« 大雨週間・・・。 | トップページ | 今更ながら「拡散希望」(大至急)。 »

2013年9月 8日 (日)

そろそろ秋風が。

今朝は新聞の一面を見てくらくらしながら出かけました。
職場の人と(日曜ですが)けらけらと話をして少し元気を回復。
笑うって大事ですねえ。
戦時中でも人は生きぬいてきたんだからなあ(限りなく後ろ向き;;)。
もっとも核が大量に存在する今は、
うっかりそれを使えば間違いなく世界は滅びますが。
(↑ヒロシマの主張は突き詰めてこれに尽きると個人的には思っております)
ああ放射能除去装置が欲しい。ハーロックも観に行かなければ。
ところで、ロボット操作による復興作業は無理なんですね。
半導体は放射能に滅法弱いそうです。知りませんでした;;。
それにしても
(以下少々毒が入ります)、



五輪招致の首相のプレゼンによりますと、
福島原発の「状況は完全にコントロールされている」
「汚染水による影響は
福島第一原発の港湾内0.3平方キロメートルの範囲内に
完全にブロックされています」とは完全に初耳でした。
国民の誰もが知らなかったでしょう。
そんなはずはありませんから。
(ちなみに港湾内の水は、
1時間で40%入れ替わると言われているそうです。)
さらには
「健康問題は、現在も将来も全く問題ないと約束する」とも。

二年半経った今も帰宅できず避難している人たちは?
甲状腺がんが判明した子供たちは?
計測されている東日本の放射能の線量は?
太平洋の魚の汚染は?


約束どおり、あと7年の間にきっちり収束させて、
避難生活を強いられている方のことも
一刻も早く解決していただきたいものです。
もう一切のごまかしは許されません。
子供じみた言い逃げも効きません。
相手は世界ですから。





(終了m(_ _)m)


さて、今週話題になったあたりを少し置いていきたいと思います。
6日の金曜ロードショーは豚となりまして、
せめて13日にと思ったのですが、
この日にはそもそも放映がないんですね。
公開日前にどこかでウルヴァリンを放映して欲しかったです(無理ですか)。
・・・と言いつつも、
サムライの予告が出るだけで嬉しいんですから私(_ _;)。
気持ちを切り替えて、
20日にTVでウルヴァリンを見て、
ようし、サムライ観に行くかと思う方が増えるかも、と
思うことにしたいと思います;;。
先日のブランチでやっとヒューのインタビューを見ましたが、
やや短かったなあと・・・(TT)。
(ブランチでの彼のインタビューは
これが初めてかなと思ったのですが、どうでしたっけ。)
宮崎監督関連の時間が長かったからなのでしょうか。
ここまで時間を取るなら、
いっそきっちり時間を取って、
宮崎監督のコメントをノーカットで流して欲しかったです。
(↓こちらで観られるそうです。)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/100351

オリンピックの東京招致が決まって、
ヒューがおめでとうツイートをしてくれていました。
https://twitter.com/RealHughJackman/status/376450637610749952
Congrats Tokyo and all of Japan. See you in 20/20.
どうも有難うございます~。
素直に喜べないのがとても悲しいのですが(TT)。
ツイッターからいただいてきた素敵写真を
一枚置いていきます(^^)。
http://www.justjared.com/2013/09/05/hugh-jackman-covers-town-country-october-2013/

Hughjackmancoverstowncountryoctober
天使を通り越してもはや慈愛の微笑み。

日本を好きだと言ってくれる大天使様(誰?)に恥じないように、
せめてまっとうな日本人でありたいと思います。

おしまいに、おや、と思った記事を一つ。
日本では来年公開のホビット第二部ですが、
邦題が確定したようです。
というか、確定ではなかったんですね、「スマウグの荒らし場」は。
(まあ、直訳でしたから・・・。)
公開日も僅かながら前倒しになったようです。
http://www.cinematoday.jp/page/N0056188
以下、貼りつけてみます。

当初予定されていた第2部のタイトルは『ホビット スマウグの荒らし場』で、原題『The Hobbit: The Desolation of Smaug』を日本語に訳したもの。原作「ホビットの冒険」ファンにはなじみ深いフレーズだったが、配給のワーナー・ブラザースはそれ以外の人々にも作品に興味を持ってもらいたいという思いから、ピーター・ジャクソン監督とも話し合った上で邦題を『ホビット 竜に奪われた王国』に変更したという。
『ホビット 竜に奪われた王国』は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にした『ホビット』3部作の第2弾。マーティン・フリーマンふんする主人公ビルボが、ベネディクト・カンバーバッチ演じる邪竜スマウグに奪われたドワーフの王国を取り戻すべく冒険を繰り広げるさまを描く。その他の出演者は、オーランド・ブルーム(レゴラス)、リー・ペイス(エルフの王スランドゥイル)、エヴァンジェリン・リリー(エルフ族のタウリエル)、ルーク・エヴァンス(弓の名手バルド)など。(編集部・市川遥)
映画『ホビット 竜に奪われた王国』は2014年2月28日より新宿ピカデリーほかにて全国公開

分かりやすくなったようにも思いますし、
きちんと話し合って決めたというので、良かったのではと思います。

|

« 大雨週間・・・。 | トップページ | 今更ながら「拡散希望」(大至急)。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雨週間・・・。 | トップページ | 今更ながら「拡散希望」(大至急)。 »