« ついに最終章! | トップページ | ホビット 決戦のゆくえ 二回目。 »

2015年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます。

こちらでは冷たい雨の大晦日となり、
夜はぐっと冷え込んで、朝には見事に銀世界でした。
なので、すぐに一日お籠りを決め込みましたが、
午後からは晴れ間が出て暖かくなってまいりまして、
太陽の嬉しさが沁みる年の初めとなりました。

いろいろありまして、
主に気持ちの方が大変だった昨年でしたが、
無事に新年を迎えることができました。
皆さまにとって明るい一年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

のんびり更新に輪をかけた状態になっておりまして、
そんな状態の中お越しいただいて感謝しつつも
誠に申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
今年はできるだけ楽しい話題を
書いていけたらいいなと思っております。
心穏やかに過ごせる日々でありますようにと願ってやみません。
人に優しく、心を強く持てますようにと思うのですが、
そのためには体も丈夫にしておかなくてはと
しみじみ思うこの頃です(^^;)。
(自分の)トシに負けっぱなしの一年でした;;;。

さて、今年ですが、
できるだけ映画館に!という気持ちは変わらずですが、
先日見つけられなかった
ホビットのペーパーバックを発見しまして(良かった~TT)、
好きな台詞をたまには書き出してみようかなあと
ふと思いつきました。
(ツイッターでやればいいようなことですが、
そういう根性はないという^^;;。)
もっとも覚えている台詞は全て瀬田さん訳の日本語!ですので、
英語と併記するのもいいかなあと。
毎日を暮らすなかで、
指輪や昔読んだ本や漫画のくだりを
思いだすことの多いこの頃ですので
(一冊の本をしつこく繰り返し読む傾向につき、
もともとそういう習性があります)、
ふと思ったときにできるといいなと思っております。
日々の仕事に追われはじめると
なかなか余裕ができないかもしれませんが。
もうひとつ、終戦から70年ということで、
嘘ごまかしを重ねて
姑息に戦争(という一部カネ持ちの為のカネ儲け)を進めたがる
某勢力にのまれることなく、
非戦平和!の風潮をこちらから、
自分たち一人ひとりが作らなければという思いがあります。
甘言に乗せられて周りを見ずに過ごしていて、
ある日突然アイゼンガルド軍に取り巻かれていたなどというのは
まっぴらご免です。
いろいろなことを心から楽しめる世の中であってほしいですから。
昨年末に目からウロコが落ちたのが、
毎朝古舘さんが実践しているという
「一日一生!」を三回唱えるということでした。
今日を生きる、ということが未だにできていない私ですが、
今年はそう思って生きてみたいと思っております。

ああ、もしわしらがみな、ためこまれた黄金以上に、
よい食べものとよろこびの声と楽しい歌をたっとんでおったら、
何とこの世はたのしかったじゃろう。
だが、かなしいにせよ楽しいにせよ、
もうわしは、ゆかなければならぬ。さらば、じゃ!
(『ホビットの冒険』瀬田貞二訳 岩波書店)

ついでにペーパーバックから元のくだりを。
If more of us valued food and cheer and song above hoarded gold,
it would be a merrier world.
But sad or merry, I must leave it now. Farewell!
("THE HOBBIT"  J.R.R TOLKIEN  HarperCollinsPublishers)

この台詞が、映画"決戦のゆくえ"で語られて(たと思いました;;)、
私はとても嬉しかったのでした。
お休みの間に二回目を観てきたいなと思っております(^^)。


ざっとこんなところとなっておりますが、
もしまた気が向かれた時にでも
お寄りいただければ嬉しいです。
(追っかけはできないと諦めて上記にはありませんが、
ヒューは私の「天使」です(^^)。
これからもずっとずっと応援していきます。)
今年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

|

« ついに最終章! | トップページ | ホビット 決戦のゆくえ 二回目。 »

ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついに最終章! | トップページ | ホビット 決戦のゆくえ 二回目。 »