« 萩尾さんの原画展。 | トップページ | ナルニア国物語 第三章 »

2011年2月11日 (金)

梅もぼちぼち。

翌日の祝日は、東の方では雪になっていたようですが、
西の方では小雨程度で、
夕方には晴れ間も出てきて驚いてしまいました。
日本列島は長いです・・・。

さて、この日は
大宰府と国立博物館界隈を歩いてこようと
のんびりでかけたのですが、
西鉄の企画きっぷに
博物館きっぷなるものがあったので、購入していきました。
展示中のゴッホ展のチケットもついていたので
まあいいかなあ~と軽い気持ちでいたのですが、
これがもうえらいことになりました(^^;)。
展覧会の日程を確認していなかったのですが、
最終日が2月13日ということで
ものすごい人出でありまして、
長蛇の列が随所でぐるぐるととぐろを巻きながら続いていました;;。
確か一月前に地元でも
似たような場面に出くわしたようなと思いつつ(_ _;)
その時よりもずーっと人が多かったですが、
何しろ巨大?な境内の延長のキレイな空気の山の中で、
建物の敷地もどーんと広かったので
待つことはそれほど苦痛ではありませんでした。
(ですが、博物館へ向かう長い長いエスカレーターの前で
じっと待つのはさすがにご免でしたので、
ここは階段を上りました。)
博物館の広~いフロアと通路に
ぎっしりと人が埋まるのを見たのははじめてで、
非日常の楽しささえ感じました(←出先の気楽さですね)。
で、実際に絵を見たのはほんとに一瞬でしたけど・・・(;^^A)。
皆さん手に手に図録をお持ちで、
本当にお好きな方が多いんだなあと
妙なところで感心してしまいました。
ちなみに、私が会場を出た時点で、
エスカレーター入口からの待ち時間は160分でした。
じっと待っている人たちは偉い・・・かも。

Photo
(↑これが最後の踏ん張りどころ・・・待合の図。)

人の波から抜けた後は、
大好きな常設展のフロアでのんびりと浸らせていただきました(^^)。


そもそも肝腎の目的はお参りの方で、
こちらももちろん時節柄とても混みあっていました。
身内の受験があるので、こっそり絵馬を書いていったのですが、
絵馬掛け場にはたくさんの切実な若者たちの声がかかっていて、
みんながんばれよ~~という気持ちになりました。
どうか嬉しい春がやってきますように。


Photo_2

そろそろ咲き始めていた梅を楽しむこともできました。
残念ながら陽は射しませんでしたが、
水滴に飾られて美しかったです。

Photo_3

|

« 萩尾さんの原画展。 | トップページ | ナルニア国物語 第三章 »

ちょっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萩尾さんの原画展。 | トップページ | ナルニア国物語 第三章 »