« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月22日 (月)

ついに最終章!

やっとホビット第三部決戦のゆくえを観に行くことができました。
(ちなみに予告編はクリスチャンのエクソダス、アニーなど充実。来月は楽しみが沢山!)
わかりやすくていいけど、と半ばむりやり納得した今回の邦題でしたが、
原題の「五軍の戦い」を目にして、なんとなくほっとしました(^^)。

やっと最後に辿りついたんだなあという気持ちと、
かくもキレイにしかし感慨深く静かにまとめてくれたんだなあとしみじみ。
そして、戦闘シーンのこれでもかというてんこ盛り状態は
これが最後というのもあってか
やってるなあ、楽しそうだなあ・・・と少し遠い目で観ておりました
(いつもにまして長かった;;)。
個人的には、これでもいいんですが、
エピローグでもエンドロールの絵でも少しだけでいいので、
袋小路の競売品の買い戻し等が終わって落ち着いて、
ドワーフたちとのほっと一息お茶タイムがほしかったです。
門の前でちゃんとお別れの言葉は入れてあったのでいいんですけど
(それはとてもよかったんですけど)、
はしょり気味とはいえガンダルフの台詞も入ってはいましたし。
(あんたはえらくかわったなあ、という台詞ならぬ表情はあったかな。)
二人で座り、目で会話するガン爺とビルボのシーンが素晴らしかった(TT)!
台詞の確認をしようと本棚を探してみて
洋書ホビットがないことに気がつきました(前にも言ったような気が;;)
LOTRの原書(ペーパーバック)も映画版で買い直したことだし、
ホビットも映画版を買ったと思ったのは思い違いだったか・・・(_ _;)。
やはり中つ国にたちまち浸れるPJの映画でした。
ざっと印象を置いていきます。
ネタばれ回避なしの全開です!
というか、毎度おなじみ印象だけですので、
大変分かりづらいはと思いますm(_ _)m。

以下、長くなりましたので「続き」にて。

続きを読む "ついに最終章!"

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

明日はきっといい日に。

最後にできるだけ短く。(長々とすみませんでしたm(_ _)m。)
実は今日は『ファーナス 訣別の朝』を観てきました。
おりしも普通に働いて暮らす人々が、
戦争中毒の国の暴力にさらされる理不尽を見たように思う作品でした。
こんな社会にしてはいけない、と思えるくらい
現実に近いものを感じたことが怖かったです。
映画館の座席ひとつひとつの前には
映画からとった一言を書いたプレートがあるのですが、
今日のそれはこれでした。
「スイス500年の平和が何を生んだのか?鳩時計さ。」
つい最近、どなたかのツイートで見かけた言葉でした。
私は鳩時計でいいし、鳩時計がいい。そう思います。

香港でのデモがついに撤去され、
学生さんの一人は沢山のものを学んだというようなコメントをされていました。
これからの彼らの未来を応援したいと思いました。
一方で日本でも
まだ選挙権のない学生さんたちが東京で頑張っておられました。
そのコメントが素晴らしかったので
おばさんは泣けてしまいましたよ。
彼らのツイッターから置いていきます。
そして、参考になる「戦略」も。

https://twitter.com/S4SPL/status/529000757547130880

「作 られた言葉ではなく、刷り込まれた意味でもなく、他人の声ではない私の意思を、私の言葉で、私の声で主張することにこそ、意味があると思っています。私は 私の自由と権利を守るために、意思表示することを恥じません。そして、そのことこそが私の〈不断の努力〉であることを信じます」

【2014衆議院選】3分でわかる戦略的投票"

https://www.youtube.com/watch?v=_5ZikSTKXj0


とりあえず、私は
小選挙区ではなるべく死票になりそうにない非与党の方に、
比例ではここと思うところに投じたいと思います。
ちなみに「支持政党なし」という党名もあるそうです。
くれぐれも引っかかったりされないように。
まさに死票になりますので。

大人は義務を果たしましょう。
これまで自由も権利も、
さまざまな恩恵を与えられてきたのだから。
明日は選挙に行きましょう。
(すでに投票済みの方々へ。ありがとうございます!)
そして休日をどうか楽しくお過ごしくださいね。

どうか心静かに
ホビットの完結を見届けられますようにと
私は祈ってやみません。
(掃討が必要になるような事態は正直ご免です;;。)
蛇の舌もサルマン様もいらない!

| | コメント (0)

待ちに待った日でしたが その二。

全く待ちに待った日だというのに、
それで怒りが増してもおります。
思えば天災も実に多い一年でした。
雪害、地震、台風、水害、噴火(それも複数)まで付きました。
平安の時代なら遷都されているというツイートを読んで
深く納得しました。
海外からみて、こんなオソロシイ国もありません。
どれも大地からの警告だと思えてなりませんでした。
パブコメの90%以上が反対だった原発再稼働も
パブコメの結果を隠したまま強引勝手に決定されました。
たかが電気、しかも充分に足りていることが
何度も証明される日々であったにもかかわらず、
依然、除染廃棄物の保管場所すら決まらない状態なので
廃棄物の保管などなんのめどもないままに。
(そもそも地震国では無理です。)
実際に使える避難計画もできないままの見切りですが、
そもそも避難の必要があるような、
それ以前にこれから何百年もの間
土地を住めなくしてしまう大事故を引き起こす可能性のある手段を、
なぜたかが電気のために使わなければならないのか。
冷静になってみるとおかしな話です。
代替の発電方法はすでに確立されつつあると聞いているのに。
むしろ技術面では世界の中でも
日本は優位に立てる能力がありそうです。

集団的自衛権という名の他国による戦争への参加。
自国民を処罰できる秘密保護法という穴だらけの欠陥法。
実質的な賃金の15か月マイナス。
正社員が減り非正規雇用が増大。
社会保障の名目で作られたはずの消費税は結局そのために使われておらず。
企業に対する減税はそのまま。
企業献金もあっさり再開されています。
なにより腹立たしかったのは
税の用途が私物化され、日々湯水のように浪費されることでした。
震災復興費の大半が他の用途に流用されて消えたことも。
参加しないという公約を反故にしたTPP。
医療介護の保障悪化、年金削減。
年金原資(の半分!)投資による株価操作。
水面下で確実に軍事国家への法整備が進んでいると聞きます。
このまま大量議席を与えてしまえば、
間違いなく憲法を変えられ、
大手を振って戦争のできる、戦争で大企業が稼げる国、
某国の手足となって海外に兵士を送れる国にされるでしょう。
(次の攻撃目標はおそらく決まっているでしょうから。)
海外での日本の企業活動への支障はもとより、
テロの標的となる可能性は飛躍的に上がるでしょう。
そして海岸線には未防備な原発がずらりと建つ国です。
こんなに愚かなことはありません。

私自身が一番我慢ができないと思うのは、
身近な人が戦地に送られる恐れがあることよりも、
普通の日本人が他の国の誰かを兵士として殺めてしまうことです。
戦後これだけは、決して日本人がしてこないことでした。
それがどれほどの価値があったことか、
一度でも海外を(特にイスラム圏を)旅したことがある人なら
誰でも理解できると信じます。
彼らは日本人は素晴らしい、大好きだと言ってくれました。
なぜなら、戦後のなにもない状態から、
武器を売ることなく、誰かを殺すことなく、
電気製品など素晴らしい技術で復興してきたからだ、と。
人として一番大事なものを今、
まさに強奪されようとしているのだと感じるからです。
それに本屋さんで大量に見かけるいわゆるヘイト本ですが、
海外に一人で出かけてそういう本を見かけたり
そういう声を街頭で聞いたらどれほど恐しく感じるでしょうか。
単純で簡単なこういうことに思い当らない感性が恐しいです。

戦中戦後のことを知る人たちがどんどん去っていきます。
これから生きなければならない若い人たちのために
大人は義務を果たさなければならないと思います。
忙しいから、面倒だからと、決して自分の都合だけにかまけずに。

| | コメント (0)

待ちに待った日でしたが。

師走に入りまして、公私ともになぜかきちんと忙しくなり、
睡眠不足ぎみでなんとかやっております。
これまたきちんと冬らしく寒波もきてしまいました。
そんな中、待ちに待ったホビット最終章が
本日日本公開となりました!!

なのですが。
明日はおりしも衆議院選挙となってしまいまして、
おかげさまで睡眠不足にも拍車がかかり、
こちらでは書けませんでしたが、
たまにツイート巡りをしていろいろ残しておくのが精いっぱいでした。
昔は選挙民のことを考えて冬には選挙はしなかったとか。
今はというと、いかに選挙民に投票させないようにするかを
手を替え品を替え企まれているのではと
思えることばかり。
早々と寒波のニュースが駆け巡るところをみると
都議選を思い出し、含みを感じます。
特にこの一年、毎日のように非常識がまかりとおるわ、
悪だくみがあちこちで横行するわで
心休まる日がありませんでしたが、
この調子の政権に対してまたもや
一票を行使しない人が増えることで助長されることになったなら、
あと4年のフリーハンドを与えることになり、
さて、なにが起こるか。
それを報道機関と呼ばれる人たちはほとんど報道しません。
一年前もそうでした。
「ねじれ」を解消して、果たして何が行われたか。
口先だけのウソを放言するだけして、あとはやりたい放題。
(ゴリ押し後に「丁寧な説明をする」という台詞を数回聞きましたが、
その後に行われたところを見たことはありません。)
まさに枚挙にいとまがありませんが、
代表的なところで年金問題解決、TPP不参加、
フクイチ(東京オリンピック招致のウソ)、被災避難者放置、拉致解決等々。
海の内外で舌を何枚も使い分けて
海外では歴史修正(ねつ造)主義者として
外交による交渉力ゼロを通り越してマイナスになりました。
資源のない輸入大国にとって外交能力のなさは致命的です。
先の大戦後、先人がどれだけの努力を払って信頼を回復してきたか、
どれだけの貴重な財産を捨ててしまったのか、
もう表現する言葉が見つかりません。
徹底した憲法無視、人権無視、
武器と原発を売り歩き、こっそり戦争のできる国づくりをすすめ、
あのとんでもない改憲案(憲法などと呼べる代物ではありません)を
こっそり「公約」にしのばせています。
しきりとマスコミが一律して流している「与党圧倒的優勢」に
選挙に行ってもしょうがない、などといって棄権すると、
結果的に与党に賛成票を送ったことになります。
小選挙区制では恐ろしいことにそうなるようです。
前回の選挙で現政権は「圧勝」しましたが、
得票数は20パーセント台で、
実は合計すると野党得票数の方が多く、
それだけ大量の票が死票となってしまったわけです。
この制度もですが、
そもそも最高裁で違憲、または違憲状態と判決の出た今の国会で、
こんな無茶で卑怯な解散総選挙がまかりとおること自体が
かりにも民主国家としてはありえないことだと
そのあたりももっと怒るべきではないかと思います。
国民は馬鹿にされすぎています。

なかなか冷静になれない私ですが、
今回の選挙は、
このまま今の政権を承認してしまうと何が起こるかを
冷静に考えてみて欲しいと思います。
単純に、まずはっきりと明言されていることは
来年に、どんな経済状態であろうとも
必ず消費税が10パーセントにされてしまうこと。
公○○が言う軽減税率は8パーセントだという噂も。
(未確認ですが、これでは今回上がった税額のままで、
なんの解決にもなっていないと言えるのでは。)
消費税が8パーセントになっただけで内需が打撃を受け、
日本経済は大変な頭打ちになっていることが
あちこちで証明されています。
目先の株価での利益を考えるのなら
せめてそのくらいはおかしいと思っていただきたいと思います。

・・・長くなってきましたので、改めてもう少し続きますm(_ _)m。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »