« 福岡レミゼに行ってまいりました。 | トップページ | 8月に観た映画 その一。 »

2015年7月26日 (日)

「戦後」70年の夏映画。

そして、また映画の世界?へ戻ってまいりました。
すごーく久しぶりだなあと思いつつ映画館に入ったら
とんでもない人の波に
なにがおこったのかとしばし呆然といたしました。
なんでこんなに混んでいるんだろうと(失礼な)。
復帰(?)一作目は『靴職人と魔法のミシン』。
アダム・サンドラーのコメディ映画だったのですが、
タイトルの「魔法」の文字はなんなんだろうと思っていたら、
まさかの本当の「魔法」っぷりで、
ラストはえええ、本当に「ファンタジー」だったんですね、と。
すみませんでした~・・・となぜか謝りたくなりました(何に)。
しがない靴職人のちょっとしたいたずらや冒険は
指の間から画面を見たくなるはらはらぶりでしたが、
いや、参りました。すみませんでした(なぜ謝るんだろう自分;;)。

そして、今週から『野火』が公開になりましたので、
行ってまいりました。
この監督さんの映画は初見だったのですが、
圧巻、でした。
等身大の「戦争」を可視化してくれた。
どんな想像力のない人間にでも見えるように。

他の人がどう感じるかは全くわかりませんが、
私にはそう思えました。
そのことにとてつもない価値があると。
大変いまさらですが、映像の力は凄いです。
言葉や語りだけでは伝えきれないものを伝えられる。
たった何十年しか生きられないヒトが、
世代間にあっというまに失われてしまう記憶を
同じ身の丈、同じ目線、同じ感覚で伝えてくれる。
生き地獄にたたき込まれるのは市井の普通の人間で、
「戦後」も途切れることなくずっと、今この瞬間にも、
世界のどこかで膨大な数の人たちが「棄てられ」続けている。
どこかの誰かがつくった理由によって
沢山の命が誰かのために棄てられ、蹂躙され続けていて、
始めた本人たちは決して地獄には行かない。
たった75年前の歴史の中に答えはあります。
その時代を懐かしみ、戻そうとしている
自分は決して地獄に行かない誰かへの怒りがより鮮明になったのが
今の私の「見方」でした。
この頃は街中で立っているときに
同じ地面の上で70年前に起こったことを思います。
この下には理由なく一瞬で殺された誰かが今もいるのだと。
スクリーンに広がる圧倒的に美しい大地の上で、
兵士たちに沢山の現地の罪なき人たちが殺され、
兵士たちもある者は機銃に吹き飛ばされて肉塊になり、
多くが食料の供給もなく次々に斃れ、
圧倒多数が餓死させられました。
映画のコピーは「なぜ大地を血で汚すのか」。
どうしてその時代に戻れるでしょう。
なんの「誇り」があるでしょう。
それは恥と呼ぶほかはないものではないですか。

観る人によって感じ方は違うと思います。
是非一度、誰にも観ていただきたいと思う作品です。
(心構えは若干必要と思います。
いろいろ飛び散ってはきますので・・・m(_ _)m。)

8月にかけて、戦後70年に合わせた映画が沢山上映されますが、
できるだけ観たいと思っています。
新作では
『日本のいちばん長い日』
『この国の空』
旧作では
『ヒロシマ・モナムール 二十四時間の情事』
『原爆の子』
『ひろしま』
・・・と続きますが、
なにしろ上映期間が短いので忙しくなりそうです。
この期間にイラン映画週間も重なるので、
もうどうすればいいんだろうという状態;;。

そのほかに、
8月半ばには『チャイルド44』が公開になりますし、
ヴィゴの
『涙するまで、生きる』『約束の地』も公開に。
うーん、本当にどうしよう・・・。
ミア・ワシコウスカ主演の『奇跡の2000マイル』も観ておきたいし、
『しあわせはどこにある』も観たかったなあ(←ほぼ諦めています)。

とりあえず、
体調を整えつつあとは運任せということで
頑張ってみたいと思っております(^^;)。

|

« 福岡レミゼに行ってまいりました。 | トップページ | 8月に観た映画 その一。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡レミゼに行ってまいりました。 | トップページ | 8月に観た映画 その一。 »