« 覚書を二つ。 | トップページ | 残念でした。 »

2013年3月 9日 (土)

ようやっとキャッツ。

昨日から大陸からの巨大黄砂と付属物が飛来している模様で、
正直外出がかなり怖かったですが、
何事もなく暖かな一日を過ごすことができました
(幸いまだ花粉症にあらず)。
ほんの数日前を思うと嘘のような春の一日でしたが、
また急降下して冬の日に戻りそうな気がします。
用心を怠らずにすごさなければと思います。

さて、
舞台一回の入場料で何度映画館に行けるだろうかと算段し、
千秋楽まであと2週間となってやっとキャッツに行ってまいりました(^^;)。
(一応)ファンとしてどうなのと自分突っ込みはしたのですが、
昨年横浜でも観たことだし、
自分へのお祝いを兼ねて(実はBDでした)今日しかないなあと。
蓋を開けてみると、結果大正解の選択でした。
まさか春までレミゼがかかってくれるとは
さすがに思っていませんでしたから。
(ちなみに明日は近所のシネコンが1000円の日ですので、
もちろん行ってまいります(爆)。)

知っている出演者の方が軒並み消えていると聞いていたので
テンションをあまり上げずに出かけたのですが、
周囲の観客のお若い方やあまりお若くない方々(私より多分)が
この舞台を楽しみに生きてきたんだ~と熱い視線を振りまいたり、
熱く役者さんたちを語り熱い目で舞台を見つめておられたり、
会場の様子に感嘆の声をあげたりしているご様子を見て、
ちょっと覚めすぎてないか自分、と
突っ込みつつ観劇に入りました
(一人で熱くなって喋っている状態も充分変ですが;;)。
結構舞台進行も歌も記憶しているもので、
三列目のど真ん中という好位置で
猫たちそれぞれの表情や笑顔をしっかり見ることができまして、
少しずつ舞台に入りこんで行くことができました。
お嬢さん猫たちがとても可愛らしくて、
どの猫もそれぞれにとても素敵でした。
今更ですが、ストーリーがあるようなないような、
哲学的ですらあるようなつかみどころのなさがあり、
箱座りしている猫は可愛いけど、
猫はそんなこと考えてないだろう、
生まれたての猫や若くて意気盛んで
才能の溢れている猫が
ジェリクルキャッツになるには早すぎないかと
いろいろ突っ込みつつも
とりどりに変化する猫たちのショウを楽しませていただきました。
本日のグリザベラは佐渡寧子さんで(まずここで安心しました)、
おなじみの高倉さんもボンバルリーナで出演されていて
(以前観たときはタントミールでした)、
すっかり安心して(オイ)観られました。
リーダー猫マンカストラップは松島勇気さんで、
お名前を拝見した気がしますのでどこかで観たことがあるかも。
マンカストラップは福井さんで観ることが多かったんですが、
彼が現バルジャンもしくはジャベールなんですね。
う~ん、嬉しいような複雑なような;;。
初見のオールドデュトロノミーは青井緑平さんで
なんか細い!という妙な第一印象だったのですが(あれは衣装)、
とてもいいお声でした。
おばさん猫の鈴木釉佳之さん、
グリドルボーンの岡村美南さんもよかったです。
今回個人的に特筆すべきは佐渡さんで、
いつもは歌が短いなあ~とか、
ラストが少し唐突な感じを受けていたのですが、
なぜか今日はグリザベラが「選ばれる」ことに納得がいき、
気が付くと涙腺が崩壊していました。
人生の重さ深さを短い歌唱に感じられたのかもしれないし、
自分がそちらの年に近づいてきたからかもしれないのですが、
恥ずかしながら、キャッツでラストで泣かされたのは
ほとんど初めてのような気がします。
(ストーリーがないと没入しにくいタイプにつき;;。)
そういう状態で迎えたカーテンコールで
ふと横に佐渡さんがいらしていまして、
これ幸いとしっかりと握手をさせていただきました。
我も我もというお客さんにぎりぎりまで握手してくださって、
とてもいい方でした。
この日は昼公演だというのに
何度も何度も拍手に応えて登場してくださって、
最後は佐渡さんが一人で拍手に応えて
チャーミングにちゃめっ気を発揮して去って行かれました。
まことに素敵なプレゼントをいただいた一日となりました(^^)。

地方に長く逗留していただける劇団はほぼ四季だけで、
団員さんたちは本当に大変だと思いますが
在住人にとって有難いのも事実です。
以前のように
全国どこにでも観に行くということはできなくなりましたが、
まだまだファンはやめられないかなあと思いました。
ただキャナルの常設がなくなったのは
たまにしか行けないとはいえ、やはり痛いです。
ウィキッドが近くまで来てくれないでしょうか・・・(遠い目)。

|

« 覚書を二つ。 | トップページ | 残念でした。 »

舞台(劇団四季)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 覚書を二つ。 | トップページ | 残念でした。 »