« ゴールデン・ウィーク。 | トップページ | 穏やかな週末です。 »

2012年5月20日 (日)

ファミリー・ツリー

更新が一週飛んでしまいまして申し訳ありませんm(_ _)m。
天候不順のせいもあるのかもしれませんが
気力体力が今一つの日々が続いております。
こちらでは夏場のような雷が起こったくらいですが、
山間部では雹が降ったとのことで、
一体大気はどうなっているのかなあと思うことが多くなりました。
また人の心にも
余裕がなくなっているんだなあと思うことがとても多いこの頃で、
テルマエの大ヒットを見ると、
よき時代の平和な笑いを
皆求めているのかなあという気などいたします。
(いや、ただ笑いたいのかも。)

さて、ファミリー・ツリーが始まりましたので
早々に観てまいりました。
妻が植物状態になるところから始まり、
仕事一筋の弁護士の夫はいきなり娘たちと向き合わざるを得なくなり、
反抗的な態度をとる長女から妻の浮気を知らされます。
先祖代々の土地を手放さざるを得なくなっていたため
一族との会議を控えて落ち着かない状態だというのに
さあどうするお父さん?
・・・というお話なのですが
(ここまでは予告にあるのでそのまま書いてみました)、
幸い泥試合にはならず
静かな中に淡々とドラマがあり、
それぞれの思いがあっていろいろあるわけですが、
皆いい人なんですよ~。
ハワイの情景も、
先祖代々受け継がれてきた土地を通して、
ずっと一族=家族の命が
連綿と繋がっていっているのだと感じられるのもいい。
切なかったり悲しかったりするのですが、
最後に収束していく家族の姿にほっとする思いでした。
父一人、娘二人にくっついていく
ちょっとズレ気味の青年がいい味を出していました。
始めは目を覆いたくなったのですが、いい奴なんです(多分)。
ジョージ兄貴としっかり者の長女のコンビがほほえましく、
息の合った作戦成就の様は見ていて爽快でした。
生意気盛りの次女もよかったです(^^)。

よく考えると(いやそうでなくても)相当重いテーマなんですが、
ユーモアも交えてそこそこに軽快にまとまっていたので、
素直に泣けて、後味のいい映画でした。

|

« ゴールデン・ウィーク。 | トップページ | 穏やかな週末です。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴールデン・ウィーク。 | トップページ | 穏やかな週末です。 »