« 遅まきながらですが・・・。 | トップページ | 一言感想 ・ ワンチャンス »

2014年5月15日 (木)

プリズナーズ

世間ではX-MENプレミア祭りの最中でありますが、
県外遠征してプリズナーズを観てまいりました。
今回やっとX-MENの予告を観ることもできまして、
私的に地味~に盛り上がってまいりました。
全く情報を入れていなかったので、
観た当初は何の映画の予告なのか「?」だったというありさまでした;;。
ここでロボットが出てくるとは思いませんでした(←原作知らずです^^;)。

さて、せっかく遠征したのだから心残りのないようにしようと
レイトショーとその翌日の二回、観てまいりました。
あまりサスペンスというジャンルが得意ではないので、
一回目は静かにじっくりと積みあがっていく状況の先の見えなさと
内容の重さも相まって、ややつらいものがありましたが、
二回目を観ると、あれもこれも伏線がはっきりと見えてきて
(特に最初に警察が某所を訪れたシーンで「!」と)
まったく違う角度から(種が割れた視点から)観ると
こういう風に見えるものなのか。
ひとつひとつの台詞の行き場所がきちんとあり、
ああ、こんなに緻密に計算されていたんだなあと。
別の意味で時間の経過が気にならないというか、
あっさりさくさくとお話が進んて行くように思えたのが不思議でした。
初めての道を歩く時に往路にくらべると
復路はあっという間に感じられるというのと同じようなものでしょうか(そうか?)。
というわけで、私的には二回観て大正解でした。
それでも見落としは沢山あると思うのですが
(少し疑問点は残りましたし)、
あれもこれも回収されているし、
このシーンは実はこんな意味があったのか、
良くできているなあと・・・。
一回目の観賞時点でも俳優さんたちは素晴らしいと感じましたが、
二回目観ても見慣れるどころかさらにウロコが落ちる思いでした。
話題のヒューの演技ですが、
「善人である」主人公を演じるのに彼を配したのは素晴らしかったと思います。
あんなこんな場面さえ目はやはり優しく、
彼の中に痛めつけられ
悲鳴を上げている良心があることが感じられました。
(パンフレットにある今祥枝さんのコメントが秀逸でした。
「どんな役を演じても彼からヒューマニティを奪うことはできない」のです。)
目を覆うようなシーンがいくつかありましたが、
人として取り返しのつかないような行動にまで堕ちても、
その怒りのある正しさもやはり伝わってきました。
時々ウルヴィーやバルジャンに重ならなかったというと
やや嘘になりそうですが、
これまでの出演作の中でも1、2を争うほどの素晴らしいものだったと思います。
苦しくなかったと言えば嘘になりますが、
足を延ばして観に来てよかったです。
そして俳優さんは一人としてはずれがなかったと思うのですが、
同じく評判の刑事役のジェイク・ギレンホールが大変素晴らしかったです。
二度目を観るとさらにくっきりと存在感が増して、
見とれてしまうくらいに良かったです。
実はあまり得意な俳優さんではなかったのですが、
完全に認識が変わりました。
今回公開館の数が少ないのは、
日本では受け入れられにくい作品と思われたのかなと・・・。
確かにそうかもしれないなとは思いますが、
凡百のサスペンスを観るよりもこれ一本を観てみてほしいと思う
ヒューマン・サスペンスでした(←サスペンスは苦手なんですが;;)。
これだけの公開で終わってしまうのは大変勿体ないです。
「うひゃあ」と思うシーンはもちろんいくつかありましたが、
ある意味で「思ったよりは酷いシーンがない」作品でした。
つらかったり怖かったりはしますが、
それは心理的な部分の比重の方が高いような気がしました。
だれもが辛い思いをするお話ではありますが、
機会がありましたらお勧めしたい良作でした。

最後に蛇足を少しだけ。
けなげに働く(乱暴ですが)有能な刑事さんがいながら
悉く一歩遅れて悲劇を回避できない展開に
やきもきはらはらいたしました。
(なんだか無能な上司他に足を引っ張られて振り回される某少佐のような。)
劇中のジングルベルの替え歌がちょっとツボにはまりました。
これも何かの伏線(違)?
そしていずれにしても備えは大事ということで・・・。

|

« 遅まきながらですが・・・。 | トップページ | 一言感想 ・ ワンチャンス »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遅まきながらですが・・・。 | トップページ | 一言感想 ・ ワンチャンス »