« 瀬戸内ご近所紀行。 | トップページ | 'Prisoners'欧州プレミア。 »

2013年9月29日 (日)

ハーロック&ウルヴァリンはしご鑑賞。

この週末にようやっとハーロックとウルヴィー(二回目)を観に行きました。
都合で二本をはしごしてみたので、さすがにちょっと疲れました;;。

ジブリ以外の日本アニメを見るのは
何十年ぶりだろう・・・と思うくらいに記憶が遠いのですが、
不意にポーラーエクスプレスを思い出したのは御愛嬌(古;;)。
ここまでリアルに人間を描くなら
いっそ実写にすればいいのに、と思った私は
やはりアニメから離れて久しいんだなと自覚した次第です。
(ゲームは全くやりませんできません(^^;)。)
我が家にはたまたま熱狂的松本ファンがいたもので、
ハーロックほか関連アニメは(原作も)
リアルタイムでほとんど観ていましたので、
わー、ハーロックがミーメがヤッタランが
そしてトリさんがこんなことに~~(←主に絵の問題です)と
心の中で叫んでいたわけなのですが、
うーん、どんな話だったかなあ~、
こういう設定だったかなあ~、と思いつつ観ていたのも事実でした(^^;)。
劇場版ですから全く関係ないお話だろうと思っておりましたし、
エメラルダスもまゆちゃんも出てこないし。
もともと取り留めのないところがあるお話なので、
映画のお話としてはまとまっているし、
映像を観るだけでも、観る人にとっては充分なのかもと思いました。
なしくずし勢いとも力技ともいえるラストは松本作品らしいか??
細部を緻密に組み立てたSFというよりは
妄想力が一番という方だと思っていますので。
←以前ご本人も同じようなことを書いておられました。)
一見の価値はありましたが、
予備知識のない若い方はどんなふうに観られたのでしょうか。
最後に声優さんたちですが、全く違和感はなかったです。
ハーロックが小栗くんというのを見て
ああ、そういえばそうだっけ、と思ったくらいで(酷)。
ヤッタランが上手いなあと思っていたら、古田新太さんでした。
トリさんが福田彩乃さんというのにうなりました。本当に器用な方です(^^)。

続いてウルヴィーの二回目です。
今日は細部まで観るぞ、と気合いを入れて、
よく見えるように調整しなおしたメガネで臨んだのですが、
気が付いてみると、今日は最初のフォックスのロゴが
そもそも出てこなかったような気が。
(富士山の有無を見るつもりだったんですが・・・。)
精いっぱい目を凝らしてみましたが、
まりちゃんも他の話題のキャストさんも発見できませんでした。
ただ、ここは大三島なのかなあ~とか
(←別件で訪れたことがあるので)、
新幹線のシーンが確かに楽しそう?だとか、
忍者の動きがカリオストロの蜘蛛軍団みたいだなとか、
最初の剣道の稽古のシーンで、当初はなんで飛ぶの?と突っ込んでしまったのですが、
戦いのシーンがどれもダンスのような要素が入っているんだな、とか、
いろいろ楽しみつつ観させていただきました。
最後の御大のお二人が予告を置いていくシーンで締められるので、
今回のお話は本当に「ウルヴァリンの物語」だったんだなあと、
改めて思いました。
(本編シリーズから考えると、今回の舞台は極めてプライベートですし。)
アクションと殺陣については本当に見どころがありますし、
なんといっても、どこを切ってもヒューがカッコいい(というかキレイ)!
合わせて日本人としては
抵抗が否めないところがあるけれども(あれこかこれとかそれとか)、
翻って考えれば見どころ満載ともいえる作品だと思います。
トンデモ部分もありましたけど、
きちんと現代日本とそうでない日本(外国から見た幻想?)が融合し、
どちらもちゃんと「日本」でしたから。
←他のアジアのどこでもありませんでした。結構凄いことかもしれません。
若干観る人を選ぶ映画かもしれませんが、
日本人ならある意味確実に楽しめる映画ではと思います。
そしていうまでもありませんが、
ヒューファンなら必見、です。

とはいえ、上映回数が減っているのが心配なのでした(TT)。
あと一回は行かなくては・・・。

|

« 瀬戸内ご近所紀行。 | トップページ | 'Prisoners'欧州プレミア。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸内ご近所紀行。 | トップページ | 'Prisoners'欧州プレミア。 »