« Hugh Jackman: The Biography | トップページ | ホビットプレミア情報次々。 »

2012年11月10日 (土)

EMPIRE 12月号着。

続きまして、本当に次の日に届いたのがこちらでした。
本屋さんで見かけなかったので、
運だめしのつもりで(在庫についても運だめし)ネット注文したところ、
無事に届いてまず安堵。
そして開封するのに、本当にドキドキしました。
えーい、きっとゴラムに違いない、と思ったのは、
がっかりを緩和するための自己防衛でした(酷)。
(王の帰還のDVDを注文した時に、
きっとモルドール住民手帳だ、と思いつつ開けてみたら
ローハンのものが出てきて、
物凄く嬉しかったのを思い出したりもいたしました(単純;;)。)

果たして、開けてみたら。

Empire_12_2012_gandalf

ガン爺でした!(ああ良かった・・・。←かなり酷い奴かも、私(_ _;))
本当に3Dでお姿が浮き出ていました。

ホビット関連記事がなんと63ページ(!)あります。
最初のEmpireのごあいさつページを含めると64ページ、
さらに目次はオルクリストを構えるトーリンでした。

個人的に目玉の記事は
ドワーフ一人一人の写真とインタビューでしたが、
ホビットの生みの親の教授についても沢山ページが取られていて、
これは嬉しかったです。
全体に美形度の高いドワーフ一族ですが、
トーリンはもとより、
キーリがえらく美形ではないかと・・・。
また、ラダガストの写真を初めて見られたのですが、
なんだか全く想像した姿からかけ離れていて意外でした。
(いやフロドだって、あっとびっくりの美形でしたけど、
ショックの種類が違う気がします。)
これまた時間が(相当)かかりそうですが、
少しずつ読んでいきたいです。

今週に入って、プレミア情報ほかも沢山入ってきていたようです。
さらに次に続きます。

|

« Hugh Jackman: The Biography | トップページ | ホビットプレミア情報次々。 »

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Hugh Jackman: The Biography | トップページ | ホビットプレミア情報次々。 »