« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

ダークナイト ライジング

いろいろと毎日しんどいことばかりで
ここ一週間の暑さたるやさらに状態に拍車をかけられる有様でしたけど、
度肝を抜かれました、ずっとずっといい意味で(特にラスト)。
見終わったあとしばらく放心状態で
捕まらない言葉を探して物語の余韻を漂っていました。
なんというものを見られたのだろうと。
これまで映画を見てきてよかったと思いました。
こういうラストが想定されていたんですね。
とても幸せでした。

(直接的にはなるべく書きませんが、
気持ちがすっかり入っていますので、
ネタばれを避けたい方は以下スルーしていただいた方が無難です。)
一つだけ言えるのは、
是非にでも先の二作を観てから観ることをおすすめしたいです。
でないとあまりにも勿体ないと思います。

ブルース・ウェインの物語がこうして語られました。
彼の伝説は「壮絶に」、完全な環を閉じるがごとく収束され、
バットマンという存在とはこういうものであったのかと、
タイトルにつながったように(個人的に)思いました。
(それとも彼が墜ちたところから「這い上がった」という意味なのでしょうか。
うーん、よくわかりません;;。)
こういう結末にこんなに「明るさ」を感じたのが不思議でした。
希望は失われないのだと。
全てのパーツが、登場人物たちが、確実に彼らの道を行き、
あるべきところに収まって未来へ繋いでいく。
そんな気持ちで物語の収束と終焉を見送ることができました。
そしてもちろん泣きました、例によって(^^;)。
鋭利なナイフのように切れ味が抜群で、
完璧そのもののストーリー展開、登場人物の配置に動き、もちろん音楽も。
エンタテインメントとしても一級品で
時に胸がすくシーンさえあり、
終盤にかかる怒涛の展開ぶりは
さすがノーラン監督の面目躍如でしたが、
この人がこの三部作で描きたかった(と思われる)ことに
多分一番「やられて」しまいました。
唯一ひっかかったのは
「問題の」ものが皮膚感覚的に軽すぎる扱いであったことですが、
これは仕方ないことなのでしょうね。

正直なところ、今の自分にこの映画を楽しむ気力があるだろうかと
少々心配だったのですが、
有難いことに全くの杞憂に終わりました。
第二作の「ダークナイト」のジョーカーが
あまりに精神的な攻撃の連続であったため
観るのにとてもエネルギーが必要だったのに比べて、
ライジングが破壊と混沌、偽善に嘘にと暴力をこれでもかと描きながらも
見ていてとても楽だったのは
今回の「敵」がきわめて知的かつ肉体派だったからではないかという気がします。
(逆にどれだけジョーカーが
特異ですさまじいものだったかがよくわかります。)
裏切りとラストに至る怒涛のどんでん返しの顛末にも
ずっと人間的なものが感じられて、
ブルース坊っちゃんだって坊ちゃん育ちだけど
両親の気持ちを受け継いで頑張っているんだぞ~と
妙に胸を張りたくなったりもしました(^^;)。
(暴力シーンに対して、
かなり神経が麻痺しているのかもしれないんですけどね;;。)

登場人物についても色々思うところがありましたが、
全ての人たちがあるべきところにあり、
なんと生き生きと完璧に彼らの生を生き、
その役割を果たしていることかと。
(例えどんなに短い登場の時であっても。)
相変わらず完璧なノーラン組でありました。
なのでどの人も素晴らしかったですが、
特に目立つのがアン・ハサウェイでした。
もうとっくにブレイクしているのでしょうが、
このあと公開が控えているレミゼといい、
大当たりしてくれるのではという期待が膨らんでいます。
新米刑事のジョゼフ・ゴードン=レヴィットといい、
いやいややはり、くどいですが本当にどの方も素晴らしかったです。
強いて付け加えるなら、
アルフレッドのエピソードに泣かされ、
ゴードン警部とのラストの会話にも泣かされました。
(ほんとに泣きすぎ。)

ほんとうに幸せでありました。
この夏はまだまだ通います(^^)!

| | コメント (0)

2012年7月17日 (火)

もうすぐ夏本番。

大雨に猛暑と大変な連休となりましたが、
一方で海にプールにと出かける方も多く、
夏本番がそこまできているんだな~と感じました。
週末に入ってすぐに人生初のカウンセリングを体験し、
今年最後の定期検査の予約をしてと
建設的なんだか不毛なんだかよくわからない週末になりました;;。
明日は一日お休みなので
少し歩きに行ってこようかなと思っております。
それであちこちをネットで覗いていましたら、
福岡でもビギンズとダークナイトの上映をやっているんですね
(残念ながら夕方~夜の上映でしたがTT)。
あと二週間の我慢、我慢。

さて、
先週にオレンジと太陽を見に行きまして
重いテーマながらも感動に包まれてしまいました。
実在の方のお話なので余計にずしりとくるものがあり、
見ていてつらいものもありましたが、
淡々と静かに描かれていた分
余計に心に染みいるものがあったように思います。
「ただ子供たちのために」闘う人を演じた
エミリー・ワトソンがやはりよかったですし、
エルロンド卿と(違う)ファラミア卿も(違うってば)
とてもよかったです。
デイヴィット氏が大活躍でした。
難しい役どころのように感じましたが
なんというか大変チャーミングで、良かったです(^^)。

もうひとつ、X-MEN関連のキャストが出ていたので
最後に置いていきます。
(ので、一応このカテゴリーで。)
http://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/hollywood_14Jul2012_29081

以下、一部貼り付けます。

歌手ジャスティン・ティンバーレイクと婚約中の女優ジェシカ・ビールが、映画『X-MEN』シリーズの最新作『ザ・ウルヴァリン』(原題、2013年全米公開)で悪役を務めることが明らかになった。
現在30歳のジェシカは、マーベル・コミック原作の映画『ブレイド3』(04)に参加して以来2度目のアメコミ映画出演となる。エンターテインメントサイト「デッドライン」によれば、そして今回ジェシカの演じる役どころは、ヴァイパーという悪役で、同作品にとって非常に重要な役となるようだ。同役は、アメコミファンから非常に人気の高いキャラクターで、主演のヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンに敵ながらも恋をしてしまうという複雑な設定らしい。

こちらもどんどん姿が見えてきました。
楽しみです!

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

鞆にロケ隊が来るかも?

心身ぐったりして帰宅したのですが、
新聞を広げて、思わず椅子から落っこちそうになりました。

021_2

(やはり)ニンジャですか、と心の中で突っ込みました(^^;)。
記事はこちらでも見られますが、
見出しは新聞の方が楽しいような。

このお話が実現してくれたら本当に嬉しいです。
少なくとも特急に乗らなくても行ける範囲ですし。
(行けるかどうかは置いておいて、ただ嬉しい。)
鞆は架橋問題で揺れている時なので、
映画ロケが入ることで
なにかよい進展が見られるといいなあとも思います。

一瞬ですが、個人的にとっても元気になれるニュースでした♪

| | コメント (2)

2012年7月10日 (火)

日本人キャスト発表。

とてもお久しぶりの、そして待ちに待ったともいえる
カテゴリーになりました。
レミゼの撮影も無事に終了し、
いよいよウルヴァリンの撮影まで秒読みとなりましたが、
日本人キャストが発表になったようです。
こちらなどで確認しましたが、
ヒロインマリコを演じる岡本さんについては
こちらがやや詳しいでしょうか。
といいつつ、シネマカフェさんから記事を一部貼ってみます。

2009年、大人気シリーズ『X-MEN』のスピンオフ作品として公開されヒットを記録した『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』。かねてこのほど、2013年夏に全米公開を予定している注目の続編『The Wolverine』(原題)で主人公・ウルヴァリンを続投するヒュー・ジャックマンの共演陣に日本人キャストたちの名前が挙がっているようだ。(中略)
このビッグニュースの発信源となった「ComingSoon.net」によれば、今回日本人キャストとして名を連ねるのは人気TVドラマシリーズ「LOST」や「リベンジ」など精力的に海外で活動する国際派俳優、真田広之。シンゲンを名乗る暗黒街の顔役という役どころだという。その娘・マリコにはTAO(岡本多緒)、女忍者・ユキオには福島リラとパリコレで活躍するカリスマモデル2人が演じる。さらに、イタリア在住の日本人俳優ハル・ウチヤマが暗黒街を牛耳る大物・ヤシダ役として大抜擢されている。

ご指摘の通り、国際派の方々が揃ったなあという感じですが、
それだけ日本人キャストがメインとして活躍するということなのかなあと思います。
いろいろ不安はありますが、
いよいよ、やっと、始まってくれるのかと思うと
本当に楽しみです。

| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

ヴァンヘル「リブート」その後。

気になっていることを覚えで置いていかせていただきます。
もう周回遅れどころではなくなってきました(TT)。

例のヴァンヘルリメイクの件ですが、以下のような記事が。
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0043518

『ヴァン・ヘルシング』リブート作の方向性として、
ノーラン監督が『ダークナイト』で
バットマンの世界を一変させた方法を踏襲したいとのことで、
脚本家を務めるアレックス・カーツマンいわく、
「スーパーヒーローがいかに描かれるべきかを示している。それは現実性ということなんだ。かといってファンタジーの要素を犠牲にしようとは思っていない。わたしたちは映画『スター・トレック』でも『ダークナイト』に刺激を受けている部分があるし、現実味を持たせることをやりたい。それが、わたしたちが『ヴァン・ヘルシング』(のリブート作)でやりたいことなんだ。」・・・だとか。

・・・わからないでもないんですが、
私としては相当気にいるか、スルーするか
どちらかになりそうな気がします。
バットマンファンでもなんでもなかった私が
(そもそもアメコミ自体が食わず嫌いでした)
ダークナイト三部作(また三部は見ていませんが)にはまったことを思うと
前者の可能性もありますが、
何しろノーラン監督は天才ですから!(←なぜ私が言いきるのか?)
素晴らしい作品が出来上がればもちろんその方がいいのですが、
ヴァンヘル映画自体がそもそもスピンオフみたいなものだし、
なぜこれにこだわるのか?という気がしますし、
ダークナイトの影響力が凄まじいのは理解できますが、
それを公言されてもなんだか不安になるものがあります。
(LOTRの大ヒットを受けて量産されたファンタジー大作群を
ついつい連想してしまいまして・・・(爆)。)
とりあえず、
新たなエポックメイキングともいえるような作品群ができることを
映画好きとしては願うところです。

ただそれによって私の好きなヴァンヘルの存在意義?が変わることは
多分決してないでしょう。
題材がスピンオフだろうとなんだろうと
これ一本が唯一無二の映画です。
何しろこの一本でヒューにはまり、
さらにはB級アクション映画好きが確定しましたし(^^;)、
LOTR後続くかどうか不明だった映画好きの道に導いてくれた作品ですから。
LOTRが大好きな私ですが、
ローゼンマンの音楽はハワード・ショアのそれとは別の次元で
決して忘れることがないのと少し似ているような気も(いや違うか?)。
バクシ版のサントラだけを聴いて
映画本体を見なかったのはやはり幸運だったかも・・・;;;。

| | コメント (0)

梅雨真っただ中。

金曜の仕事帰りに猛烈な雨風とともに
久しぶりに稲光の競演を見ました。
屋根の下にいる間は良かったんですが、さすがに怖かった・・・(_ _;;))。
梅雨も後半戦に入りまして、
やたらと大気が不安定なのが気になります。
これからやってくる夏の暑さも心配ではありますが。

さて、例によって疲労困憊しておりますが;;、
先週は話題のスノーホワイトを見てまいりました。
ええと、突っ込みどころ満載でした。
監督さんは好きなものを力いっぱい作られたのかなあと
しみじみ思ってしまったくらい、
申し訳ないですがある種のパロディに見えて仕方ありませんでした。
楽しめたからよいんですが。
(毒舌ですみません。以下続きますm(_ _)m)。
この映画を見て
指輪とナルニアともののけ姫を連想しないでいるのは
まず不可能かと。
あれこれ突っ込みたいポイントをすべてを置いておいても
(リンゴのシーンがどう見ても唐突だとか
物語のどこに一番ポイントを置きたかったのかわからないとか;;)
コダマ風の妖精?がたまに
スタイルの良すぎるゴラムに見えました;;。
主役はやはりシャーリーズ・セロンでした。
常々本当にキレイな方だと思っていましたが、
最初から最後まで徹底した熱演でした。
おとぎ話に突っ込みを入れてはいけないのでしょうけど、
もう少ししっかりアレンジしてもらった方がよかった気がしました。
(願わくばヒースとマットのグリム兄弟くらいにきっぱりと。)
もう一点申し訳ないことに
主役のお姫様の彼女が私にはダメでした;;。
他の作品を見たら印象が変わるかもしれませんが。
でも、それなりに楽しく見られました(B級アクション好きですから(^^;))。
そういえば、ニック・フロストがドワーフの中にいたはずなのに
見逃していたのが残念でした。
リリー・コールは「鏡」以来の再会でした(^^)。

昨日は街中の電気店に行ってみたのですが、
シャドウゲームの棚のそばに
宇宙人ポールの実物大?立て看板がありました。
どっちも面白かったけど、
そうか、世間でも大人気なんだなあと
なんだかしみじみいたしました(^^;)。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »