« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | ゴールデン・グローブ賞発表。 »

2014年1月 2日 (木)

2013年に観た映画。

本当に暖かい、いいお正月になっております。
今日は神社にお参りに行き、
お墓参りにも行ってまいりました。
瀬戸内の海がキレイでした(^^)。
冬の陽は本当に景色を美しくしてくれます。

さて、昨年映画館で観た映画の総括のようなことを
今年もしてみたいと思います。
のべ55本、うちリピートが19回(前年からのものを含めて・・・^^;)。
さらに旧作(未見のものもあり)が6本ありました。
ので、新作は30本ほどでした。

以下、新作で心に残ったものを挙げてみます。

アルゴ    緊迫感半端なし。一度は観ておきたい作品

ムーンライズ・キングダム  
         独特の世界観が私にはよかったです。奇妙だけれど美しい世界。

ジーザス・クライスト=スーパースター アリーナツアー2012
         最初から最後まで全身全霊をもっていかれました。
         何度でも観たい。できれば映画館で。

図書館戦争  ある意味今年一番かも。リピートしました。

きっと、うまく、いく  
        徹底した人生肯定の力技に脱帽でした。元気が出ます!

舟を編む   しみじみと良かったです。

風立ちぬ   言葉にするのが難しいですが、心がざわざわした作品。

少年H    期待値よりはるかに良かったです。これはできるだけ観てほしい!

トランス    これも一度は観たい作品。でも一度でいいです(^^;)。

マッキー   インド映画二つ目。そこまでやるかという徹底ぶりに脱帽 
        (こればっかり?)

アンナ・ハーレント
         観るべき作品。こんなに「強い」人がいるのかと涙。
         心が痛みが伝わってきた作品。

いつもの通り、激しく偏っております。
そして、観た時は良かったなあと思ったものも
結構忘れてしまうものだと・・・(爆)。
そして、同じくヒュー作品は別格につき、
ここには入れておりませんが、
ウルヴァリン:SAMURAIはもちろんリピートいたしました(^^)。

初見の旧作についても少し。

天のしずく  静かに泣けたのは多分私一人では(^^;)
        多分そういう作品ではないのではと。
        ほぼドキュメンタリー、心に沁みました。

ウォーター・ボーイズ  
        久しぶりに心洗われる思いでした。
        いいなあ青春映画!(ですよね?)

アメリ     こんなお話だったのか~と思いつつ観賞。
        最後は応援していました。これも青春映画か??
        しかして、単純ではない人間模様を楽しめました。

そしていうまでもなく、
通い倒したうえに、
結局舞台まで観てしまったのがレ・ミゼラブルでした。
最後の14回目はIMAXで。
舞台は福岡と大阪で結局3回観ました。
頭の中で民衆の歌が流れ続けた1年でした。
年の終わりは大好きなオペラ座の怪人で締めることができました。

寂しいこともありましたが、
またいつかどこかで会える日を願いつつ、
今年もまた素晴らしい作品に出会えますように。

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | ゴールデン・グローブ賞発表。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | ゴールデン・グローブ賞発表。 »