« ココロのつぶやき(スルー推奨)。 | トップページ | 温泉でほっこり。 »

2011年4月17日 (日)

わたしを離さないで

随分前になりますが、話題の映画を見てきました。
ポスターを見かけて、
これは観ようと即決したのですが、
原作者の意図をあとで知り、
思い切り違う見方をしていたようでした。
冷静に観るのは難しい映画でしたが、
前評判以上に、素晴らしい演技がされていました。
どんなにやりきれない気持ちになっても、
演技を観る価値があるとお勧めできる映画でした。
以下、ネタばれが入っていますのでご了承ください。
(原作者の意図としては
そもそも謎解きやSFとして扱う意思がないようなのですが、
未見の方には特に一応お断りさせていただきます。)

そんなわけで初見の感想はひどいもので、
「アイランド」の方がいっそずっと正直でいい、
命は生きなきゃダメじゃん!と心で叫んでおりました(^^;;)。
ユアンとスカちゃんが共演し、
ショーン・ビーンが悪徳所長(?)を務めたSFアクション映画と
前提となる設定はある意味同じなのですが、
全く違うのは主人公たちの「運命」に対する態度。
促成栽培で育てられ(記憶は植えつけられ)たクローンたちを、
その瞬間まで騙し続けて利用するだけの「アイランド」とは違い、
一人ひとりを子供の時から丁寧に、
人間らしく扱い、保護(管理)下において育て、
「使命を果たす」ために生まれてきたのだと
いわば洗脳してしまうので、
子供たちは皆その運命を受け入れてしまいます。
残酷な運命から逃げられないでいるのに、
人である限り自分として生きたいし、愛したい。
人間としての当たり前の感情がある。
そのあたりの葛藤が
極めて丁寧に、
リアルな映像と演技で積み上げられていくもので、
本当にこんな学校や村があるのではないかと
一瞬錯覚してしまうくらいです。
主人公たちの子供時代の子役たちからして本当に上手だし、
また大人になった役者さんたちに良く似ている気がします。
一つひっかかっていたのが、
おそらく自分の理想に従って
彼らを人間らしく育てて(監視つきですが)きた元校長が
助けを求めてやってきた二人に向かって
「可哀想に、なにかできることがあればいいんだけど」と言うシーンがあり、
一体何を思って、
「人間らしく」彼らを育てることができたんだろうと
疑問に思っていたのですが、
あとでネットを眺めていたら、
子供たち、ではなく、creatures、と呼びかけていたみたいで、
ぞっとする思いがしました。

作者の意図としては、この特殊な設定はむしろ、
「寿命が短いという背景」を描くために辿り着いたもののようです。
ネットでみかけたインタビューから一部貼り付けてみます。

・・・我々が自分の運命を受け入れ、その運命から尊厳を育てていこうとするといったテーマは同じです。『わたしを離さないで』では、寿命が想像以上に短いという背景に、友情や愛について人々が抱く希望などについてもテーマに入れています。こういうことに私は本当に関心を持っています。人生はとてもはやく過ぎていく。さっと手元から抜けるほどはやく過ぎていく。もっともいい機会を簡単にムダにしてしまう。こういうことも常に私の作品の中に見られるテーマです。舞台設定が異なってもそうです。・・・

最後のキャシーの台詞がやはりキーなのでしょうか。
でも、やっぱりやりきれないなあ、とつぶやいてしまう映画でした。


原作者カズオ・イシグロ氏のインタビューは
こちらから見せていただきました。

http://cows.air-nifty.com/seagal/2011/03/post-1abd-29.html

http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/kazuoishiguro.html

|

« ココロのつぶやき(スルー推奨)。 | トップページ | 温泉でほっこり。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ココロのつぶやき(スルー推奨)。 | トップページ | 温泉でほっこり。 »