« 帰宅しました。 | トップページ | モーレア島滞在 その二。 »

2011年9月24日 (土)

モーレア島滞在 その一。

そんなわけで周りは新婚さんだらけ、のはずだったのですが
(いえ新婚さんが一杯おられましたが)、
あまり気にならないくらい、
エア・タヒチ・ヌイの機内は空いていました(^^;)。
直行便で約11時間のフライトはなかなか快適で、
乗務員さんの立ち居振る舞いがなんとも優雅でした。
タヒチの言葉にはPleaseやI'm sorryにあたる言葉がないそうで、
目で相手の気持ちを読み取る習慣があるからだとか。
機内はもちろん、現地に着いてからも、
公用語がフランス語とタヒチ語(ホテルでは英語でOK)でも
言葉の壁に委縮するということがほぼありませんでした。
日本語も時折混ぜてくれるくらいで、
気持ちがふんわりとすることが多かったです。
実際ハワイよりもさらにくつろげる国かもしれないなあと思いました。

ちなみに映画のプログラムの中には
(各席にスクリーンはありますが一斉に上映される方式でした)
Xmenファーストジェネレーションがありました!
帰国便ではこれとマイティソーを観ることに決めて、
この日は大人しく休みました(^^)。

パペーテの空港に到着すると
ウクレレ演奏とタヒチアンダンスのお姉さんが迎えてくれまして、
そのあとの待ち時間が意味もなく長く、
南国だから仕方ないか~とのんびり構えていたのですが、
それと対象的だったのが
現地旅行社の方の客さばきの鮮やかさでした。
無駄がなくハートがある、とでもいいますか、
旅行者の目線でてきぱき応対してくださって
とても有難かったです。
日本で申し込んだ大手旅行会社に問い合わせても
解答がほぼなしのつぶてで、不安材料が結構あったのですが、
いざ現地で聞いてみるとすぐに解消され、
さらに宿泊したホテルデスクの日本人係員の方のお手並みも
とても見事でした。よく働くなあ~としばし感心しておりました。
なるほど、これなら何も考えず
誰でも安心して泊まれます。
(夜間外出は送迎を使えという注文だけが付きましたが。
←野犬がちらほらいるため。ちなみに犬は放し飼いが普通。)

成り行きでアップグレードになった部屋は
まるっきり予定外の水上コテージだったのですが、
入ってみて、これは人気があるのも分かる~と思いました。
なんといいますか、光で溢れているんです。
翌朝起床したときの感動は
人生にそうそうあることではないなあと思いました。

036_2 
テーブルの下はガラス張りで、部屋の真下のサンゴに出入りする魚が見られます。

039
(ベランダから。)眩しくて目が開かない;;。時々泳ぐ人やカヌーやジェットボートなどが通り過ぎていきます。
隣近所のベランダから海に飛び込む音もする。


043
部屋の変更にあわせて朝食ルームサービスもカヌー運搬に変更。
トレー二つ分の朝ごはんは相当重いのですが、力持ちですお姉さん・・・。


080
見にくいですが、パン屑を撒いていると虹色の魚も現れました。

溜まっていた疲れをまずはとろうと、
部屋ステイをしみじみと満喫させていただきました。

|

« 帰宅しました。 | トップページ | モーレア島滞在 その二。 »

旅行話」カテゴリの記事

コメント

わあっ、ステキなところですね。

投稿: wata | 2011年9月25日 (日) 13時36分

お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m。
ほんとにどっちを見てもキレイだなあ~~と思っているうちに時間が経ってしまうようなところでした。
新婚さんのほかにお母さんと娘さんで来られている方々もありました。個人的にはかなりお勧めです(^^)。

投稿: may | 2011年10月10日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰宅しました。 | トップページ | モーレア島滞在 その二。 »