« あなたを抱きしめる日まで。 | トップページ | 春の嵐! »

2014年3月16日 (日)

ホビット二回目。

二回目のホビットに行ってまいりました。
落ち着いて観られたはずの二回目ですがまたも息つく余裕もなく、
それでいてジェットコースタームービーではない
すみずみまで凝りに凝った物語の面白く楽しいこと!
ああ、贅沢な時間だったなあ、と満足のため息をついて映画館を出ました。
元が比較的シンプルなお話なので、
指輪のようにあのエピソードがあったなかったええこれだけーー??と
忙しく脳内確認および補完する必要がないので、
ゆったりと膨らませたお話を楽しめるという利点が大きいようです。
(原作と比べてあれこれ指摘できるだけの記憶力がないのが
幸いしているともいいます;;。)
私はとても気に入っている破のパートです。
二つの塔の時はもうあれもこれも心配で仕方なかったですから・・・(^^;)。
以下、感想の書き散らしです。

いまさらですが、マーティン氏がいいです、めっちゃいいです。
奥行きがどこまでもありそうでとにかく上手い、ユーモラスで可愛くて、
誰もがビルボが大好きになります。本当に素敵な俳優さんです。
対する?スマウグがあんなに出張っているとは実は思っていませんでした。
いいなあこの対決。ワトソン君がどこまでも捕まらないのがいい(違)。
というか、どなたも不死身ですよね、今のところ。
ドワーフの皆さんの結束の固さ、不動のチームワーク、
すぐに大騒ぎを始めるのにトーリンの一喝ですぐに沈黙するのは
やはりリーダーの偉大さか。
トーリンの的確な人使いについ感心。
原作の印象よりもドワーフさんたちがずっとよいです。
映画の中であれだけ活躍させられれば当たり前かもしれませんが;;
一人ひとりのキャラが立っているのはさすがPJ。
バーリンもまた皆が好きになってしまうキャラではないでしょうか。
穏やかで暖かい目で、長いつらい時を一緒に生きてきたトーリンをずっと支え、
仲間たちを支え続けてきた人。
トーリンもまた原作ほどの痛さはなくなっていてほっとしましたが、
これからどんどん辛くなっていく方ですよね(TT)。
妙に目立つポジションのボンブールですが、
今回は(も?)大活躍。足がめっちゃ早いです、巨体なのに。
樽と一緒にはじけるシーンは
デルトロさんの趣味かしらとなぜか思ってしまいました(←何の根拠もなし)。
心配していた映画オリジナルキャラのタウリエルさんがいいです。
キーリとの絡みも嫌な感じがしません。
エルフに憧れる詩人の立ち位置であるサムのキャラを
ちょっとだけ思い起こしたり、
限りある命のものが永遠の命をもつエルフに関わるというところでは
少しだけベレンとルシエンを連想したりもしました。
(キーリはホビットでも人間でもないですが。)
中つ国のモチーフとしては根幹にあるテーマであるし、
そういう意味では違和感はないかもなあ、と個人的には感じた次第です。
(←思いこみともいいます。)
また、そういう意味では、第三部がどうなるのか心配ではあるのですが(TT)。

それにしても、スマウグはやはり大トカゲかな~~と思いつつ(すみません;;)、
もしやこの辺がモーションキャプチャーか?などと想像しつつ、
楽しく観てまいりました。
カンバーバッチさん、もうもの凄く楽しんでいるのではと思いましたです。
ガン爺と対峙するネクロマンサー(死人占い師と呼びたい)も相当に。
そして、やはり武闘派魔法使いのガン爺でありました。
怒涛のドワーフ総攻撃に続くスマウグの黄金に塗れた飛翔、
ラストのマーティンの幕切れも良かったです。
ああ、やはりこの第二作は、私はとても好きです。
つくづく大雑把な記憶力の持ち主で良かった・・・(^^;もうね)

|

« あなたを抱きしめる日まで。 | トップページ | 春の嵐! »

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたを抱きしめる日まで。 | トップページ | 春の嵐! »