« 大阪遠征。 | トップページ | 近畿をうろうろ。 »

2013年9月19日 (木)

ウルヴァリン:SAMURAI

旅の話の途中ですが、
ウルヴァリン・サムライを観てまいりましたので
最初の印象など置いていきたいと思いますm(_ _)m。

えー、トンデモ要素は覚悟していたからか、ほとんど気になりませんでした。
エンドロールの後に何かある、と聞いていたのですが、
何かあるどころの騒ぎではなかったです。
ある意味、これが一番豪華なシーンではなかったかと思うくらい。
(以下ちょっと推測入りの白文字です。以下、たまに白が入ります。)



ただ、Days of Future Pastにつながらない限り、
この続きがあるとしても
ヒューのウルヴァリンでは観られないのかもしれないかも、
と思いつつ見ておりました。
香取くんに次代を継がせたのかどうかはさておいて、
そろそろ無茶はこの辺でやめていただきたいなあと
ファンとしても思うところで、
正直ほっとした気持ちもあります。

追記・SCREEN11月号によると、どうも繋がっているようです♪
楽しみが増えました!



アクションシーンはどれも美しく、
この目がちらつくようなド迫力は(褒めてます)感じは
どこかで観たなあ、と思ったのですが、
3時10分・・・もこんな感じだったかなあと(同じ監督さんですので)。
といいつつ、ノーランさんのアクションシーンも相当に目疲れものだったので、
私の感覚はほぼ当てにはなりません(^^;)。
なんといっても、リラさんがとってもチャーミングでした。
アクションもキレイでしたが、きりっとした表情から涙もろい感じまで、
とてもキュートで、あちこちでツボにはまりました。
総じて女性陣がさすがに皆さん素晴らしく姿が美しかったです。
怖いものなしのヴァイパーもそれにひるまないマリコさんもキレイでした。
ジーンの登場はそういうことなのか、と思いましたが、
常に下着姿なのはちょっと勘弁していただきたかったかも。

一方下着姿どころではないウルヴィーは、
あんなことまでされてるよ~~と叫びそうになったくらいいろいろやられてました(_ _;)。
あっちでもこっちでもよく雨に降られて濡れ鼠にされていましたし(TT)。
とはいえ、いい表情やアクションをきっちり撮ってくださっていました。
監督さんありがとう~!!スーツ姿も素敵でした。
いつになく優しい目になっていくウルヴィーは
たまにバルジャンにも重なりました。
(表情は全然違いますけれど。)
この方のファンになってそれなりに年月が経ちましたが、
年をとるほどにどんどん魅力的になっていく人だなあと思います。ホントに。
そして真田さんとのシーンですが、
前評判どおり、とてもよかったです。もう本当に美しいというしかなく。
シンゲンの本人のキャラは正直なところよく掴めませんでしたが、
真田さんの出るところは重量感があり、ぐんと場面が落ち着くような感じがしました。

お話のエピソードは、多分に原作から来ているものが大きいのだと思いますが
(私は原作未読です。映画館においてあったような気がします・・・)、
ある意味昔の日本アニメを思いださせるようなところもあり、
最後のあるものの登場に、これですか、と思ってしまいました
(リアル・スティールか・・・いや違う;;)。
ローグがいたら一発解決、とか突っ込んではいかんいかんm(_ _;)m。

今一つお話の整合性が頭のなかでまだつながらないのですが、
大筋はまあいいかな~と自分の中で納得いたしました(^^;)。
気になったのは最初の長崎の描写と
(広島への原爆投下は完全に不意打ちだったわけですが、
長崎はどうだったっけと考えてしまい)、

ハラダ役のウィル・ユン・リーさんのアクションはとてもよかったのですが、
日本語の台詞はできれば勘弁していただきたかったです。
とても頑張られていたと思うのですけれど、
やはり気になるのですよ、日本人は(TT)。

日本語タイトルのサムライの意味は、
お話を観終わってなるほど、と腑におちたように思いました。
原作とは(多分)違うラストにほっとしました。良かった良かった。

これから彼はどこに行くのか、どう生きるのか。
やはり気になるところです

以下、ほぼつぶやきです。
最初のファンファーレのところで富士山を見つけられなかったのですが、
気のせいなのかどうなのか(多分前者)。
さらには、麻里ちゃんの登場シーンをすっかり忘れていました!
また次回にトライしたいと思います。
そして、もうひとつ蛇足。
本日は109シネマズのレディースデイで観たのですが、
映画館にポップの類が全然ないのはどうなの~と少々不安が。
女性には題材から避けられたのか、ATA○Uに負けてましたよ~。
(いや張り合うところではないですが。)
確かにアクションてんこもりで痛そうなところも多いですが、
日本でもなんとかヒットして欲しいと真剣に願っております。

そういうわけで、また通う予定です~(^^)。
見損ねたところが多分沢山あるはずです;;。

|

« 大阪遠征。 | トップページ | 近畿をうろうろ。 »

X-Men Origins: Wolverine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪遠征。 | トップページ | 近畿をうろうろ。 »