« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

ジミー、野を駆ける伝説

先々週に、いきなり流行りものに捕まってしまいまして、
自主隔離の憂き目を見ておりました。
以前罹った時はまだ特効薬などない頃で(いつ頃でしたっけ・・;;)、
熱が下がるまでひたすら耐えていたものですが、
時代は変わったなあと思う一方で、
体の方もくたびれてきているんだなあと思い及んでおりました;;。

それからまた全く気持ちの休まることがない日々が続いておりますが、
とりあえず先週は二本映画を見てまいりました。
一本はケン・ローチ監督の『ジミー、野を駆ける伝説』、
もう一本は、
そろそろ上映回数も減ってきたホビット4回目だったのですが、
夜中に起きたことで寝るタイミングを失ったお陰で、
一番観たかったテント内シーンを
見飛ばして(寝てしまって;;)おりました。
哀しい・・・(TT)。
そろそろ字幕がいらなくなってきたので
できるだけ耳をそばだてておりましたが、
もう一度リベンジに行く時間があれば(無理?)。
こちらでは、あと一週くらいで公開が終わりそうです。

というわけで、以下、ジミーの一言感想を。
『麦の穂をゆらす風』がかなりハードだったので、
ある程度覚悟?して観たのですが、
観てよかった一本になりました。
大戦前のアイルランドを舞台にしたお話でしたが、
今考えるとありえないような
不当で理不尽なことがまかり通る狭い世の中で、
若者たちの声に応えて、
私利なく真っ直ぐに「戦った」ジミーと仲間たち。
罪に問われると危惧しながらも行った
彼のスピーチが素晴らしかった!!
劇中の彼の言葉の一つ一つに心を掴まれるようでした。
それでも緑したたるアイルランドの美しいこと。
どんなに自由な魂が圧殺されようと、
彼の行い、彼らの伝えたことは消えない。
真実と愛と生きる喜びを簡潔に語りきった彼のスピーチを
常に傍らに置いておきたいと思いました。
もう本当に情けないことに、
こういう清々しくかつ本質的な言論が
見えづらい世の中になってまいりましたが
(垂れ流される音声から除かれていても
ちゃんとここにもあることを私たちは知っています)、
自分は人の心、命の側に立っていたいと強く思った時間でした。
あったかくて快活で高潔な人格者のジミーは
ちょっとだけ馳男さんを思わせるところのある素敵な人で、
歌や踊りの才能に満ちた陽気なアイルランドの人たちの
明るさや強さも素晴らしく魅力的でした。

やはり辛いお話ではあるんですが、
シンプルなお話に仕上がっていて、時折楽しさも感じられました。
機会があればご覧になることをお勧めします。是非!

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

昨年観た映画。

週末にホビットの三回目を観てまいりました。
観れば観るほどに
やはり王の帰還をほうふつとする気がいたしましたが、
あれほど大量の情報を詰め込む必要がなかったのは幸いでした。
もう少しスリムにしてもよかった気がしますが、それはそれ(^^;)。
ドワーフたちとの別れの時に口にできなかった台詞が
袋小路屋敷前での言葉だったのかなと
今更にして思いました。
(えー、泣きました。ええ今更にして。)
彼は私の友達だった、という台詞を
どこか別のところで、
とても大事な台詞として聞いたことがあるなあと思いつつ
やはり(爆)思い出せず。
続きまして、
ずっとお蔵にしていたホビットの前二作DVDを発掘し、
付いてきた特典DVDをやっと観まして(^^;)、
今観てよかったかもしれないとも思いました。
ネタばれを避けつつの質疑応答を興味深く観ることができました。
そのあと、思いがけない冒険を途中まで観たのですが、
赤表紙本に冒険話を書き始めたのは、誕生パーティの当日ですか!と
超がつく今更の突っ込みをかましてしまいました。
(そういえばそういう話題も出ていたような気が・・・。)
ピピンが走り読みした部分はもう書いてあったのか、
いや映画の設定は違うかもしれないし、と
一人でおろおろしておりました(←馬鹿;;)。
そんなことはきっと世間では語りつくされているに違いありません。
三作目まで観た今、一作目を観直してみると、
細部にいたるまでいちいち大変楽しいです。
ペーパーバックをちら見しつつ追ってみたら
台詞も歌もかなり原作に沿っているんだなあとわかりました。
食べ物だけはやはりうーん、でしたが(私的に)。

さて。

昨年観た映画について、今回も置いていきたいと思います。
カウントはのべ52回で、
例によってリピートも多かったので、実質は44本でした。
映画館に行けないような深刻な事情が幸いにしてなかった一方、
気持ちの切り替えまたは保留のために
つい行ってしまった傾向だったように思います。
これまでは避けていたはしごも何回かありました(^^;)。
観られるだけで丸儲けではあった一年ではありました。
リピート分は置いておいて、
そのほかの作品について。相変わらず偏っております。

印象に深く残ったもの

 あなたを抱きしめる日まで
 チョコレートドーナツ
 小さいおうち

期待以上に印象深かったもの
 
 

 ウォールフラワー
 世界の果ての通学路
 ファーナス 訣別の朝
 小さいおうち
(↑いろんな意味でぞっとしたのでこちらにも入れます。
  今の世にもう一度皆さんに見ていただきたい)

いい意味で期待を裏切られたもの。これは好きかも。

 GODZILLA
 美女と野獣
 ドラキュラZERO

観ていて楽しかったもの

 テルマエ・ロマエⅡ
 マダム・イン・ニューヨーク
 超高速!参勤交代
 マダム・マロリーと魔法のスパイス

これは凄いが怖いかも

 ブルージャスミン 
 100歳の華麗な冒険

これは良くできている~~~!と思ったもの。絶妙のバランスでした。

 天才スピヴェット

番外・旧作 やっと観る機会を得たけれど凄かった・・・。

 ロッキー・ホラー・ショー

 
観たかったけど観られなかったものを思いつくだけ。

 さよなら、アドルフ
 少女は自転車にのって
 標的の村
 舞妓はレディ
 ジャージーボーイズ
 インターステラー(無理そうなので諦めましたTT)

そしてリピートしたものは以下のとおり。

 ホビット 竜に奪われた王国
 プリズナーズ(数えてみると4回でした。
 最初の日に2回観ていましたので;;。)
 X-MEN フューチャー&パスト 
 ホビット 決戦のゆくえ

お約束の作品群ですが、
プリズナーズにこんなに通うとは思いませんでした。
公開の有無が不明ということもあったんですが、
結局観て良かった作品になりました。つらかったけど・・・(TT)。
XーMENシリーズははずれがなく満足度がとても高かったです。
ホビットは、言うまでもなく別格ですので
(原作ファンとしても映画としても)、
突っ込むのも愛の内。何事があれど中つ国は永遠です~。
マーティンを起用してくれてありがとう!!
いつのまにかビルボファンになっていたわたくしでした・・・。
先日映画雑誌を店頭で眺めていて思ったことで
以下蛇足ですが、
トーリンを演じているアーミテイジさんは
写真の角度によってはヒューにとても似ているようにみえます。
ホビット映画を見る限り全くそんなことは思いもしないのですが、
不思議です・・・(いやあのメイクのせいかも;;)。

今年はどこまで行けるかわかりませんが、
まだまだ映画を見続けていきたいなと思っております。

| | コメント (0)

2015年1月 3日 (土)

ホビット 決戦のゆくえ 二回目。

毎年間に合わなかった~、と臍を噛み続けていたのですが、
今年は間に合いました。
トールキン教授、お誕生日おめでとうございます!

そういうわけで、いや、というわけではないですが;;、
『ホビット 決戦のゆくえ』の二回目を観てまいりました。
思ったことをつらつらと書いてみたいと思います。
壮大な独り言だと思って大目に見てくださいませ(いつものことですが)。

観る前はあのシーンとかあのシーンを思いだして
うーん、重いよなあ、きついよなあ・・・などと思ったのですが、
とにかくビルボがいい、可愛い、
本当に誰でも彼が好きになってしまいます。
老ビルボをちょっと描くだけで終わってしまった
(主役ではないので当然)LOTRだけで終わらなくて
本当に良かった・・・と
しみじみしてしまうシリーズ第三作。
いろいろとつらいお話ですが、私は本当にこの作品が好きです。
(二作目でも同じようなことを言っていましたが、
三作目は本当にいいです。)
今日はできるだけ耳をそばだててリスニングしてみましたが、
何度も撃沈;;。
しかし、ビルボの出るシーンとガン爺との2ショットが堪りません。
もう観ているだけで幸せな気持ちになります(私だけかもしれないですが)。
あちこちで大事な台詞が耳に入ってきました。
私が聴き取れないところでもきっといろいろ散りばめられているのでしょう。
(ホビットのこのシーンではないようなものも心なしか。)
遂にエルベレス、ギルソニエルの片鱗も登場しなかった
PJ版LOTRでしたが(いまだに少しこだわりが;;)、
最後のビリーの歌はビルボの旅そのものの歌でした。
キレイな声で、うっかり涙しそうでした。
それから、どこがどうと言えるほど
きちんと認識できていないのですが、
随所で『王の帰還』の組み立てをほうふつとする感じを受けました。
どちらも第三作で総まとめで一大バトルで事が終焉するわけですから
ほぼ気のせいかもしれませんけども。
愛情たっぷり!に描かれたトロルやオークに愛を注げれば
楽しみは何倍にも膨らむのでしょうが(爆)、
それがなくても十分に見どころ満載でした(何しろ長い・・・)。
時々ビルボの言動にピピンが重なって見えました。
(というか、ピピンの言動がビルボに重なっていると言うべきか。)
長い長いバトル続きの中で
彼自身の出番はそんなに長くはないのですが、
エルフ王のテントでの皆がビルボを見る目が優しいとか
(途中からリスペクトが混じった目に変わります~)、
トーリンもバーリンもボフールも
ドワーフ皆が彼を好きなのがわかります。
ところどころの台詞に泣かされ微笑まされ、
魔法使いとの友情もしっかり描いてもらって
本当にありがとう!という気持ちになりました。
ほかの皆さん(なにしろ多いので大雑把ですみませんm(_ _)m)も
あのくどいくらい小物のあの人やこの人も達者な方ばかりだし、
気を付けてみるとすごーく贅沢なキャストだったように思います。
(細かいことはわからない私でもそう感じます。)
やはり白の会議は「あれ」だったのか、とか、
フィーリの扱いがあんまりだったとか
(ドワーフの受難を彼に重ねて描いたという説をお聞きして
なるほど~と思いました、でも涙TT)、
PJの女性の撮り方はあまり好きではないけれど(すみません;;)、
キーリとのラストが見下ろす視線で安心したとか
(下から撮るより絶対にキレイだと思うので)、
バルドのいいお父さんっぷりがブレなくて最高だったとか、
観ながら感じたことはいろいろありました。
これもツイートで教えていただいた、
「アラゴルンは当時まだ若すぎるはず」説に
確かにそうだったと思い当たり、
久しぶりに追補編を開いてみまして、
結構読み込んでいたはずなのですが、
かなり忘れている自分に気がつきました;;。
いろいろ台詞を追うついでに
こちらも読み直してみようかと思っております。
いずれ延長版が出ると思うのですが、
バーリンとのお茶シーンを是非入れてほしいなあと熱望します。
LOTRとのつながりだけでなく、
彼の旅のしめくくりとして、是非。
帰路の「最初の憩館」が無いどころか
そもそも帰路の描写自体がほとんどなかったです・・・。
(掃討をまるまるカットしたLOTRを思えばなんのその?)
ビヨルンの庭で拾ったどんぐりはまさか?と思ったのですが、
帰ってきた袋小路には大きな木が見えたような気が。
見るほどに、細かな設定や描写が気になる次第です(^^;)。

とてつもなく長くなるとはわかっていますが、
日を変えてもよいので
いつか続けて、まとめて映画館で見てみたいです。
(その場合の順番はLOTR→ホビットの方がいいのか??)
今は映画館で見られる最後になるかもしれない五軍の戦いを
見られる喜びを感じていたいと思います。
そして、ふと気がつくと、
心の中では五軍の戦いとやはり呼んでいる私でした・・・。

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます。

こちらでは冷たい雨の大晦日となり、
夜はぐっと冷え込んで、朝には見事に銀世界でした。
なので、すぐに一日お籠りを決め込みましたが、
午後からは晴れ間が出て暖かくなってまいりまして、
太陽の嬉しさが沁みる年の初めとなりました。

いろいろありまして、
主に気持ちの方が大変だった昨年でしたが、
無事に新年を迎えることができました。
皆さまにとって明るい一年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

のんびり更新に輪をかけた状態になっておりまして、
そんな状態の中お越しいただいて感謝しつつも
誠に申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
今年はできるだけ楽しい話題を
書いていけたらいいなと思っております。
心穏やかに過ごせる日々でありますようにと願ってやみません。
人に優しく、心を強く持てますようにと思うのですが、
そのためには体も丈夫にしておかなくてはと
しみじみ思うこの頃です(^^;)。
(自分の)トシに負けっぱなしの一年でした;;;。

さて、今年ですが、
できるだけ映画館に!という気持ちは変わらずですが、
先日見つけられなかった
ホビットのペーパーバックを発見しまして(良かった~TT)、
好きな台詞をたまには書き出してみようかなあと
ふと思いつきました。
(ツイッターでやればいいようなことですが、
そういう根性はないという^^;;。)
もっとも覚えている台詞は全て瀬田さん訳の日本語!ですので、
英語と併記するのもいいかなあと。
毎日を暮らすなかで、
指輪や昔読んだ本や漫画のくだりを
思いだすことの多いこの頃ですので
(一冊の本をしつこく繰り返し読む傾向につき、
もともとそういう習性があります)、
ふと思ったときにできるといいなと思っております。
日々の仕事に追われはじめると
なかなか余裕ができないかもしれませんが。
もうひとつ、終戦から70年ということで、
嘘ごまかしを重ねて
姑息に戦争(という一部カネ持ちの為のカネ儲け)を進めたがる
某勢力にのまれることなく、
非戦平和!の風潮をこちらから、
自分たち一人ひとりが作らなければという思いがあります。
甘言に乗せられて周りを見ずに過ごしていて、
ある日突然アイゼンガルド軍に取り巻かれていたなどというのは
まっぴらご免です。
いろいろなことを心から楽しめる世の中であってほしいですから。
昨年末に目からウロコが落ちたのが、
毎朝古舘さんが実践しているという
「一日一生!」を三回唱えるということでした。
今日を生きる、ということが未だにできていない私ですが、
今年はそう思って生きてみたいと思っております。

ああ、もしわしらがみな、ためこまれた黄金以上に、
よい食べものとよろこびの声と楽しい歌をたっとんでおったら、
何とこの世はたのしかったじゃろう。
だが、かなしいにせよ楽しいにせよ、
もうわしは、ゆかなければならぬ。さらば、じゃ!
(『ホビットの冒険』瀬田貞二訳 岩波書店)

ついでにペーパーバックから元のくだりを。
If more of us valued food and cheer and song above hoarded gold,
it would be a merrier world.
But sad or merry, I must leave it now. Farewell!
("THE HOBBIT"  J.R.R TOLKIEN  HarperCollinsPublishers)

この台詞が、映画"決戦のゆくえ"で語られて(たと思いました;;)、
私はとても嬉しかったのでした。
お休みの間に二回目を観てきたいなと思っております(^^)。


ざっとこんなところとなっておりますが、
もしまた気が向かれた時にでも
お寄りいただければ嬉しいです。
(追っかけはできないと諦めて上記にはありませんが、
ヒューは私の「天使」です(^^)。
これからもずっとずっと応援していきます。)
今年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »