« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

kindleつれづれ話(続)。

(そんなことを言いつつも
毎週のように本屋さんには行っております(^^;)。)

そもそもは、
吉野朔実さんの訃報を聞いて、
『吉野朔実は本が大好き』を購入したところから始まっていたのかも。
(その前に『天使は本棚に住んでいる』を先に購入したのですが、
その後迷うことなく本が大好きを買いました。
思いっきり重複しましたが、
あまり後悔もなかったのが我ながら不思議。
もともと本の雑誌を定期購読していたので
このシリーズは途中まで読んでいました。)
読んでも読んでも読み切れない味のある本で
(中身がほかの本の紹介であるので尚更)、
しばらく毎日のようにふと開いては読んでおりました。
吉野さんの『少年は荒野をめざす』はリアルタイムで読んでいましたが
作品そのものよりもエッセイが私は好きでした。

その後ふと思い立って、kindleで『瞳子』などを買ったところ、
先日映画館で上映されていた鴛鴦歌合戦が出てきたり
(見ておけばよかったと後で思いました(_ _;))、
またシーモアさんの映画の中にもグレン・グールドが登場し、
シーモアさんのおっしゃる通り
確かに彼の弾くバッハは「グールドの作品」というくらい
かけはなれた音楽だなあと思ったりもし、
個人的にリンクがいろいろと楽しめることがありました。
(特にコメントしていませんが、
『シーモアさんと、大人のための人生入門』はとてもよかったです。
音楽も語る言葉も、心にすっきりと届くものでした。
俳優稼業に悩んだイーサン・ホーク氏が
監督した作品とは知らずに観ましたが、
観てよかった作品になりました。)


そしていま何度も読み返している作品は
もうすぐアニメーション映画が公開になる
『この世界の片隅に』でありました。
取り急ぎ読んでみようとkindleで購入し、
我ながら邪道とも思い、
実際紙で読むべきだと思うのですが
(見開きや様々な描き方などの効果を感じるのは難しい)、
いつでも読み返せるというのがこれほど便利なものなのか、と
はからずも思い知った作品になってしまいました。
戦前戦中の人の暮らしを
笑いを混ぜつつしっかりと描かれた作品で、
最初は方言のセリフを
(当然ながら)ストレートに理解できるのが楽しかったのですが、
気が付くとどっぷりとこうのさんの世界に引き込まれておりました。
戦争はいきなり激しくなるわけではなく
気が付かないうちに日常に入り込んでくることを認識するのに最適と
『小さいおうち』を大プッシュしてきた私ですが
別の意味で、この作品はたくさんの人に
ぜひ読んで(観て)ほしいと思います。
何度でも読まないではいられなくなる楽しさやおかしさがあり、
当時暮らしていた人たちの中に入りこめてしまう気持ちになります。
それにマンガならではの情報が凄いのです。
さりげない書き込みやコメントまでつい読んでしまいます。

ちゃんと絵を見ようと
なぜか公式アートブックを別に購入してしまい、
原画展に行こうかどうしようかと思っている間に
もはや終わりそうになっていますが、
・・・やっていることがとてつもなく本末転倒になっております。
やはりまっとうに紙の本も購入するべきでしょうか。


映画を観るのがとても楽しみです!

| | コメント (0)

近況ほか・・・秋になりました。

といいますか、
月日の経つ速さにため息をつくこの頃です。

今日は一日良いお天気で、街中はえらく人出がありました。
帰宅してから新聞を見てみて、深く納得。
昨日日本シリーズが終了してしまいまして、
「優勝セール」はなくなったなと思っていたのですが、
「夢をありがとうセール」に切り替わっていました・・・。
そりゃそうか・・・。
勝っても負けても商魂は逞しく、消費者はさらに逞しい(^^;;)。
家人も夕べはへこんでいましたが、
今年のシーズンの強さたるや夢のようでもありました。
(地元での経済効果はすさまじく、
我が家でもグッズ購入で応援しました;;貧乏球団ですから。)
今年唯一といっていいくらい明るい話題となりましたので
やはり感謝でありました。
家人には
生きて優勝が見られてよかったねえ、と言いたくなりました(^^;)。
しかし、我が家では某ハムが食卓にのぼることはなさそうです。
(大人げない・・・。)

さて、
今日お出かけをしたのはセール目当てではなく、
またも映画館が閉館になってしまうということで
今日は見納めをしてまいりました。
つくづくさよならだけが人生、になりつつありますが、
閉館の理由はまたも建物の老朽化。
先日珍しくこちらでも大地が揺れまして
(大元の鳥取に比べればまったくなんともないレベルです)、
確かに仕方がないかなあと納得した次第でした。
寂しいことは確かなのですが・・・。

このひと月ほどはさよなら興業として
旧作をたくさん上映していただきました。
私は久しぶりに『レオン完全版』と
(ゲイリーさんもジャン・レノさんも若くてキラキラ輝いていて見えてびっくり。
最初に観た当時は私も若かった・・・。)
今日は『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(これは初見)を観てきました。
昨日シーモアさんを観て
クラシックピアノを堪能してきたばかりだったので、
今日もたっぷり音楽を堪能できて幸せでした(^^)。
先週は『ハートビート』で音楽とダンスをこれでもかと見せていただきましたし、
誰もが音楽を楽しみ極められる世界を
絶対に手放したくないぞ、と強く思った次第でもありました。
もう一つ、パレスチナの少年の実話
『歌声にのった少年』も絶対にはずせませんし、
くたびれた合間を縫って
相変わらず映画だけは見ている私でした。
見たはしから忘れてしまいそうなので、
簡単にでも感想を書いておく方がいいのでしょうが
毎晩ツイと睡魔に負け続けた一年だったかも(←いや確定)。

最近になってもう一つ、実は変化がありました。
自分には絶対に縁はないだろうと思っていた電子書籍に
ついに手を出してしまいました。
これ以上目を酷使するのは絶対に嫌だと
ゲームも一切やらない私なのですが、
字を大きくできるのでむしろ老眼の貴方向け、という広告があり、
かつ、購読していた新聞(JT)が増え続けるのに閉口し、
電子版で読めないものかと悩んだ結果、
ネットで無料で読める英語の新聞を
kindleに飛ばすソフトがあるというので
試してみたのがはじまりでした。
結局、新聞自体をうまく飛ばすことができなかったので、
指輪の英語版を入れただけだった状態から
kindleでしか読めない本を入れてみたりして使いはじめ、
読みたいけど置き場もないしかさばるし、
買うとなると躊躇するというものを買い始めると
・・・止まらなくなりました(^^;;)。
もちろん電子版のない作品は読めないのですが、
それを置いても
ちょっと読みたいなあと思うものが、
「届くのを待つことすらせずに」読める。
これはこれまでありえなかった、究極の「ぐうたら」向け・・・;;。
確かに紙の方がずっと読みやすいし
マンガの場合は特にそうだと明言できるのですが、
「数巻分をこの軽さ、このサイズで持ち歩ける」便利さは凄い。
ふと読みたくなったときに何度でも繰り返し読めるので
同じ本(マンガ)を何度でも読む私にはちょうど良かったみたいで
・・・うかうかとはまってしまいました。
そしてJTはツイを読むことにして、
読みたい記事があるときに本屋さんで購入しております(^^;)。
実は一番欲しいのは瀬田さん訳の指輪だったりしますが
(巻数も多いし旧版は傷むので持ち歩きたくない)、
絶対に無理だろうなあと・・・。

今繰り返し読んでいるものについては
次に続きますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2016年10月12日 (水)

Happy Birthday !

東の端っこから朝一番に一言だけ置いていかせていただきます。

Happy Birthday,Hugh !!

お誕生日おめでとうございます!!

どうぞ貴方とご家族と周りの人たちにとって
幸せな一年になりますように。

いつも貴方の笑顔に元気をいただいています。
心からの感謝をこめて。

今はツイで見かける情報を見るのが精いっぱいですが、
ウルヴァリン最終作の公開情報も出てきています。
ミュージカル映画の噂や舞台の話題も。
またスクリーンでお目にかかれる日を楽しみに・・・。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »