« 東の地は大雪です・・・。 | トップページ | もうすぐビルボたちに再会できます~♪ »

2014年2月23日 (日)

大統領の執事の涙

先週後半は某元総理・東京五輪トップ氏の発言で
あっちこっちが大騒ぎになっていましたが、
事が終わってみると、
わずか一晩で、己の不安からもメダルの呪縛からも解き放たれて
まさに歴史に残る快挙を成し遂げた浅田選手の凄さに
安堵するやら泣かされるやらでした。
思い返すにありえないほどドラマティックでありましたが、
今回努力の末にメダルを獲得したであろう方々の印象が
私の脳裏には全くといっていいほど残りませんでした。
それどころか、彼女の演技はきっとこれからも忘れないでしょう。
これが「伝説となる瞬間」なんだろうなあと思いました。
どなたかが書いておられましてなるほどと思ったのですが、
伝説は作るものではなく、生まれるものなのですね。
元々オリンピックそのものに殆ど関心のない私ですが、
今回ほどメダルや順位に
かけらも意味を感じなかった件は初めてでありました。
日本に限らず、世界の沢山の方が
そう感じられたのではないかと思います。
TVをみていると
やたらと「日本人が皆応援した」というコメントを聞きましたが、
世界中から沢山の応援の声があったことが
何よりも本当に素晴らしいことだと思いました。
こんな奇跡が起こせるのなら
オリンピックは素晴らしいものであるし、
そうあってほしいものだと願います。
国単位のメダル「争い」ではなく、異なる国々の心をつなぐ祭典として。
今回で引退を表明されている方が多く、
一気に世代公開が進みそうですが、
真央ちゃんをはじめ、
皆さまいずれもご自分の力を出し切って、
笑顔でおられる様子が印象的であり、嬉しくも感じました。
本当に長い間、お疲れ様でした。
そしてただの観客の私にさえもこんな奇跡のような時間を下さって、
本当にありがとうございました。
キム・ヨナさんにも心からお疲れ様でしたと言いたくなりました。
ずっと国の圧力を背負い続けてきて大変だったのでは。
高橋選手の演技はまたどこかで観たいなあと
個人的には思ってしまいます・・・(^^;)。

余韻さめやらずラフマニノフがぐるぐると耳の奥で鳴っている状態で
今日は映画館に行ってまいりました。
(土曜は満席で観られず、改めて翌日出直しました(^^;)。)
観たかった『大統領の執事の涙』、
上映時間が結構長いんだなと当初は思っていたのですが、
どうして最後まで惹きつけられっぱなしでした。
観ていて辛いことの連続ではありましたが、
これは必見だなと思いました。
長い長い時間をかけて世の中は少しずつ変わっていきます。
人の人生の長さを考えると気が遠くなる「歴史」の過程の長さ。
一人の人生は短いし、命は軽く吹き飛ばされていってしまうのに、
それでも人は歩みをやめない。
生きることをやめるわけにはいかない。
相手の誰か一人と知り合うことで、
深く付き合っていくことで、
偏見や差別の心は少しずつ、本当に少しずつ融けていく。
少しずつ、一人の心の変化から動き始める。
それが最良で、唯一の方法かもしれないと思いました。

セシル少年は黒人差別の激しかった南部で生まれ、
ある事件で父を殺され、
努力と運とでホワイトハウスの「執事」の一人となります。
アイゼンハワーの時代からオバマ大統領の誕生まで
アメリカの歴史、黒人開放運動等々が
彼と家族の物語とともに語られていきます。
アメリカ合衆国のいわばダークな部分を描いたものではありますが、
普通の人たちが人間らしく生きる権利を主張して手にしていった物語で、
決して人ごとではなく、
むしろ今の私たちが観るべき作品ではないだろうかと感じました。
最後のオバマ大統領のスピーチが
改めて意味をもったものとして心に響いてきます。
是非、沢山の方に観ていただきたいと感じました。

俳優さんたちですが、
主演のフォレスト・ウィテカーはご存じアカデミー俳優でいらっしゃいます。
そして、あれっと思ったのが、
奥様の役にオプラ・ウィンフリーさん。
ケネディ大統領役にマースデン氏。
ジョンソン大統領役にリーエフさん。
さらには、ニクソン大統領役にジョン・キューザックさん。
アイゼンハワーはロビン・ウィリアムスさん。
そしてレーガン役にアラン・リックマン氏!
すごくないですか、この配役は!
(↑何を今更と言われそうですが、全く予備知識なしで観ていました;;。)
もっとも映画を観ている間は、
えーと、この人誰だったかなあ~と思っているくらいで、
あとで、あれーーー!と慌てている体たらくではあったのですが(_ _;)。
これだけでも前もって聞いていれば
観なくては!と思うキャストだと(私はですが)思います。
そのほかの方々もとても良かったです。

世間ではヘイトスピーチだのという言葉を聞くようになりましたが、
自分の分かる言葉の中に閉じこもらず、
広く人とふれあうことがいかに大事なことか。
それはまた、結局自分自身をも開放してくれることであるはずです。
そんなことも感じさせてくれる作品でした。

|

« 東の地は大雪です・・・。 | トップページ | もうすぐビルボたちに再会できます~♪ »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東の地は大雪です・・・。 | トップページ | もうすぐビルボたちに再会できます~♪ »