« 美女と野獣 地元公演千秋楽。 | トップページ | 福岡レミゼに行ってまいりました。 »

2015年7月26日 (日)

ご無沙汰いたしましたm(_ _)m。

随分ご無沙汰してしまいました。
今回はほぼ独り言です、と前置きさせていただきますm(_ _)m。

今月に入って前半はお芝居を堪能し、
後半から再び映画の予定を入れはじめております。
行けるデモには行き
(最近の若い方のデモはオサレですね。コールも楽しい!)、
行けないときには柱の陰からエールを送り(嘘)、
あちこちうろうろしたり、意外な人に会う機会があったりしましたが、
一方で体力のなさ気力の消耗にへろへろになる日々でした。
殊に気力の消耗が激しく、体もあちこちが不調で、
先日、ふとすすめられた更○期用漢方を服用したところ、
以前試した時とは違い、あれ、まさか・・・という効果を感じました(^^;)。
まだはじめたばかりなので何ともいえませんが、
精神的にきつい時には症状がひどくなっている可能性もありそうなので、
しばらく試してみようかなあと思っております。
それでもなんでも今は踏ん張り時。
ほんとに、ほかでもない、
私たちの愛している、自由にモノを言え
やりたいことの出来た「戦後日本」の危機だと感じていますので。
ほとんど生存権に通じる人権を我がこととして
こんなに真剣に考えたことは
思えば人生の中でもはじめてのことです。
全く皮肉なことですが、
「事」が起きなければ、
人は守られていることの有り難さに気がつかないもののようです。
好きなことをやれてきた我が世代としては
今、せめて若い人たちの頑張りを応援する「数」でありたいです。
憲法違反の反知性出鱈目衆院審議&決議にも呆れ果てましたが、
嘘や詐欺に誤魔化されて無理やりにでも通してしまうことになれば
いかに民意を反映しない選挙とはいえ選挙民も同罪になります。
終わりの見えない米国の侵略戦争に加担するのは絶対にご免です。
他国を二度と侵略しないと約束することで
かつてこの国は免罪され、
先人の凄まじい努力によって、世界からの信頼を取り戻したのですから、
もう一度誤りを犯せばもう二度目のチャンスはなく、
後世の人たちに国を壊した愚か者と
非難を浴びせられる情けない時代となるでしょう。 

それ以前に列島の海岸線には大量の無防備な原○があるわけで、
元々自衛用の規模しかない自衛隊が海外に行ってしまえば
本土は丸腰でやられたい放題状態になるわけで、
しかも世界から恨みを買う事態になっていればなにが起こるか。
そもそも少子高齢化で、軍国化に最も適さない状態なのに
軍事費はウナギ登りの使いたい放題。
電気は余っていて、国民の9割以上が反対していてもそれを発表せず、
老朽化した旧式の原○再使用を内輪だけで決める。
守りたい「国」というのはどうみても国土でも民でもないですね・・・。
国民のためになる政策は一つも上がってませんしね。
そもそも事故収束のできない原発放置だけで
危機としては充分すぎます。
突っ込みどころがありすぎて覚えているのが難しいくらいです;;。


怒り続けてはや二年ですが、
不断の努力を笑って続ける方法を見つけたいものです(まず体調を・・・TT)。
それでなくても緊急の問題が山積した国難の時代だというのに、
毎日毎週のように繰り出されてくる悪政の数々。
国土も民も滅ぼそうとしているように見える、と以前も書きましたが
不幸なことにますます確信が深まるばかりのこの頃です。
たとえ最高の幸運に恵まれたとして、
すっかり「片づけ」が出来るようになったとしても
「時間も労力もずいぶんかかる」ことでしょう。
でも「まだ諦めたくねえのです」。
随分前から気分はナウシカの時代に入っておりますが、
宮崎さんにはよく見えていたんだなあとつくづく思います。

幸いにして(?)今月前半はあまり観たい映画がなかったので
お芝居に集中できました。
まずそのお話を簡単に。
成り行きで思いがけない長い滞在になりましたが、
いいお休みになりました(^^)。
少し続きます。

|

« 美女と野獣 地元公演千秋楽。 | トップページ | 福岡レミゼに行ってまいりました。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美女と野獣 地元公演千秋楽。 | トップページ | 福岡レミゼに行ってまいりました。 »