« 映画の秋 その二。 | トップページ | 待ちに待った日でしたが。 »

2014年11月30日 (日)

ドラキュラZERO

しばらく出かけていた関係で、また留守をしてしまいましたm(_ _)m。
そのため今月はあまり映画に行けずじまいになっていますが、
取り急ぎホビット前に観ておこう、と
エヴァンスさんのドラキュラを先日観に行っておりました。
出かけたお話はまた改めて(書くだけ書いて放置状態・・・;;)。
インターステラーを観に行かなくてはと思いつつ、まだ行けておりません(TT)。
以下、ドラキュラZEROの一口感想です。
短いですが、特にネタばれに配慮しておりませんので、
万一未見の場合はご注意下さいm(_ _)m。

粗筋を聞く限りこれはB級?かしらとと思いつつ、
バルドの勇姿を見る前にと出掛けて参りました。
いや、コスチュームの映える方ですね(^^)。
ユニバーサルのイントロですでにヴァンヘルを想起。
途中展開で死者の道、ヘルム渓谷、
さらに、竜の血を飲んだバド(これは漫画← @王国の鍵)へ連想は飛び、
だがしかしゾンビ大戦争?のあたりはやはりヴァンヘルかと。
言葉の巻き舌具合も、やはり同じ地方だからして
ついついアナ(こちらの彼女も王女様でした)を想起。
ラストのつなぎは少し意外でしたが、伏線といえばそうかも。
過去も未来もストーカーがうっとうしかったです(^^;)。
結果とことん家族のために戦い抜いたお話。
国はほとんど仕切り直しくらいの人口しか残らなかったのでしょうか…。
ラストまでひたすらひたすら息子ラブ。
今一つ人の血を飲む前とあとの違いがわからないまま見ていましたが、
三日間だけの超人ですむなら放置しておけばよかったのに、
(←それではドラマになるまいと;;)
修道士はそこまで知らなかったのか、それでも許せなかったのか。
しかし、決死で籠った砦で仲間割れとは(だからドラマが以下略)。
悲劇で終わらないと収まらなかったのでしょうけど、
ラストのシーンは救済なのか、
またも何のゲームがはじまるのか。
ほぼエドガー状態だなあ(これも漫画・コメント不要)・・・とやはり思いました。
いろいろつっこみどころも既視感もありの楽しい時間でした(^^)。

指輪映画で勢いづいた映画館通いが
ヴァンヘル以降止まらなくなったわたくしですが、
当時こんなにもはまってしまった(そして今に至る)のは
やはり主役がヒューだったからだったんだなあと再認識いたしました。
エヴァンズさんも素敵でしたが、
どんなお話でも(B級だろうがそうでなかろうが←くどいですが、私はB級好き)
演じていたのが誰かということなんだなあと今さらにして。
映画そのものも期待以上に楽しめましたが、
しばし10年前の心持を思い出す時間になりました。
ああ、あれからもう10年も経ったんですねえ・・・。

|

« 映画の秋 その二。 | トップページ | 待ちに待った日でしたが。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画の秋 その二。 | トップページ | 待ちに待った日でしたが。 »