« 週末クリスマス。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2010年12月31日 (金)

あっという間に大晦日。

予想通り30日まで仕事が立て込む日が続きまして、
その後あれこれ買い出しに走って
まがりなりにも料理片づけが一通り済みまして、
ようやく年賀状のコメントを書くところまで辿り着いているところです(爆)。
(今回は松の内までに届けばいいと腹をくくりました。←オイ)
時間を上手にやりくりできずに過ごした
今年を締めくくるに相応しい年末でありましたが、
無事におせちも整ったので(一応;)まあいいだろうと
自分をフォローしつつ年を越したいと思います。
来年は職場の状況もさらに厳しくなり
やることは一向に減りそうにはないのですが、
時間を上手にひねり出して
週二回更新が出来るようになりたいなと思っております(志が低いです;;)。
あとは身の回りのモノをもう少し整理するのが
目標の一つになりそうです。
特にここ数年、モノの片付けに時間を割くことをしなかったので、
棚の中と同じく頭の中まで
ごちゃごちゃになっているような気がしますので・・・。

そんなことを言いつつも、指輪映画はしっかりと観てきました。
なにしろ久しぶり(SEEは特に)の観賞でしたので、
改めて見直すのはなんだか心が躍りまして、
新鮮な目で見られるように感じました。
改めて、こんなにはじめのあたりから
アクセルふっ飛ばし状態で
フロドは指輪に支配されまくっていたんだなあと、
「旦那」度が映画ではほぼ皆無であったことが
しみじみと感じられました(TT)。
それはある意味キャラの誰もに通じるところがあり、
特に印象的なのがアラゴルンやファラミアなど、
ことに高潔な人々について
「性質を変えられた」ように感じられてしまうのですが、
こういう映画だったけれど、
でもこれはこういう作品なのだよな、と
(そしてクローズアップされたキャラと
そうでないキャラの差も仕方ないと)
腑に落ちてしまった次第でした。
とはいえ、
「旅の仲間」は観ていてやはりしみじみと嬉しくなりますし
(ここまでホビットと中つ国を再現してくれただけでも!)、
「二つの塔」は三部作中では
一番構成やキャラの配置、作品のテンポが良く、
まさに「破」の立ち位置で
ある意味一番面白いパートのように思います。
といいつつも、
もろもろの急展開をどう収拾してくれるのか
心配しながら公開を待った「王の帰還」を
一番沢山回数を重ねて劇場では見ているわけなので(爆)、
結果的にこちらが一番印象に残っているのでした。
その第三部は明日から一週間公開になります。
できるなら何度も見たいところなのですが(絶対無理)、
お休みの間に一度は必ず観に行きます。
さて、久しぶりに観たSEEであるのですが、
エオウィンの料理の腕のくだりはやはり余計だなと思いましたが、
大将の回想に登場する
ゴンドールのために!のシーンはよかったです。
劇場で見たのは一度くらいだった気がしますので、
物語の流れに沿って見直せたのは
とてもとても良かったです。
自然に、本当によいシーンとして見られました(^^)。
今頃は映画館でオールナイトのイッキミがされているはずで、
やはり参加できる方が羨ましい~と思いますけれど;;、
これがまた来年以降の公開につながれば嬉しいなあ、と
片隅でつぶやいておきたいと思います。
お客は少ないですが、必ず観たいと思って足を運ぶファンはいます。
大晦日以外の公開もまた是非お願いします~~。

そんなこんなで
いきなり襲来した寒波とともに年が暮れますが、
一年間いろいろとお世話になった方々、
ここまでわざわざ遊びに来てくださった方々
(ろくに更新ができていなくて申し訳ありませんでしたm(_ _)m)、
皆さまにお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

皆さまにとって来年がよい一年でありますように。
どうぞよいお年をお迎えください。

(↓来年のカレンダーはこの頃の写真からスタートします♪)

X_pose_2 

|

« 週末クリスマス。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

ごあいさつ」カテゴリの記事

指輪物語・映画・関連話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末クリスマス。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »