« あっという間に日々が。 | トップページ | 思いがけず行ってきます。 »

2015年3月22日 (日)

あっという間に日々が2。

先日久しぶりに大型書店さんに寄った折に、
紫堂さんの『花嫁』完結巻を発見して購入。
とっくに終わっていたというのに気がつかないままで、
さすがの収束にしばし時を忘れました。満足(TT←嬉)。
うちトコシリーズの新刊や関連本も多々出ていたので
こちらも二冊購入しまして、しばし幸せな気持ちになりました(^^)。

さて、続きまして、さらに二本観てまいりました。
一本は楽しみにしていた『博士と彼女のセオリー』。
もう一本は『風に立つライオン』です。

時間の都合で先にライオンを観ました。
現地の普通の子供たちが演じたという子役たちが素晴らしいと
聞きおよんでおりましたので、
観てみようと思ったのですが、
ご自身が企画から起こしたという大沢たかお氏は素晴らしい熱演で、
もちろん子供たちも良かった。
ですが、個人的には、やや物足りない感が残りました。
もっと欲張って内容をぎっちり詰めて欲しかったような気が。
映画ではあるのですが、
ドラマと言われるとドラマにも見えるあっさり感が否めず、
何か惜しいような・・・(すみませんm(_ _)m)
重いテーマを正面から扱っているだけに
もっと踏み込んでほしかったという思いもありました。
ブラッド・ダイヤモンド級まで行かなくてもいいからと・・・。
(↑お話が違いますので比較対象にはなりませんが、気持ちとして。)
さださんの原作では
もっと深いところまで語られているのかなあと思いました(未読ですが;;)。
ただ、
頑張れという言葉は人に向かっていう言葉じゃない。
(自分に言う言葉だ。)」という台詞はとても良かったです。
これがなければうーん・・・と言わざるを得ない結果になってしまったかも。
(あくまで私的な感想ですが。)
普通に観て、感動された方は多いと思います。

そしてエディ君の祝、主演男優賞受賞!作品。
イントロのユニバーサルのロゴでヴァンヘルが観たくなり、
ワーキングタイトルのロゴでレミゼを思い出し、
ケンブリッジの若き天才・秀才たちのじゃれあいは
バリケードボーイズを思い起こさせるものがありました。
・・・という入りから入りまして(とことん私的m(_ _;)m)、
若き日に恋に落ちた(後の)ホーキンズ博士とジェーンの二人が、
難病と余命を宣告されても諦めることなく生き抜いていく。
家庭を作り、障害を淡々と乗り越え、ユーモアを忘れず、
さらにさらにと難題が降りかかってきてもくじけない。
生きている限り希望はあるから
学生の時に二年の余命を宣告されてから
今もなお生き続け、
研究を続け、理論を追い続けているホーキング博士は凄すぎます。
宇宙論は私にはさっぱり分かりませんが;;、
宇宙のセオリーも人のそれも進化し、よりよいものに収束していくのかと。
求めていくことを諦めない限り。
穏やかな中に凄まじい生きる力を感じた、と簡単に言ってしまうには難解な、
きわめて知的にして、まことに奇跡的に「穏やか」な、
不思議な大団円の物語でした(多分)。
演技についてはもう私などが言うことはないくらい、でしたが、
少しエディ本人と役柄が被るような印象がありました。
ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズもまた
素晴らしかったです。

そして、5月23日公開の『チャッピー』の前売りが出ていたので
早速ゲットしてまいりました!
『第9管区』の監督さんの作品ですが、
目当てはもちろん、悪役?らしいヒューであります(ははは)。
ところで、イスタンブールで喉のトラブルがあったようなのですが、
大丈夫だったのでしょうか・・・(TT)。

ご本人のツイッターから写真を一ついただいてまいりました。
どうかお大事に・・・。

3_18_2015

|

« あっという間に日々が。 | トップページ | 思いがけず行ってきます。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あっという間に日々が。 | トップページ | 思いがけず行ってきます。 »