« 智実さんの演奏会再び。 | トップページ | ガラ様も出演するようです。 »

2010年11月28日 (日)

年末年始に指輪上映!

この週末はいいお天気になりまして、
日差しに映える赤や黄の葉のどれもが美しく、
道を歩いていて、ひととき見とれてしまいました。
紅葉狩りには出かけずじまいになりましたが、
この一瞬の美しさを見られたから
まあいいかなあという気持ちになりました。
秋はなにかと胸に沁み入りやすい季節なのだそうです。

さて、映画館で「レオニー」を見てきました。
イサム・ノグチのお母さまの物語でした。
ご本人もまた有能な編集者で、
アメリカで詩人のヨネ・ノグチ(野口米次郎)と恋に落ち、
子供を身籠るけれど戦争が始まって彼は帰国、
残された彼女は一人子供を育てますが、
戦時下の黄禍論から子供を守ろうと
日本に渡り、ヨネの元に行くのですが・・・。
激動の時代にしっかりと向き合い、
常に挑戦と冒険に満ちた生涯を送られたという
お話でありました。
ほかに登場する人物たちも皆
封建的な社会や戦時という困難などに
行く手を阻まれながら生きているのですが、
彼女は何があっても
どこまでも自分であることを貫きました。
幸せなんて死ぬ時にわかること、と彼女は言いましたが、
幸せだったと一言で言ってのけるには
あまりにも波乱に満ちた人生のように感じました。
人生って厳しすぎる。
レオニーを演じたエミリー・モーティマーは
もちろんとても良かったのですが、
個人的にはもう一人、
彼女の学生時代からの友人の存在が
最後まで印象に残りました。
もうひとつ、
憎たらしいという点ではよかったかもしれないのですが(爆)、
ヨネ役の中村氏がやはり私は苦手だなあと思ってしまいました(_ _;)。
よくやっておられるとは思うんですけどね・・・。スミマセン。
ちなみに、日本人監督の撮った作品なのですけど、
字幕はなっ○ゃんだったような気がしました。
なぜなんだろう・・・;;。

それはそうと、
家に帰りついてから気がついて狂喜したことがありました。
先日オープンした新しい映画館で
大晦日に指輪三部作延長版のオールナイト・フィルマラがあります!
これは無理してでも行きたい!と思ったのですが、
よくよく確認してみると、
12月下旬から1月上旬にかけて、
3作それぞれが約一週間限定で公開されるそうです。
(これは別の劇場で。)
考えてみると年末は31日しか休みがなく、
一日で必死であれこれ済ませて、
仮に家を出られたとしても(いや難しいか)
確実に寝るな・・・という気がしてきましたので、
なんとか昼間に三部を見に行きたいなあと思います。
なんだか俄然やる気が出てきました(^^;)。

また予告篇を見ていたところ
韓流のハードなものがありまして、
これは痛すぎて私には無理かしらと思っていましたら、
あららコンさんが出ていました。
学生役らしいのが凄い、というかやはり似合いそう。
これは大変だ、と
とりあえず前売り(ハガキつき)は購入しましたが、
見に行けるかは不明です・・・。

|

« 智実さんの演奏会再び。 | トップページ | ガラ様も出演するようです。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 智実さんの演奏会再び。 | トップページ | ガラ様も出演するようです。 »