« 栃木に行ってきました。 | トップページ | 智実さんの演奏会再び。 »

2010年11月23日 (火)

続きです。

ということで、食べ物のお話です。
といってもお腹の都合で甘物ばかりですが(^^)。

道を歩いていてふと商品が目に入り、
眺めているとそのままお店の方のトークに捕まって?しまいました。
お土産によさそうなものがあったので
ついついたくさん買ってしまいました。
一押しなのは蔵出したまごだそうで、
ほかにブドウからつくっている?というレーズンサンドも買ってみました。
たまごはダックワーズのような生地の中に
しっかり重めのクリームが入っていて
結構お腹に持ちそうな感じでしたので、
一回り小さい方を買いました。

Photo

もうひとつ、のぼりを見て気になっていた
和菓子屋さんの小倉アイスも
美術館の半券で割引がきく(とどこかで見かけたはず;;)ようだったので、
結構寒い日でしたが、理性を蹴倒して買いました(^^;)。
アイスに添えた餡がさらっとしていて、
アイス自体にも餡が入っているのですが、
後口すっきりでとても美味しかったです。
また志まん焼きという、
大判焼き(日本各地で呼び方は違いますが、私の地元では二十焼きといいます)を
一回り小さくしたようなお菓子もあり、
地元の方にとてもよく売れているようなので
こちらも一つ買ってみました。
やはり餡の作り方がポイントなのかと思える
上品で後味すっきりの美味しさで、
御座候は一つでギブアップの私でも
2、3個はいけそうでした。
ちなみにこちらのお店には
ぴった○こカンカンの色紙が貼ってありました。

(この二店は姉妹店のようで、お互いの商品が置いてありました。
HPがありましたのでご参考までに。)

栃木周辺をうろうろしていて
ほかにも気になる食べ物がいろいろあって楽しかったのですが、
どのお土産屋さんにもあったのが
かのレモン牛乳を使ったいろんなお菓子でした。
でも気になるのはやはり本家?のレモン牛乳本体でしたので、
キオスクで買ってみました。
飲んで納得。
例えてみると、いちご牛乳のレモン版でした。
ああすっきりした~(^^)。
宇都宮カクテルもとりあえず二種類試してみまして、
美味しくいただきました。
餃子は結局いただきませんでしたが、
見事なまでに市民権を得ていることに
なんだかとても感心してしまいました(^^;)。
あっちを向いてもこっちを向いても餃子屋さんだらけ!
しかもまだまだ増えそうでした。
餃子の町宇都宮恐るべし。

最後に食べ物のお話ではないですが一つだけ。
とちぎの美術館に行った折に
たまたまパンフレットが目に入ったので、
宇都宮にある「うつのみや妖精ミュージアム」なるところに
寄ってみました。
(午後8時まで空いているのもナイスでした。)
なぜここに妖精?と思ったのですが、
井村君江さんがこちらのご出身で、
ケルト・妖精関係の資料をたくさん寄贈されたのだそうで、
大きなスペースではありませんが、
様々な展示物がありまして、
懐かしいフラワーフェアリーズの絵皿もありました。
たんすの引き出しを開けると妖精が登場?する
楽しい仕掛けもありまして、
一通り開けさせていただきました(^^;)。
本棚には妖精関係の本や児童文学などが揃っていましたので、
時間の許す限りそこで埋没してしまったことは
言うまでもないのでした(爆)。
思わぬところで懐かしい誰かに出会えたようで、
なんだか幸せな気分になったのでした。

|

« 栃木に行ってきました。 | トップページ | 智実さんの演奏会再び。 »

ちょっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木に行ってきました。 | トップページ | 智実さんの演奏会再び。 »