« なんとか6年。 | トップページ | 最強のふたりを観てきました。 »

2012年11月 2日 (金)

レミゼ前売り開始&ウルヴァリン:SAMURAIチャット

レミゼの前売りが始まったので、
仕事帰りに映画館に寄って早々にゲットしてまいりました!
(このハイさ加減は自分でもどうなんだろうと思いつつ(_ _;)。)
実は映画館の回数券で1000円で見られるのですが、
せっかくだから前売りもゲットしたいな~と思い
(幸い1300円でした^^;)、
気が付くと口から出たのが「二枚ください」の一言。
おかげで景品のLEDキャンドルが三つ登場して
わ~またやってしまったか、と後悔したのもつかの間、
キャンドルの入った箱には三名様のポスターの写真がありました。
多分使い切れないだろうけど、
当分の間、写真を眺めて幸せな日々が送れそうでした。
本当にこの舞い上がり振りは一体(以下同文)。

映画館に行ったついでに
『声をかくす人』がこちらでは1月に観られることが判明して
嬉しい気持ちで帰宅してまいりました(^^)。
さらにはヴィゴの『危険なメソッド』も
12月半ばに観られることがわかりましたが、
こちらはホビットの公開直後になるようなので、
果たして観る時間をとれるかどうか不安なところです。
9月以降は出かけたり人と会う機会が多かったもので、
鍵泥棒とローマ法王の休日の二本しか
映画館で映画を見ていないことに気が付きました。
今気になっている作品は009とアルゴくらいなのですが、
かたや公開館が限定され、
かたやこちらでは公開がなさそうだったりで(TT)、
12月に入るまではややスローぺースになりそうです。

さて、
先日のライブチャットの情報を求めて
OZalots HQさんを覗いてみたところ、
ネタばれ満載で地雷を踏む思いでした(おおげさ)。
"spoilers"の表示があるのを承知でお邪魔していますので
当然過ぎることなのですがm(_ _)m。
以下、ネタばれを避けたい方はくれぐれもご用心ください。

この辺りのページからチャットに関する話題のようです。
こちらによりますと、
こちらのサイトさんはライブの様子も含めて起こしてあるようです。
http://www.theage.com.au/entertainment/movies/this-wolverine-will-be-different-20121030-28gd8.html

また、内容をうまくまとめてあるというサイトさんがこちら。動画もあります。
http://www.hitfix.com/motion-captured/five-things-we-learned-from-todays-wolverine-online-chat-with-hugh-jackman

もうひとつ、チャット全文が出ているサイトさんを置いていきます。
こちらにもチャットの動画が入っていました。
http://collider.com/wolverine-movie-poster-interview/207167/

二つ目のサイトさんから、
5つのポイントらしきところを貼り付けてみます。

1 - Jackman promises this is going to have more action than any film where he's played the character so far, and action of a different nature than we've been getting in superhero films lately. Mangold talked about how superhero movies seem to have to play a constant game of one-upmanship, constantly cranking up the scale of what they do and the mayhem, destroying larger and larger cities and basically getting "louder." Both Mangold and Jackman say this film's action will be more contained, but more personal, and that Jackman has had to really push himself so Mangold can shoot long close-ups with no stuntmen and no cuts. But no matter how vicious, Mangold wants some sense of reality. "He doesn't bring down a plane in this film," he promised.

2 - It sounds like Wolverine will find his limits in this film. Jackman said, "He's at his lowest point at the beginning of the movie… he's at his most vulnerable." Since Wolverine has his healing factor, he's somewhat indestructible, and so far in the films, we haven't seen anything that seemed like a credible threat short of beheading him. Mangold promises that Wolverine will finally find his "Kryptonite" in this film, something that will push him in ways no enemy has tried before. They were both coy about the specific nature of this threat, but seemed excited by what it means for Logan.

3 - Jackman said at one point, "From 'X-Men' on, my secret dream has always been to shoot this particular story arc."
Mangold said the Frank Miller/Chris Claremont Japan storyline is also one of his favorites, and was important to him to get right because of his affection for it. Fans have been asking for it since 2000. Could this finally be a case where the studios have listened and given us what we've actually been asking for?

4 - Wolverine's real power is his rage. "That's the thing that makes him badaass and cool," according to Mangold. "That's what we're trying to key in on." Ryan Penagos, who moderated the online chat, talked about the crazy photos he's seen of Jackman in full rage mode and how scary he looks in the role. Jackman laughed and said, "I show those photos to my kids all the time. It works a treat. 'Do you want me to look like this or do you want to do your homework?'" He credits his hyper-ripped appearance to, among other things, eating tips he got from Dwayne Johnson.

5 - It'll be harder to spot the bad guys this time. Mangold promises that Logan will have to negotiate a "labyrinth of 'who do I trust'?" in the film, filled with "Yakuza, industrialists, politicians, woman of various trustworthiness… other mutants," and that Logan shows up in this movie trusting no one. "Most superhero movies are very clear about who the bad guy is and who the good guys are going to have to battle at the end of the film, and this film is much more of a mystery."

私もネタばれを避けたい口なので、
一番目のサイトさんの記事を楽しくざざっと見て(わからない単語は飛ばして;;)
お二人とも楽しく一緒にお仕事されたんだな~と思いました。
And Mangold enjoyed torturing him.ですか、そうですか(^^;)。
本当に大変だったろうなとご苦労がしのばれ(?)ました。

これまで作られたX-MENシリーズとは完全に異なる、
ヒューがどうしても作りたかったというジャパン・ストーリー。
公開が楽しみです。

Photo_2 
レミゼ・キャンドルの「箱」はこんな感じです;;。

|

« なんとか6年。 | トップページ | 最強のふたりを観てきました。 »

X-Men Origins: Wolverine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんとか6年。 | トップページ | 最強のふたりを観てきました。 »