« 春爛漫。 | トップページ | わたしを離さないで »

2011年4月17日 (日)

ココロのつぶやき(スルー推奨)。

大半の桜が満開を過ぎましたが、
まだまだ桜とピクニックを楽しみたい人たちが
河川敷を埋めていました。
どんなときにも子供は走り回るし、
人は笑いさざめき、音楽を楽しむことができる。
生きているって力強いな~と思います。
まだ満開を誇る桜も、新緑のはじまった木々も、
本当に美しくて心に沁みます。

以下は心にひっかかってしまったことです。
やや硬い話が続くため、
スルー推奨でお願いしますm(_ _)m。





今朝新聞を見ていたところ、
このたびの原発事故周辺の避難区域について
「10年、20年住めない」という発言が
誰とはいいませんが飛び出したという記事が出ていまして、
絶句してしまいました。
私の桜見コースは原爆ドームのそばを流れる河川敷なので
つい思いだしてしまったのですが、
原爆投下後は「75年は草木も生えない」と言われたんだよなと。
(それが大間違いだったことは、歴史が証明しています。)
私自身不勉強で放射能についての知識は知れたものですが
(原爆については子供の時に毎年叩き込まれました)、
世間一般の誤解や偏見は
それ以上に問題があるのではないかと思い至りました。
原発周辺から避難してきた子供から
放射能が「うつる」なんてありえないでしょう・・・。
本当にどこの、いつの時代の人間の発言なのかと
あきれ果ててしまうしかなかったのですが、
昔被曝された方たちが
いわれのない偏見に苦しめられたことと
さほど変わらないことが今も起きているようで、
一番怖いのは無知であることだなと
思わずにはいられませんでした。
そもそも大量殺りく兵器として
おおっぴらに町の真上から落とされた
原爆による放射能被害と
今回のような事故を一列に並べていいものかと
疑問に思わずにはいられませんが
(ウランとプルトニウムの違いとか
細かい知識が全くありませんので
素朴な疑問というところですが;;)、
正確な知識と情報が
早急かつ適切に開示されてほしいと切に思いますし、
きちんと知る努力をする必要があると思いました。
原発事故当時に、
「原爆にお(遭)うたときのことを思うたら、
こんなのなんてことないよ」と言うおばちゃんの言葉に
軟弱な戦後生まれとしては
沈黙するしかありませんでした。
あの焼け野原から本当に復興したんですから・・・。
やはり、今自分にできることをするだけだなと思いました。
明日何が起こるかなんてわかりませんから。

今回は全く被害がなかった地域におりますので、
申し訳ないと思いつつ、
経済活動も細々と営ませていただいています。
先日人様のブログを読ませていただいていて、
寄付をするのに
フットワークが軽いところにするのも効果的、ということを知りました。
画面を見るのが(目が)つらいのでなかなか探せていませんが、
そろそろ今月もどこかにしようと思います。

|

« 春爛漫。 | トップページ | わたしを離さないで »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春爛漫。 | トップページ | わたしを離さないで »