« 観光列車三本立て。 | トップページ | 指宿滞在。 »

2013年11月24日 (日)

最南端の駅へ。

長くなってしまいましたので、やや駆け足でまいります。

翌日が今回のハイライト(こればっかり;;)の指宿行きでした。
五つ目の観光列車のいぶたま(指宿のたまて箱)に乗ってもらい、
砂湯に是非挑戦させたい、という私の希望でした。
ミッションはまあまあ成功、でした(^^)。

前回訪れた際に写真は載せましたのでやや省きますが、
63380253
指宿着。煙を吹いてます~。

今回はいぶたまで指宿に向かい、
さらに枕崎線で西大山まで行って、そこからタクシーを呼んでもらうという、
やや行き当たりばったりな計画でした。
せっかくなのでJRで最南端の駅まで行きたいと思い、
指宿駅から回る観光タクシーを利用しなかったのですが、
あとから思うと、
指宿~西大山間不利用で西大山駅から拾ってもらえないか
まず交渉した方が良かったかなあと思いました。
(あとで乗った観光タクシーの案内が大変プロフェッショナルだったため。)
さらには結局その方が安かった気がします。
一人ならそもそもバス移動にしますので
こういう悩みは生じないのですが、
年配者連れの時は気遣いしすぎるくらいの方がよかったかと
やや反省いたしました。

63380261
楽しげな鉄道ファンたちと開聞岳。

この日も開聞岳はよく見えましたので安心していたのですが、
長崎鼻で海から立ちあがる開聞岳を見るつもりが
ここだけが大雨となり、なんと姿が(雨で)消えてしまいました。
こんなことがあるんだ~~~(と感心している場合では)。
そういえば、行きのいぶたまからも桜島が見えず、
見えないことがあるのか!と驚いたところでした。
(ちなみに雨女は私ではありません、念のため。)
タクシーの運ちゃんのお友達のお店で傘を借りたこともあり、
昨年会ったおばあちゃんのところには行けずじまいでした(TT)。
それだけがとても残念。
ほとんど観光客がいなかったのでかなりのお店が閉めてはいたのですけどね。
猫たちも寒そうに、車の下に隠れていました。

ちなみに西大山駅近くにある案内所を訪ねると
食堂や産直のお店など簡素ながら気持ちのいい施設ができていました。
お近くに寄られたときには是非。

|

« 観光列車三本立て。 | トップページ | 指宿滞在。 »

旅行話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観光列車三本立て。 | トップページ | 指宿滞在。 »