« 春よ来い。 | トップページ | 春爛漫。 »

2011年3月27日 (日)

やっぱり舞台は素晴らしい。

新聞を眺めていて、
「クレイジー・フォー・ユー」公演が地元で始まっていたのに気付き;;
購入していたチケットを手に観に行ってきました。
以下、簡単な感想と独り言です。

この作品CFYは、
四季のコメディの中では一番好きな作品で、
それというのも、
ストレスで眠れず食べられず笑えもしなかった時に
笑わせてくれたという大恩があるからなのですが、
誰もがゴージャスな舞台に目をみはり、
素敵なダンスと音楽に吸い込まれ、
こてこての喜劇の絶妙の間合いに吹き出し、
ラブストーリーをただただ楽しめるのは、
全てにおいて、まるで隙がなく構成されているからなのでした。
スーザン・ストローマンさん大好きです(^^)。

前回いつ観たのかが思い出せませんが
(すでに何回観たのかも思い出せず(爆)。
ちなみに初めて見たのは9年前)、
また細かい演出が
台詞も含めて見直されているような気がしました。
歌も台詞も音楽も一度暗記するまで聴いているので
あっという間に入り込んでしまったのですが、
新しく楽しめるところも満載で、
二度も三度もおいしい思いをさせていただきました(^^)。
ザングラーさんが広瀬さんなのも嬉しかったです。

荒川さんのボビーを見られると思いきや、
今週から加藤さんに変わっていまして、
少し残念だったのですが;;、
観はじめるとすぐに吸い込まれてしまいました。
さすがのタップ、貫禄の存在感。
舞台に立つ人は進化し続けていくんだなあと思いました。
今回初めてお目にかかるポリー役の秋夢子さんは
台詞の声は低めですが(←役柄でしょう)、
歌声は素直で、澄んだ伸びやかなお声でした♪

キャストの皆さん全員が全力投球するエネルギーが
パワフルに伝わってくるいい舞台でした。
沢山笑って心の中で一緒に歌って
どっさり楽しませていただいたので、
早々とスタンディングしてしまいましたが、
最後は会場がほぼ総立ちになりました(^^)。
生きているってこういうことか、
生きているのっていいものだなあと、
そんな気持ちになりました。
身近な人を失くした、
または別れて連絡が取れないなどの
連日の報道をただ見聞きし続けるだけで、
心が重くふさがれたような思いがしているのですが、
生きる喜びをはいっと差し出されたような気がして
なんだか元気をいただきました。
被災していない人間が
ふさいでいてはいけないなと思いました。

「大変な状態の日本」でありますが、
実は(個人的に)まだ結構立ち直っていない自分に
気付いた次第でもありました(_ _;)。
ちゃんと泣いたり笑ったりぶつかってへこんだりしながら
楽しく生きていかなくては。
やはり舞台っていいものです。
やっぱり福岡のウィキッドに行きたいな(違)。

|

« 春よ来い。 | トップページ | 春爛漫。 »

舞台(劇団四季)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春よ来い。 | トップページ | 春爛漫。 »