私は好きでした。

その後ふと思い立って、kindleで『瞳子』などを買ったところ、
先日映画館で上映されていた鴛鴦歌合戦が出てきたり
(見ておけばよかったと後で思いました(_ _;))、
またシーモアさんの映画の中にもグレン・グールドが登場し、
シーモアさんのおっしゃる通り
確かに彼の弾くバッハは「グールドの作品」というくらい
かけはなれた音楽だなあと思ったりもし、
個人的にリンクがいろいろと楽しめることがありました。
(特にコメントしていませんが、
『シーモアさんと、大人のための人生入門』はとてもよかったです。
音楽も語る言葉も、心にすっきりと届くものでした。
俳優稼業に悩んだイーサン・ホーク氏が
監督した作品とは知らずに観ましたが、
観てよかった作品になりました。)


そしていま何度も読み返している作品は
もうすぐアニメーション映画が公開になる
『この世界の片隅に』でありました。
取り急ぎ読んでみようとkindleで購入し、
我ながら邪道とも思い、
実際紙で読むべきだと思うのですが
(見開きや様々な描き方などの効果を感じるのは難しい)、
いつでも読み返せるというのがこれほど便利なものなのか、と
はからずも思い知った作品になってしまいました。
戦前戦中の人の暮らしを
笑いを混ぜつつしっかりと描かれた作品で、
最初は方言のセリフを
(当然ながら)ストレートに理解できるのが楽しかったのですが、
気が付くとどっぷりとこうのさんの世界に引き込まれておりました。
戦争はいきなり激しくなるわけではなく
気が付かないうちに日常に入り込んでくることを認識するのに最適と
『小さいおうち』を大プッシュしてきた私ですが
別の意味で、この作品はたくさんの人に
ぜひ読んで(観て)ほしいと思います。
何度でも読まないではいられなくなる楽しさやおかしさがあり、
当時暮らしていた人たちの中に入りこめてしまう気持ちになります。
それにマンガならではの情報が凄いのです。
さりげない書き込みやコメントまでつい読んでしまいます。

ちゃんと絵を見ようと
なぜか公式アートブックを別に購入してしまい、
原画展に行こうかどうしようかと思っている間に
もはや終わりそうになっていますが、
・・・やっていることがとてつもなく本末転倒になっております。
やはりまっとうに紙の本も購入するべきでしょうか。


映画を観るのがとても楽しみです!

|

« 近況ほか・・・秋になりました。 | トップページ | この世界の片隅に(観賞中) »

本&映画の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近況ほか・・・秋になりました。 | トップページ | この世界の片隅に(観賞中) »