« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月19日 (金)

ミス・サイゴン 大阪千秋楽。

ようやく遅い夏休みとなりまして、
心身と目を休めようと完全に情報遮断をしておりました。
そのおしまいに、
大阪のミス・サイゴン千秋楽を観てまいりました。
最初は博多で観ようかと考えていたのですが、
滅多にないことに地元での舞台と重なってしまいまして、
今回は縁がなかったと諦めようかと思っていたところに
大阪のホールからのお知らせメールが届きまして、
えいやっとなし崩しに決めてしまいました(^^;)。

私は今回が初見でありまして、
お話のあらすじを聞いたことがあるくらいの知識で観ましたので、
お話の理解度はかなり怪しいものですが、
いろいろ込み入ったものがあるなあと感じました。
やはり舞台、お話の展開が早いわ、
たたみかけられるようにド迫力の歌がこれでもかと続き、
お話半ばあたりから繰り広げられるダンスの迫力は
お話の内容も相まって
畏怖の念を感じるくらいにすさまじいものでした
(四季ファンとしましてはアイーダと異国の丘を連想しましたが、
昭和三部作のうち他二作品を見ておりませんのでこういう結果に;;)。
そもそも戦争は「究極の人権侵害」ですが、
それぞれの立場で皆が巻き込まれて
散々な目に遭わされている中で、
(自国を滅茶苦茶にされるベトナムの人たちはもちろん、
無意味な戦いを強いられて精神を病むアメリカ兵や
その家族でさえもそうで
・・・そう思うとクリスのへたれっぷりも理解できるかも・・・?)
それらの最底辺で複合的に虐げられているのが
キムたちベトナムの女性であり母である人たちで、
息子を守る母であるゆえに最も強く、
そのために彼女自身の死という過酷な道を選ぶくだりは
わかっていても観ていてやりきれない怒りを感じてしまいました。
願わくば一人一人がクニなどのお題目に騙されないでほしい。
(独立を勝ち取った側の国でさえ、
結局自国の人間を踏みつける側に回ってしまう理不尽。)
仕方のないことだと流されて人殺しに加担しないでほしい。
かつてベトナム戦争で私たちはそれを学んだはずです。
そんなことを思いながら観ていました。
今を生きる人たちはそんなことを知っているのでしょうか。
人の人生の短さもまた思いました。
怠けずに、次の世代に伝えるとはなんと難しいことであることか。
今現在、イラクでもシリアでも、そのほかにもあちこちの国で
人の命が、心が、生きる権利が踏みつけにされています。
お芝居やいろいろな文化芸術娯楽を愛する人たちに
どうか流されることの恐しさを分かっていてほしいとも思いました。
時代の渦に巻き込まれていない時にのみ
私たちはこれらを楽しむことができるのですから。
それにつけても子役の子が可愛いのなんの。
アメリカに渡ってもこの子の人生は大変かもしれない。
誰よりもこの子を愛した母の記憶は
この子に残るんだろうかとふと思いました(TT)。

918

さて、キャストですが、
市村さん降板後に登場した筧さんがエンジニア、
キム役に昆さん、クリス役は原田さん、
ジョン役は上原さん、そしてエレン役に花代さんでした。
よっしゃあ!と観劇前にテンションが上がりましたよ~。
いや、素晴らしかったです。
筧さんはミュージカル俳優という印象が私にはなかったのですが、
舞台に一人で立ち、所狭しと駆け回るアメリカン・ドリームは圧巻でありました。
最後のご挨拶はもちろん筧さんで、
饒舌でおどけたお話ぶりはさすが舞台役者さんだなあと思いました。
一瞬で観客の耳目を惹きつけるこのしゃべりっぷりは、
所謂ミュージカル俳優さんではそうおられないような気が・・・。
キム役が昆さんでよかったー、とまず思いましたが、
いや凄かった、本当によかったです。
こちらの胸が「裂け」てしまいそうな歌でした。
上原さんはレミゼ舞台以来ですが、また聴けてとても嬉しかったです。
そして本当に久しぶりの花代さんの歌は貫録さえ感じました。
もうベテランさんなんですよね・・・。

そんなわけで、少し足を伸ばしてきました。
そのお話はまた改めて。

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

ありがとう。

9月に入ったばかりなのに、朝はすっかり涼しくなりました。
油断をするとまた雨、という気候で、
なんだかなあ・・・の日々であります。

さて、しばらくご無沙汰してしまいましたm(_ _)m。
先日、長年お世話になった映画館が
閉館(建物老朽化のため移転)になったため、
ラストショーに行ってきました。
せいぜい20数年(よく通ったのはここ数年)ほどの
まだまだ浅いファンでしたので、
正真正銘のラストには立会いませんでしたが
気持ちだけ参加してまいりました。
狭いロビーが人であふれかえっていて、
こんなにここに人が集まっているのを見るのは初めてでびっくり。
長年のファンと思しき人たちの会話が
そこかしこでかわされていました(濃かった・・・)。
そして観たのは初のロッキー・ホラー・ショー(^^;)。
一度観てみたいと思っていたのでこれ幸い、だったのですが、
どシロートが、こんな濃いシチュエーションで
参加していいものだろうかと秘かに心配していましたら、
思いのほか「お初」の方が多かったのでほっとしました;;。
そしてなんとというか、やはりというか、
数年ぶりの補助席でした。
(姉妹館のどこかで床に座布団で観たこともあります~。←これはつらかった。)
やや早目には行ったのですが、見通しが甘かった!
とにかく入れて良かったです;;。
気合いの入ったコスプレの方あり、
紙吹雪、ライスシャワー、クラッカーが惜しみなく雨あられと降り注ぎ、
火薬の匂いがたちこめてしばらく消えないくらいでした。
映画のシーンのそこここで
スタッフの方が踊るわ入るわ突っ込むわで「舞台化」し、
天井に付いているミラーボールも回っていました。
(このミラーボールがまわるところを過去に一度見たような気がしますが、
・・・いや気のせいか。)
もちろん観客も踊りましたが、床が抜けると困るのでジャンプのみ割愛。
雨もさすがに降ってはきませんでしたが
(そんなことをしたら何が起こるかわからない;;)、
雨避けの新聞紙は全員に配られました。
劇中唯一見たことのあるスーザン・サランドンが可愛いお嬢さんで、
皆さんいいお声でしたが、
いや~聞きしに勝るB級(←けなしているわけではなく、私はB級好きです~)
この映画は本当に
沢山の人に愛されているんだなあ~~と実感できる、
最初から最後まで大騒ぎの楽しい観劇観賞でした。
ペンライトのない人はケータイ画面で代用OKで、
映画館で大手を振ってケータイ解禁というのも楽しかったです。
祭りが終わり、紙吹雪の残る会場で
ラスト上映されたのが昭和残侠伝。
最後に健さんなのがこの映画館らしいところ(多分)。
部屋を出ると、ラストショーを見とどけにきたお客さんが
階段(←とんでもなく急)どころか、外にまで行列が続いていました。
以前某アニメ映画の上映のときに
階段の下まで行列ができているのを見て驚いたことがありますが、
それよりさらに長かったです。
このあとに閉館式がありまして、オリジナルフィルムが上演されたとか。
9月にオープンする新しい劇場に
ネオンサイン(かな?)を持って移動するスタッフさんに
ファンの方が同行して歩いていく姿が
ちょっとしたデモ隊?のようだったそうです。
到着後、新館前で看板の除幕式が行われたそうです。

いよいよ9月半ばにオープンになる新しい映画館は
姉妹館同様にレトロデザインにこだわったそうで、
なんと弁士台もあるとか。
(これまではただスクリーンの近くに
スタッフの方が立たれてお話されていました。)
楽しみといえばやはり大変楽しみです。
オープンする2スクリーンの片割れの座席は
前回閉館した館の赤シートが使われるそうで、
これはとてもとても嬉しいです!
もう1スクリーンの座席も
元の座席と同じサイズで作るとか(^^)。

やはり寂しいけれど、
ほんとうに長い間、ありがとうございました。
これからも応援しますよ~~!!

Photo_2
サロン2の天井絵の天使さんたち。
暗転するときに星空に変わる天井がとても好きでした。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »