« 城崎着。 | トップページ | ジーザス観賞周辺 ~戦場のピアニスト »

2014年10月 5日 (日)

最後は駆け足で。

翌日は豊岡に戻って、
北近畿タンゴ鉄道で天橋立へ向かいました。
この日もおおむね快晴で暑いくらいでした。
いや、まっこと「夏休み」です・・・。

Photo_9
のんびりのんびり。

ほぼ前知識なしでしたので
すぐに観光案内所へ向かったのですが(今回はこればっかり;;)、
こちらでもポイントを押さえた手早い案内に感心しました。
全く知らなかったのですが、
「股のぞき」できる公園は
橋立の北と南の二か所があるんですね。
私は一番楽そうなコース(爆)の
「船往復とロープウェイ&ケーブルカーで傘松公園→
股のぞきポイントへ」にしましたが、
時間があれば自転車か歩きでもいいなあと思いました。

Photo_10

(↑)なぜか船乗り場に
宇宙戦艦ヤマト2199のポスターが貼ってあり、
一体これはなんだろうと思っていたのですが、
いざ乗ってみるとヤマトのテーマが賑やかにはじまり、
古代君(もちろん富山敬ではなく(古;;))の声でガイドが流れました。
この映画と観光船は提携しているということでした。
映画を見ればその謎が解けるかもしれませんが(^^;)。
お約束のカモメたちの追っかけもあり、楽しかったです。
(カモメがえびせんを好んでいることは知りませんでした。)

Photo_11
えびせんよこしー!

船を降りるといきなり神社の参道となり
(元伊勢籠神社(撮影禁止))、
神社を突っ切ってケーブルカー乗り場に行くという
大胆なルートに面食らいつつ、
ついついお参りをしてからケーブルカーに乗りました。
終点の公園では股のぞきポイントが沢山ありまして、
結構皆さんがトライしていました。
私も真似ごとをしてみましたが、
なんというか、すごーく空が広いので、
想像以上に壮観、でした。
映像ではなく、
自分の目で見てみないとわからない感覚はあるものです。
実際写真をひっくり返してみても、
この感じはわからないなと思いました。
旅はしてみるもの、です。
成相寺まで上がる時間はなかったので、
歩いて行けそうな真名井神社に立ち寄って戻りました。
曼珠沙華がそこここに見られ、たしかに秋の気配がありました。

Photo_12
高台に登ってみました。
Photo_14

まだ暑かったけれど、足元には秋が。いが栗もありました。

こちらでいただいたもので、
美味しかったのが「智恵の餅」。
ちょっと赤福に似ていますが、
お餅が至極柔らかく、豆らしさが強い餡で、満足でした♪
日持ちがしませんので現地に行かれたときには是非!
(今回は何かと食べてばかりでした;;。)

Photo_15

このあとははしだてに乗って京都に向かい、
まことに久しぶりに京都に泊まりました。
初めて京都に行った当時と
同じ車窓風景(山陰線)を見ていることに気がついて、
一気に思いが戻りました。
四捨五入すると30年前です・・・(←しなくていい;;)。
翌日には大阪に(舞台を見に)行きましたので
神社仏閣に寄る時間はなく、
夜はおばんざいを出してくれるお店を探して入り、
朝の街をぶらぶらと歩いてみただけですが、
歩くだけでも大変に楽しいものでした。
街中に泊まって周辺を歩いてみただけで、
至る所に面白いものが目につくわ、
人も車も多いわ、
よくこの狭い道に次々に車が通って行くものだと感心することしきり。
(↑これをおのぼりさんといいます。)
今も昔もここは都なんだなあと思うともなく感じました。
それに同じような観光客の方が実に多かったです。
人の多い季節の京都はとても足が向きませんが、
普通に暮らしてみると多分
とても面白い土地なんだろうなと思いました。
京都よりは奈良派の私でしたが、
ちょっと町を歩きに来てみたいなあと思うようになりました。

Photo_16
唯一寄った神社仏閣。鳩が心からくつろいでいました。

こんな具合で、
ただぶらぶらと過ごしておりましたが、
少しずつ肩の力が抜けていったようでした。
トシをとるにつれて旅の仕方も変わってきましたが
(無理無茶はできないので)、
これも悪くないかなと思うようになりました。
何日も時間を取ることができないときでも、
時々立ち止まって、
自分を取り戻す時間を持つようにしたいものだと
しみじみ思った休暇でありました。

|

« 城崎着。 | トップページ | ジーザス観賞周辺 ~戦場のピアニスト »

ちょっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城崎着。 | トップページ | ジーザス観賞周辺 ~戦場のピアニスト »