« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月19日 (日)

きっと、うまくいく

インド映画4本立て一挙公開!の第一弾が
こちらでもはじまりました。
昨年観た某ロボットが個人的に合わなかったので(TT)、
懐かしのシャー・ルク・カーンの一本だけ観てみようかなと思いつつ、
ブランチでの紹介がいかにも良かったので
(某俳優、某監督のお勧めだからというわけでは;;)
えいやっと観に行ってみました。
劇場はなんと満席、
そして作品は、
想像をはるかに超えて、素晴らしかったです。
従来のベタで笑えてとにかく押し切る迫力、という印象
(←すみません個人的にこういうもので;;)とは程遠い、
笑えて泣けてまた笑えて、
生きているって素晴らしい!とつい口走ってしまいたくなるくらい、
いやそんな甘っちょろい言葉にするのもおこがましいけれど、
まっすぐに正直に陽気にそして逞しく生きる姿勢が素直に胸を打ち、
爽やかで幸せな気分になれる映画でした。
インターバルの文字を挟んだ3時間の長丁場でしたが
長い旅であり、幸せな時間でした。
観ている人たちが泣いて笑っているのがよくわかりました。
人をしっかり描けている王道のコメディで、
長めの歌と踊りのシーンは最小限かなという印象で
中だるみ感は全くありませんでした。
絶妙のさじ加減でこれでもか、と
喜劇と悲劇が怒涛のごとくたたみかけるように現れては消え、
ラストのお約束ともいえる小気味よさも
圧倒的なロケーションの美しさもとても印象的でした。
機会があればリピートしたいくらい、元気の出る映画です。
主演のアーミル・カーンが
ちょっとイライジャに似た感じの爽やかな方で、
それぞれの大家族をしょった主人公の苦悩というものはなく
(別の意味で伏線になっていますが)、
むしろ核家族を思わせるそれぞれの家庭の事情、
社会が抱えている問題の一端をちらりと垣間見せながら、
まとまりよく伏線を全て片付けてしまう小気味よさがありまして、
世界で大ヒットしているというのがうなずけました。
機会があれば是非、お勧めしたい一本です。
ここしばらく、賛辞する機会に恵まれていますが、
この作品は私的には大ヒットでした。
コメディ好きの方は是非!


ラストシーンの湖と空があまりにも美しくて、
思わず調べてみましたら、
こちらの湖のようでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%B3%E6%B9%96
とてもこの世のものとは思えません。
このシーンだけでも観る価値がありました。

Pangong_tso_wide

そして以下は蛇足でスルー推奨です。ご了承くださいませm(_ _)m。

主役の彼について検索してみて、
生年月日を見てひっくり返ってしまいました。
ほとんどどんぴしゃの同級生・・・(_ _;)。
40歳くらいのときの作品らしいのですが、
TVでインドの方がされていた顔ヨガで年をとらないというお話を
つい思い出してしまいました。
若すぎるでしょ、いくらなんでも(すみません)。
そういうところもイライジャっぽいかも(あくまで主観・・・^^;)。

| | コメント (0)

最近の噂など。

細々とヒュー関連情報を追っかけてはいるのですが、
GWの頃から流し続けておりました、多分m(_ _)m。
あまり拾えているとは思えませんが、
ツイッターの記事からまとめてみます。

Days Of Future Pastの撮影で
新旧Xメンバーが集結したというニュースの後に、
同じくモントリオールでsamuraiの追加撮影が行われ、
ここにパトリック・スチュワート氏が参加したとか。
マンゴールド監督のツイッターから
真田さんとのツーショット写真も出てきていました。

(ボディラインが少々不自然な気がするのは気のせいでしょうか^^;。)

そのほかに気になったニュースはこちら。

https://twitter.com/oscarnoyukueから
「アベンジャーズ2」でシアーシャ・ローナンがスカーレット・ウィッチを演じるという噂。原作によるとスカーレット・ウィッチはマグニートー(Xメン)の実の娘で、現実改変能力(=魔法)を使いこなすようだ。

もうひとつ、同じところから。
クリストファー・ノーラン監督新作「Intersteller」にマイケル・ケインの出演が決定。「バットマン ビギンズ」以来、6作連続のコンビとなる。「ダークナイト ライジング」でしみじみと思ったが、ノーランは本当にケインが大好き。

私もこのコンビ(というかチーム)がとても好きです。楽しみ♪

最後に、うろうろしていて見かけたフランス版のポスターなど置いてみます。
ソースはこちら(↓)。
http://english.ohmygore.com/media-the-wolverine-french-poster-and-new-trailer-news-uk-9337.html
こちらも公開は7月下旬ということです。やや裏山。

Photo

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

マリーゴールド・ホテルで会いましょう。

日差しは強くなりましたが、爽やかな晴天となりました(^^)。
気持ちのいい季節は短いので
しっかり満喫しておきたいなと思います。
着るものがないのに往生してはおりますが朝夕が寒くて・・・。

この週末には楽しみにしていた
マリーゴールド・ホテルを観てまいりました。
見事なまでの老人パワーさく裂映画で、
いい若いもん(そんなに若くもなくてもまだリタイア前なら)が
未来を見限るなんて百年早いわ青二才!と
張り飛ばすような勢いのある作品でした。
(←あくまで主観。)
ジュデイさまがとても可憐かつデキる女性で(重ねた年輪は伊達じゃない)、
ビル・ナイ氏がそれはダンディでした。
タコ船長と同一人物とはとても思えず(蛇足で失礼;;)。
それぞれの事情でインドの「リゾート」ホテルにやってきた高齢者たちが
人生のゴールを見据えながら
新たな自分の人生を見つけまたは歩みだすお話で、
快哉を叫びたくなったマギー・スミス女史(とお呼びしたい)を筆頭に
トム・ウィルキンソン氏もほかの皆さんも
とてもとても良かったです。
最後のどんでん返しにはええ、そうくるの!と思いましたが、
彼女は彼女で女を上げたなと思えるラストでした。
お~いと突っ込みたくなるホテルオーナー君のくだりも
(彼はミリオネアに出ていた人ですよね)
ひとまずはハッピーエンドで一安心。
背景で置物のように見えていた(としか言いようが)老人が
いきなり話し出した時にはちょっと驚きました;;。
まだまだ人生捨てちゃだめだよ、と
力をもらえる映画、かもしれません。

そして横目で見つつ流していた
ウルヴァリンほか情報についても
ぼちぼち覚えを置いていきたいと思っております・・・m(_ _)m。

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

一言感想・続き。

では、一言感想をさくさくいってみます。

二本目、アンナ・カレーニナ(原作未読)。
舞台風の不思議な演出。
豪奢な衣装や舞台装置、全てがゴージャス!
お話としては、
あのお兄ちゃんさえいなければと思うところでしたが(身も蓋もない;)、
この人が一番陽気で幸せそうだったのはどうなのと(何故そこに;;)。
当時のロシアの描写がそこここに映されているように思いました。
キーラさんは文句なくただ美しかったですが、
夫役のジュード・ロウがとても良かったです。
妻に捨てられるほどのことをしたとは思えなかったんですけど、
相手の若い将校の方に全く肩入れができませんでした。
彼も悪人ではなかったんですけどね。
(←ただのおじさん好みかもしれない。(_ _;;))

三本目、天使の分け前。
スコットランドで貧困から抜け出せず、
社会の底辺で犯罪から足を洗い切れない仲間たちの
ちょっと出来すぎのような、
でもちょっといい話(かもしれない)。
被害は表に出ないとはいえ、犯罪は犯罪なんですが、
観終わってすっきりした感じの残るいいかもしれない、お話。
天使の分け前というのは、
ウイスキーを醸造する時に2パーセントほど抜けるものを
指しているとのことです。
最後のシーンについ突っ込みを入れてしまいますが、
やったな!と合いの手を入れたくなる快さもありました。
なんとケン・ローチのハートフル・コメディ。
(事前に情報を仕入れていて良かった・・・(^^;)。)

最後が図書館戦争。
いやー、面白かったです。
これも原作未読ですが、有川さんて本当に上手い。
シアターはほぼ満席で、お客さんの多くが若者たちでしたが、
最初から最後まで皆の視線を離さない筋運びでした。
もちろん映像の力も大いに助けになっていたと思いますし、
役者さんたちも皆よかったです。
最初のシーンがノーラン版ゴッサムシティ、
最終戦闘シーンが馬鍬砦に被って見えたのは
多分私だけだと思われますが(オークじゃなく人間です;;)、
一見ありえないと思われる設定が、
微妙に現代に重なるところにぞっとしつつも、
石坂さん演じる司令の台詞が沁みました。
大人である自分たちが無関心でいて、
あとの世代に不幸な世界を残してはならないというメッセージが
エンタテインメントとしての映画の中でも
観ている人の心に届けばいいなと思いました。
一見荒唐無稽ながら相当に重いテーマを扱って、
かつ見事なエンタメに仕上げている手腕には脱帽しました。
アクションも素晴らしくキレイで
(岡田君の体の切れが凄いです!!)、
いわゆる軍隊モノではなくちゃんと伝えるべきことを伝えていて、
全てのキャラも立っていて、
あちこちで笑えたり、胸にくるものもあり、
鬼教官と女性隊員の物語もとても良かった。
観て、ああ面白かった!と言える映画です。
さらにただ面白い、だけでない、只者ではない映画です。
なんだか大絶賛になってしまった・・・。
児玉清さんが写真で登場するのがちょっと切なく(TT)。

観た記憶が新しくなるほどにやはり長くなってしまいましたm(_ _)m。
とりあえず、今日はこんなところで。

| | コメント (0)

GW終了。

そうこうしている間にGW後半も終了してしまいました。
今日などはさすがに初夏の日差しを思わせる風情でした。
今年こそサングラスが欲しい・・・(軟弱)。
一念発起して、というよりは、
嫌にならない程度に休みつつ片付けをしていたのですが、
時々出かけないとやはりストレスが溜まってしまうので、
合間を見ては逃亡していました(^^;)。
見たところはきれいに部屋が片付き、
本も少しずつ減っているようなのでよしとします(もう自画自賛)。

さて、そんなわけで
合間に観に行った映画が溜まってきてしまいました。
映画を観るペースが落ちなくなったのと、
遠出ができない分歯止めも効かなくなりましたので・・・;;。
観たのはリンカーン、アンナ・カレーニナ、
天使の分け前、そして今日が図書館戦争、の四本です。
一言ずつ置いていこうと思いますが、
どれも佳作でありました。
どれも全く違う趣向でありましたが。

まずリンカーン。
はい、ダニエルさん見たさに行きました。
正直言ってリンカーンご本人や歴史に詳しいわけではないので
ただまんまに、お話に埋もれてまいりました。
(それこそが演技のたまものと言うべきなのでしょう。)
奴隷解放に至るまでのリンカーン自身の苦悩に焦点が当てられて
濃密な描写に息詰まる思いをしながら観ました。
役者の方は皆良かったですが、
私はジョーンズさんが一番お気に入りでした。
今、こんな指導者がいてくれたら、という思いが
作り手にあったのかもと
思わずにはいられませんでした。
長い戦争の現実を身を持って踏まえた者が、
地に足を着け、血を吐くような思いで
文字通り自らの生命をかけた戦いをやってのけた偉大な政治家。
敵対勢力を叩くパフォーマンスや勇ましさなどとは全く対極にある
温厚な人物で、
政治は民のために行うものだということを
静かに語ってくれているように思いました。
以下はちょっと独り言です。スルー推奨ですが、
覚えのために置かせてくださいm(_ _)m。



GW前後の憲法「論議」を目にするたびに、
現憲法がどれだけの犠牲を払った上に作られたものであるのか、
どれほどフツーの国民を守るために奔走されて作り上げられ、
受け入れられた文言であるものなのか、
そもそもどうして96条が規定されたのか、
どうしてもそちらの方に思いをいたして仕方がありませんでした。
(憲法は国民のためにあるもので、
三権(立法、司法、行政)の暴走を監視するものだと
中学でしっかり教えて下さったK先生ありがとう。
権力者の都合の良いように簡単に変えられることのないように
規定されたのだと教わりました。)
そもそも憲法と法律の違いを分かっていない人が
今は半分ほどしか今はいないだろうという新聞のコラムを読んで脱力(TT)。
民衆の歌が聞こえるか~~(これは無関心な羊さんたちへ)。
じっくり読んだことのない方は
できれば前文だけでも一度読んでみていただきたいなと思います。
(私も読み直したいです。)
我が地元議員さんに至っては高裁で
違憲として選挙無効判決が出ている有様で、
憲法を順守する「義務」のある立法府としてそもそもどうなのかということで
個人的な信頼度はとっくにゼロなのですが。




(以上独り言終了。)
肝心の感想が一言で収まらなかったので、続きますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

ウルヴァリン・ツイッターチャット。

GWも後半に入りましたが、
まだ朝夕がやや肌寒いくらいで
例年に比べると随分涼しい連休になりました。
このくらいの気温が過ごしやすくて個人的には有難いのですが、
すぐに初夏の日々がやってくるような気がします。

さて、久しぶりの更新になってしまいました。
PCに触れないでいるうちに
ヒューの「ウルヴァリンQ&A」ツイッターチャットも
終了しておりました(TT)。
どのみち参加はできなかったと思うので、
あとから眺めにいってまいりました。
ちなみに、こちら(↓)にまとまった記事がありました。
http://insidemovies.ew.com/2013/05/02/hugh-jackman-the-wolverine-twitter-chat/
画像と一緒にまとめてくださっているものを貼りつけてみます。

What he loves about the character: Hugh considers Wolverine to be “the most badass character out here” and claims he is “way cooler than me.” After all, what could be more fun than “playing the toughest guy in the yard?”

His workout regimen: Hugh works out three hours a day to get into Wolverine shape, but advises that “70 percent of how you look is how you eat.”

The Japan factor: The movie, shot in Japan, has an “atmosphere very different from any other X-Men movie. Jackman describes it was an “enigmatic, mysterious and fascinating world.”

A new side to Wolverine: “In this movie we really concentrate on his immortality and the implications of that and what the future means for someone like Wolverine.”

If he could live forever: When asked if he would like immortality, Jackman says, “I don’t know many people who wouldn’t. If I was Wolverine I’d probably have second thoughts. Life is not easy for him.” And this new film will present the question, “Is it a good thing to life a long life if you’re living with a lot of pain and regret or is it a burden?”

(略)

Most exciting scene: “Two words: bullet train.”

Being Wolverine off camera: “I use it occasionally” to do things like “get a seat on the subway.” But after 12 years, he can turn it off. “I don’t know if I’d be very welcome at home if I was just scowling and calling everyone ‘bub.’”

X-Men: Days of Future Past: “Pretty much all the old X-Men are back.” Jackman adds, “The really exciting thing beyond that is the new characters.”

What excites you the most about seeing The Wolverine, which hits theaters July 26?

例によって私はまだ画像は見ていませんが、
雰囲気は伝わってきます。
一番の見どころは新幹線のシーンみたいです。
海外に比べて日本の公開は遅いようですが
(ポスターは早かったですが)、
いろいろ心構えをしつつ(^^;)、公開を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »