« 2016年1月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

気が付くと夏本番。

(自分的に)すったもんだの末、参院選が終わりました。
結果が出てみて、
「共闘」(特にほぼ全一人区を譲られた共産党の方に大感謝)していて
本当に良かった、と思いつつも、
西の人間には差し迫った感覚がないんだなあと思った結果でした(TT)。
東の方々、本当にありがとうございました・・・m(_ _)m。
しかし本当に長期戦になってきました。
一息つく間もなく都知事選もいろいろ紛糾し、
頑張っている皆さんを遠くから見守るばかりでしたが、
いよいよ明日となりました。
いろいろありましたが、
力の限り奔走された市民の皆さまの努力が実を結んでほしいと
心より願います。
女性の恰好をした女性(のみならず市民)の敵である方だけは
避けてほしい。
市民の声を聴き、動くことのできる方に、
おカネでなく命を大事に考える方に
首都・東京の顔となり、働いていただきたい。
地方の片隅より切に願っております。
普段は放置しているツイッターのアカウントに
だらだらとリツイしてしまいましたm(_ _)m。
よければ覗いてみてください。

とはいえ、ココロの方がかなりくたびれてしまったので、
ちょっとだけお休みしてきました。
なぜかウサギづいているこの頃なのですが、
こちらはある意味ウサギ天国でした(^^)。
重厚なお宮をぐるりと歩いていたのですが、

Photo_2

ひっそりとこんなところにもウサギさんの一群が。
(この周囲にも何羽もいらっしゃいました。)

Photo_3

しばらく我を忘れさせていただきました・・・(^^)。

こちら(↓)で最近話題になった出雲大社の境内でした。
基本アナログの自分にとっては
ウサギさんたちの方がずっと嬉しいことでした。
(そもそも使える環境にないという話も・・・;;)

Foebidden


この日は珍しく(なのかな?)
混雑することもなく静かに歩くことができました。
つい力を入れてお願いしてみたところ、
いきなり思わぬ出会いなどがあり、
本家本元の「ご縁」力の半端なさに驚いた次第でした。


皆さまがほっとできる日々が
一日も早く訪れますように・・・。



| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

応援します!応援してください!!

といいつつ、さらに最後にもう一つ、
この人を通してほしい!のお願いですが、
これもウィンザー通信さんの素晴らしい記事が。
野党4党のこの方たちに、
お知り合いで投票できそうな方がいたら
ぜひ一言を。
(地元が哀しいくらい盛り上がらないなか、
気持ちだけ応援しております・・・。)

(本家・市民連合のツイッターはこちらです。
https://twitter.com/shiminrengo )

うわぁ〜!やばいやばいやばい!3分の2議席の鍵を握る候補者17人、当選させないとホントにやばい!

3分の2議席の鍵を握る候補者17名の方々を
是非是非、押し上げていただきたいです!!!

  • 長野1人区 杉尾ひでや
  • 新潟1人区 森ゆうこ
  • 大阪4人区 わたなべ結
  • 三重1人区 芝ひろかず(民)
  • 埼玉3人区 伊藤岳(共)
  • 東京都6人区 小川敏夫(民)
  • 神奈川4人区 真山勇一(民) あさか由香(共)
  • 愛知4人区 すやま初美(共)伊藤たかえ(民)
  • 兵庫3人区 水岡俊一(民)
  • 秋田1人区 松浦ダイゴ(民)
  • 青森1人区 たなぶまさよ(民)
  • 滋賀1人区 林久美子(民)
  • 愛媛1人区 ながえ孝子(無)
  • 大分1人区 足立信也(民)
  • 山梨1人区 宮沢ゆか(民)

  • | | コメント (1)

    力作です。

    ということで、ウィンザー通信さんから二つの記事を。
    どの記事も読む価値があるので、
    ほかの記事についても、リンクから辿っていただきたいですm(_ _)m。
    (このタグで→ 日本とわたし
    なお、()内は私のつぶやきです。

    今回ばかりは選挙に行ってください!そして野党に入れてください!日本を諦めないでください!

    797

    (↑2014年衆議院選挙(比例区)のデータ)

    全新聞、全テレビが、
    自民党改憲案は、【現憲法の「言論の自由」を否定している!」という、
    【天と地がひっくり返る程の世紀の大ニュース】を報道しない理由は、
    広告料である。

    (↑TVで報道さえされれば政権はひっくり返ってしまうのに。
    からくりを一目瞭然に解いておられます。必読です。)

    年金の給付は減らします。
    消費税は上げます。
    言論の自由は取り上げます。
    米軍の指揮下に入り、戦争に参加します。
    子どもの教育に道徳の教科を入れ、成績をつけます。
    そして緊急事態条項。
    これはもう、各地で、国会で、自民党議員が口に出していることですが、
    これが通ってしまうと、本当にもうおしまいです。

    『震災対策』などと言って誤魔化していますが、
    これ、実は『人権』を制限し、立法機能を国会から内閣に移すことが可能になります。
    最悪の場合、ずっと緊急事態だということにすれば、国会も選挙も用無しにすることができ、内閣が勝手になんでもできるようになります。
    人権の制限、侵害も可能です。
    意に反する苦役(18条で禁止されている)を課される(例えば徴兵)可能性も出てきます。
    だから、今回ばかりは、投票に行ってください。

    (選挙ガイドやLee・通販生活の記事、
    そのほか盛りだくさんです。どうか最後まで読んでみてください。)


    巨泉氏の遺言「7月の参院選挙、野党に投票して下さい。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい」

    (トンデモ政権に憲法をいじらせるな!)

    795
     
    (そして、巨泉さんの「遺言」最終回。)

    最後の遺言として一つだけは書いておきたい。
    安倍晋三の野望は恐ろしいものです。
    選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。
    7月の参院選挙、野党に投票して下さい。
    最後のお願いです。

    796

    (どうかお元気になってくださることを祈りつつ・・・。)

    | | コメント (0)

    パタゴニアからの声。

    アウトドアショップ・パタゴニアが
    投票を促す活動をしていると耳にしていましたが、
    HPにもありました(遅;;)。
    声を上げてくださることに感謝。

    環境に投票を
    http://www.patagonia.jp/patagonia.go?assetid=100525

    「環境汚染は危機的転換点に達している」このことをどのくらいの人びとが認識しているだろうか?2015年は、気象統計を取りはじめた1850年以降で最も気温が高い年となり、世界各地での洪水、干ばつなど異常気象による自然災害はもはや「新しい常態」となった。温室効果ガスの排出を減らし、きれいな水、空気、土を守り、再生可能エネルギーに投資しないかぎり、地球が自己治癒できる能力を人類が破壊することになる。

    日本では何が起こっているだろうか? 1945年から2000年頃までに、川から運ばれてきた水の汚れを濾過するフィルターの役割を担い、生命を育む干潟の41%が埋め立てなどにより消滅した。2013年、大気汚染は一日あたり約180人の早期死の原因であると推定されている。世界各国が脱石炭火力に向かうなか、石炭火力発電所の新設計画が全国に47基ある。 また、EUや韓国で禁止されたネオニコチノイド系農薬が日常生活の中で広範囲に使用されている。さらに 2011年の福島第一原子力発電所事故による放射能汚染がいまだに残る状況であるにもかかわらず、原子力政策は維持されたままだ。これらはすべて、私たちが投票で選んだ政治家の政策によるものだ。有権者は自然資源の健全性以上に大切なものはない、ということを理解し始めている。

    とても単純なことだが、僕らはおしまいだ、健全な環境がなければ。

    僕らは、家族や地域の幸福を守ってくれるリーダーを選ぶ必要がある。そのリーダーとは、きれいな水、空気、土を大切にし、気候変動対策と再生可能エネルギーへのシフトを勇気を持って進める人だ。僕らがそのような行動を取らなければ、そして人類のために意義のある問題に賢明な一票を投じなければ、子供たちの将来とその他の野生について気にかけない誰かの思うつぼなのだ。

    投票日の僕らの選択は、地域、都道府県市町村、そして全国レベルで、多くの環境問題に直接的な影響を及ぼす。投票こそ自分が直接参加できるアクションだ。来る7月10日、明るい未来のために水、空気、土を守るべく行動を起こそう。

    皆が一体となって動けば、僕らが必要な政府を選べる。

    参議院選挙2016
    Vote Our Planet.
    投票しよう。

    | | コメント (0)

    三度めはなしで!!

    take-oneさんとはるみさんのツイートを最初に置かせていただきます。

    本当にそう思う。憲法を変えられてしまってからこ、こんなはずじゃなかったと後悔してももう遅い。 考えるときは今、行動するときは今。今なら間に合う。

    (はるみさん)自民党を倒す選挙じゃないんだよ。 憲法を守る選挙なの。 昨日と同じ明日を続けるためには、憲法を変えさせちゃダメなんだ。 投票に行ったってどうせなにも変わらない、とかのんきな事いえた時代は終わっちゃったの。 なんも変わらないでもいいなら、投票に行かなきゃ。
    https://twitter.com/megu166/status/750503145797619712

    ・・・この言葉につきます。
    皆の普通の明日のために。
    これまでの野党票がばらけてしまった選挙とは違います。
    投票率が上がり、
    よくわからずになんとなく投票していた人、
    めんどくさいからと投票していなかった人に伝われば
    阻止できる状況になっています。
    最後は口コミです!

    「やっぱり自民党に投票しようと思っているあなたに知ってほしい7つのこと」
    http://sealdspost.com/archives/3704


    そしてその野党共闘のために奔走したSEALDsの最後のメッセージです。
    https://twitter.com/aki21st/status/751315666548895744


    『わたしの自由について-SEALDs 2015-』を観てまいりました。
    ネットでいろいろ見てはいましたが、
    なにぶんPC環境が遅いもので画像や動画は未見がほとんど、
    つながったものをやっと見られた、という心持がいたしました。

    そして、随所で泣けました(^^;)。

    ママの会のスピーチを生で聞くたびに
    よく涙腺が壊れるという自覚はあったのですが、
    若者のスピーチもまた、活字で読むのと聞くのとでは大違いでした。
    日々真摯に生きながら、
    これだけの言葉を必死に紡いで声にして、
    厳しい毎日の中で自分たちの時間を削って、
    2015年はそれにオトナたちが乗っからせていただいた・・・。

    未来からの借り物の世界をどんな形で返せるのか。
    もともと過去の豊かな社会の記憶などない若者たちに
    発想の転換を迫られているのは
    ほかならぬオトナたちだと改めて感じた時間でした。

    なんとしても改憲阻止!が今回の争点ですが、
    あの手この手でごまかして
    参院選を乗り切ろうとする与党は
    まさにオレオレ詐欺の手口。
    甘い言葉に三度まで騙されるわけにはいきません。
    首尾よくさせてしまえば、
    まず、閣議決定されている
    残業代0法案(残業代0の合法化)が可決されます。

    マスコミもろとも徹底的に争点隠しに躍起です。

     馬。さんのツイートより
     https://twitter.com/ishtarist/status/751069475449950213
     記事のリンクはこちら
     http://toyokeizai.net/articles/-/38399?display=b
     まとめもこちらにhttp://togetter.com/li/817306

    改憲でまず狙うといわれているのが緊急事態条項。
    こんな危機管理能力皆無の政府に持たせること自体
    正気の沙汰ではないですが、
    そもそも独裁政権の苦い経験のある西欧は
    手を出しません。

     oboeなすび自由平等博愛     ‏さんのツイート
     「株価急落 緊急事態 国債暴落 緊急事態
     外国でテロ 緊急事態 北朝鮮ミサイル 緊急事態
     台風も地震も 緊急事態」
     (それに反対派の弾圧も可。)
     https://twitter.com/agemaki66/status/750943445984817154

     ジョージさんのツイート
     https://twitter.com/GeorgeBowWow/status/750881970826072064

    選挙さえ終われば年金は減らされる見込みですし
    (年金運用の損は支給にまわすと明言していましたし

    昨年度だけで▲5兆円の損失が判明しているうえに
    更に4-6月で▲5兆円の運用損を出しているとのこと。)

    インドア派キャンパー#争点は改憲←隠すなさんのツイートより
         ‏
    https://twitter.com/I_hate_camp/status/750149347644305408

    792

    消費税を上げても社会保障には使われていません。

    79

    そして、
    「自民党CMが嘘のオンパレードでヤバすぎるw
    ○雇用110万→非正規と低賃金職
    ○国民所得36兆円→円安でのGNP増。実質GDP二年マイナス
    ○有効求人倍率UP→人口動体変化と非正規
    ○賃上げ2%→上場企業のみ。実質賃金-4.6%」
    cargoさんのツイートより
    https://twitter.com/cargojp/status/750138115130470400                      

    「官僚天国」の安倍政権
    消えた 行革断行
    政府銀と商工中金
    法改正し民営化ほご
    天下り復活 急増
    「現実は政低官高」 地方創生の要
    「省ひも付き」で期待薄
    東京新聞botさんのツイートより
    https://twitter.com/TokyoShimbunbot/status/750878250700681216        

    本当にきりがないですが、
    最後に一つだけ。

    改憲、議員任期延長案が浮上 自民、参院選後論議で優先
    | 2016/7/8 - 共同通信 47NEWS
    神志那 文寛‏さんのツイートより 
    https://twitter.com/F_Koujina/status/751536020324175872

    これがまともな最後の国政選挙にならないように、
    できるだけのことをしましょう。

    | | コメント (0)

    中村先生の言葉。

    ペシャワール会の中村先生の記事と、
    後藤健二さんの以前のインタビューを探していたら、
    こちらに行きつきました。
     (素晴らしいブログでしたので、
     (私があれこれ書くよりずっとわかりやすい!)
     あらためて、あれこれリンクをいくつか置かせていただきます。)

    ウィンザー通信
    「後藤健二さんが4ヶ月前に語ってた中東のこと、イスラム国のこと、空爆のこと、安倍首相の暴言のこと…」(2015.2.3)
    http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/ffb8ca87d28b8e55e9bc642d0cd5df77

    大竹まことさんが後藤さんにインタビューしたものを
    起こしておられるものですが、
    以下のフレーズを確認したかったので。

    ここで日本が
    「アメリカの空爆を支持する」って、安倍さんが、例えばその、これから国連でやる演説の中で、もうそこまで具体的に言ったりなんかしたら、
    もう日本も同じ同盟国と見られて、
    いろんな所に旅行に、今日本人の方々が行ってますけれども、
    テロとか誘拐とか、そういうのに気をつけなくちゃいけない
    それがひとつのバロメーターになると思いますね。


    日本人はISのテロターゲットと明言されたのが
    このときでしたが、
    周囲の誰もそれを覚えていないようだったので・・・。
    悪いのはテロリスト、当たり前のことですが、
    ISを名指ししたテロ対策の2億ドル支援を言い出したのも
    イスラエルの旗のもとでネタニヤフ首相と会談したのも
    国民はあずかり知らぬところなのに、

    「安倍、勝ち目のない戦争に参加するというお前の無謀な決断のために、 このナイフは後藤を殺すだけでなく お前の国民がどこにいようとも虐殺をもたらすだろう」

    793

    ・・・などと「お前の国民」呼ばわりされることは承服できない。
    そう思っていたのでした。

    勝手に有志国にされているわ、勝手に武器輸出を解禁するわ、
    ふざけるのもいい加減にしろと
    国民がNOの意思表示をする機会を逃してはならないと思います。

    一応ペシャワール会の会員の私ですが、
    入会して15年くらい・・・?忘れてしまいました;;。
    尊敬してやまない中村哲先生の言葉を置いていきます。
    ここまできてしまった、という感が強く、
    ただ悔しいですが、
    歩けるところまで歩いていくしかないのでした。

    こちらのブログに詳しく出ていましたので
    貼らせていただきます。(2014.6.30)

    中村哲ペシャワール会代表―自衛隊来るほうが危険


    アフガニスタン人は、多くの命を奪った米国を憎んでいます。
    日本が米国に加担することになれば、私はここで、命を失いかねません。
    安倍首相は記者会見で、
    「(現状では)海外で活動するボランティアが襲われても、自衛隊は彼らを救うことはできない」と言ったそうですが、全く逆です。
    命を守るどころか、かえって危険です。
    私は逃げます。

    9条は、数百万人の日本人が血を流し、犠牲になって得た、大いなる日本の遺産です。
    大切にしないと、亡くなった人たちが浮かばれません。
    9条に守られていたからこそ、私たちの活動も続けてこられたのです。
    私たちは、冷静に、考え直さなければなりません。


    (↓ひろみさんのツイートより)https://twitter.com/hiromi19610226/status/749224578501578752

    794_2

    | | コメント (0)

    2016年7月 5日 (火)

    ちょっと小休止。

    ツイッターで時々お見かけする
    なすこさん(ぼうごなつこさん)のファンです(^^)。
    スルドイ4コマについ笑ってしまう。 
    わかりやすいし、楽しいし、似ている・・・。
    うーん、凄い!
    ときどき「マンガが現実に負けた・・・」とつぶやかれているのに
    力なく笑うしかないときもありますが・・・。
    これもマンガの原点だなあと思いつつ
    いろいろほっとさせていただいております。

    まんがアベノミクス入門 NAVERまとめ

    ツイッターのアドレスはこちら

    | | コメント (0)

    2016年7月 4日 (月)

    なにはなくても。

    英国の国民投票が終わって
    こんなことになるなんて思わなかった、と後悔する人が続出し、
    やり直しの要請が殺到したそうですが、
    ロンドンで「英国のEU離脱」に反対する大規模な抗議デモが開催されたそうです。
    (参加者は主催者発表で4万人。)
    自分たちが同じ轍を踏むことがないようにと
    毎日祈る思いです。
    幸か不幸か、今回の選挙では政権交代の心配はありません。
    お願いですから、今回だけは野党4党へ投票していただきたいです。
    いっそ関心がないなら、その票をください、と言いたい。
    無関心で未来を殺されてしまうのはあまりにも悔しい。

    まず、何はなくても自民党憲法草案をと思い、
    話題になっているこの本を私も書店で入手してみましたが、
    アマゾンで一位になっているんですね(びっくり;;)。

    あたらしい憲法草案のはなし 
      自爆連(自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合)著
                       太郎次郎社エディタス

    現憲法が公布されたときにやさしく意味をかみ砕いてつくられた
    「あたらしい憲法のはなし」の手法を用いて、
    やさしい言葉に砕いてかかれた本編に、
    自民党草案と現日本国憲法の条文がついています。

    アマゾンの紹介文は
     <「国民が国家をしばる約束」から「国家と国民が協力してつくる"公の秩序"」へ。
     草案の提案する憲法観の大転換を、
     起草者たちの論理と願望にぴったりとよりそって語る。>

    道徳もなにもかもごたまぜ、ケンポーでもなんでもない・・・なんだこれ、と
    最初に草案を読んだときにはあっけにとられました。それに酷すぎる日本語。
    明治憲法以前の前近代に逆戻りです。
    外国に対して近代法治国家であることを示すために
    明治憲法も作られたのだと思っていましたが、
    つまりその資格も放り投げたいわけなのでしょうか。
    (以上独り言。)

    「憲法改正」の真実  樋口陽一 小林節著  集英社新書

    そして、明解な言葉で斬りまくるこちらは
    たったこれだけの頁数で素人にもやさしく伝わる素晴らしい一冊。

    自分が最近本を読みまくっている理由の一つに、
    真っ当な日本語を浴びて安心したいと気持ちがあるようです。
    おかしな日本語、おかしな考え、中身のない空っぽの言葉。
    (灰色の男たちに葉巻にされて殺される時間に似ている気がします。)
    的を得ないことを故意に一方的にいいつのる、
    脈絡なくただ誰か自分以外の人のせいにする・・・
    いわれのない中傷やデマが
    平気で電波に乗せられて拡散される現状は異常です。
    ほんの数行でも、真っ当な言葉に触れると心底ほっとします。
    (ちなみに映画や、ミュージカルの歌詞を聞いてもほっとします(^^)。)

    いったい「今」、
    憲法を改正する必要があるのかという根本のところからして
    説得力はゼロです。
    昨年の安保(いわゆる戦争)法の国会での議論において、
    その根拠といえるものは
    あれだけ会期が延長されても、結局一つも出てきませんでした。
    (もともとないことを証明したともいえます。)
    そもそも憲法の尊重擁護義務があるはずの立場の人間の欲だけで、
    膨大な時間、膨大なお金が使われてしまったわけです。
    (そのほかの無駄遣いやバラマキも桁違いですが・・・。)
    本当に助けや構築が必要なもの(で利権につながらないもの)は
    すべて無視された上、
    つい先日も
    汚染土を全国にばらまいて公共事業に利用する決定がこっそりなされ、
    伊方では核燃料の搬入がはじまりました。
    先日伊予灘で地震がありましたが、
    ここがやられればもちろん日本全国終了、です。
    原発事故を起こした国がなんという狂気の沙汰かと
    諸外国から思われているのは当然で、
    どれだけ国土と国民が嫌いなのかと想像を絶します。

    断固として、「押し付け改憲」は要りません。
    国を存続させる気があるのなら、
    こんなことにこれ以上浪費される時間もお金もないはずです。

    もう一つ、最近ネットで話題の動画がありますが、
    一向にTVなどには登場しないようなので
    下記にリンクを置いていきますm(_ _)m。

    続きを読む "なにはなくても。"

    | | コメント (0)

    2016年7月 3日 (日)

    THE POINT OF NO RETURN

    半年近くご無沙汰してしまいました・・・m(_ _)m 申し訳ももはやなく


    物理的(時間)にも、気持ちの上でも余裕がなく

    こちらに書けるようなことも実際少なかったのですが、

    自分の中ではいろいろ盛りだくさんな日々でした;;。
    年初早々にツイのアカウントロックを食らうところからはじまり、

    (間違いだったということで解除されました;;)、

    PCの具合も悪かったので大変だったのですが、

    その後、Vistaがついに動かなくなり、

    これまで休眠状態にしていた7を起こしつつ

    8.1の最低限の機能を使うところまでこぎつけたと思うと、

    今度は10のアップデートにふりまわされました(TT)。

    Vistaから8.1に引き継ぎできない機能もあるわ

    接続方法も変わってしまうわで、

    PC環境だけでかなりの時間を費やしてしまいました。

    8.1に変えた時点で、ブルーレイが見られるようになったのですが、

    それを見ている暇もなく(TT)。

     

    この半年は腹をくくりつつ、

    ツイでの情報収集とリアル本・雑誌・新聞チェックで

    一週間があっという間に過ぎるという生活をしておりました。

    仕事も忙しくなり、体力と睡眠時間突っ込んでいたので

    なんだか急に白髪が増えたなあという気が・・・(TT)。
    といいつつ、合間に映画だけは観ていました。

    微力は承知で、リツイしつつリアルでできることを細々とやり、
    最後の一週間はブログに書いてみるかなあと思います。

    (7月10日は)「ポイントオブノーリターン」だ、と
    山口二郎先生がおっしゃっておられましたが、

    本当にそうだと思います。

     

    できるだけ楽しいことだけお伝えしていきたいと思って始めたブログですが、

    松尾さんがおっしゃることに完全同意します(↓)。

    https://twitter.com/Kitsch_Matsuo/status/746875852349014016

     選挙関連のツイートが目障りだと感じている方も少なくないと思います。
     楽しいことだけに目を向けていたいですよね。それは私も同じです。
     しかし、今は「楽しいことを享受すること自体が許されない国」になってしまう
     分岐点なのです。
     まさかと思う人も多いでしょうが、本当に危険なのです。
     必ず投票を!

    (他のツイートも良いです!ぜひ眺めに行ってみてください。)

    私たちは平和の尊さは叩き込まれてきましたが、
    なぜか
    政治に関しては
    口をつぐむように仕向けられてきたんだと
    痛感するようになった日々でした。

    ちょっとした買い物をするときでさえ

    あれこれと確認してしかるべきだと思うのに、

    投票に関しては

    どうしてここまで情報もなく適当に済ませてきたのか(私がですが)、

    どうかすれば、わからないからもういいや、と放棄してしまえるのか。

    集められた膨大な税金の行き先に

    なんの興味も疑いも持たないのか。

    おかしなことになっていると感じても

    口にすることすらはばかられると無意識に感じてしまうのか。

     

    おかしいでしょう。

     

    棚に収まりきらず山になった大量の本と雑誌を横目で見つつ(JTも;;)

    改めてそう思います。
    政治は生活そのもの。

    気分はいよいよローカルで指輪戦争に巻き込まれたホビットたちに近づいてきました。

    (ホビットの方がはるかに分別があるけれど、

    あれは英国民の投影なのでしょうか。

    オレオレ詐欺に簡単に騙される私たちはやはりどこかおかしい。)

    以下独り言(ほぼ全部がそうですが;;)。
    アレはサルマンさまでも蛇の舌でもなく
    愚かなロソに近いなのかもしれないという気がしてきたけれど、

    ロベリアばあさまは真っ当だった・・・。
    ・・・愚かさだけはロソ?


    あと一週間、
    この場をお借りして、お伝えすることをお許しください。
    (いったいどなたが見てくださるかわかりませんが・・・。)

     

    結果がどうあれ落ち着くときが来たら、

    ぼちぼち通常営業に戻りたいと思っております。

    早く、フツーに楽しいことを考えたり、

    家族といる時間を大切にしたい、と思いつつも

    今は仕方ない!と思い、頑張っておられる方が
    全国にたくさんいらっしゃいます。

    都合の悪い事実から目をそらさせようとするかのような

    いろんなことが日々起こっていますが、

    自分の目で見て聞いて考えて、
    できれば誰かに言葉をかけて、
    あと一週間を過ごしたいと思います。


    それにしても、ローハンの角笛が欲しい・・・(TT)。


    実際に友人知人に、自分の言葉で伝えてみようとしたものを、
    以下に置いております。
    (公示前に出したので状況はその頃のものです。)

    もしよかったら、ご覧ください。m(_ _)m

    ↓  

    続きを読む "THE POINT OF NO RETURN"

    | | コメント (0)

    « 2016年1月 | トップページ | 2016年9月 »