« 続きです。 | トップページ | 年末年始に指輪上映! »

2010年11月27日 (土)

智実さんの演奏会再び。

西本智実さん指揮・ラトビア国立交響楽団の演奏会に行ってきました。
前回同様客席は盛り上がり・・・
なんというか、かなりミーハーが入っている感じもしますが
(幕間にサイン会があったとかなかったとか;;)、
まあそれもそれぞれの楽しみ方の一つかなと思うことにしまして、
私なりのマイペースで楽しんでまいりました。
今回はマイスタージンガーに始まり、
ドボルザークのチェロ協奏曲で第一部を折り返し、
休憩後にチャイコの悲愴が演奏されました。
もうひとつのプログラムではショスタコの5番で、
そっちも聞きたかったなあというのが本音でした。
(私が智実さんの名前も知らずに最初に聞いてショックを受けたのはこの曲でした。)
基本的に、第一部の協奏曲で調子を上げて、
第二部のシンフォニーで勝負、という構成のようなのですが、
個人的には全部オケでがっしり聞いてみたいなあと思いました。
なんとなく物足りなさが残ったのは、
演奏の質ゆえではなく量であった気がします。

それはさておき、
第一部のチェロを聞いている間にドライアイがつらくなり、
眼をつぶって聞いていると瞬間意識が飛んでしまいました(_ _;;)うげげ。
前の晩に思い切り睡眠不足であったことをすっかり忘れていまして、
休憩時間にコーヒーを買いに走りました。
合間にコーヒーをいただくなんて(しかも目覚まし用に)ほぼはじめて(爆)。
ソリストのミッシャ・マイスキーさんの演奏はよかったのですが
(拍手が鳴りやまず2曲もアンコールをされたくらいで)、
いかんせんチェロの音色に眠くなる体質のようでした
(音が耳まで届かない感じがするのです←音量の問題??)。

アンコールはしっかり聞かせていただきました。ゴメンナサイ。
で、私としては気合を入れて聞かせていただいた「悲愴」の方は、
これだよ~~(TT)!!と嬉しくなる素晴らしい演奏でした。
自分はロシア音楽が好きなのか、智実さんの演奏が好きなのか、
それともこのオケが好きなのかとしばらく考えていましたが、
多分全部なんだろうなという気がしました。
やはり民族に流れる血、といいますか、
生まれ持っている歌の心、というのはあるように思います。
オケのまとまりやバランス、曲の解釈と仕上がり、
技術的な力の高さももちろんあり、
時に優美で、華やかで、
歌うところから頂点に持っていくところまでとことん細やかに仕上がっていて、
1・2楽章ですでに泣きが入りそうだったのですが(←ドライアイはどうしたんだ;;)。

この歌はこのオケだから奏でられるものであるように思いました。
ふと、
音楽に国境が干渉する時代でなくて本当によかったなと思い、
心地よい音の饗宴に浸ることができました。

最後に何度もカーテンコールがありましたが、
連日公演続きの移動続き(6日間ぶっ通し)だからか、
残念ながらオケのアンコールはありませんでした。
申し訳ないけれど、チェロのアンコールを一本にしていただいて、
オケのアンコールの時間を確保してほしかったなあと思ってしまいました。
(どのみちなかったかもしれませんけどね。)

ともあれいい時間を過ごさせていただきました。
まだまだツアーは続きますが、
皆さんお元気で頑張っていらしてください!

|

« 続きです。 | トップページ | 年末年始に指輪上映! »

音楽・CD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続きです。 | トップページ | 年末年始に指輪上映! »