« ホビットの配役が出てきました。 | トップページ | 映画「オペラ座の怪人」を四季が吹替え。 »

2010年10月31日 (日)

今年もハロウィーンがやってきました。

ブラッドベリのもじり・・・にもなっていないタイトルで失礼します(^^;)。
ほぼ週末限定更新になってしまっているものの(爆)
ブログを始めて4年が経過しました。
ほとんど情報(らしきもの)の更新もできていませんので、
わざわざ来てくださる方に申し訳ないと
常々思いつつ、
有難いことだと感謝しておりますm(_ _)m。
最近の目疲れ具合があまりにひどいので
眼科に通い始めたのですが、
根本的なところで
検索にも更新にも(ひどい時には接続にも)
時間がかかりすぎるので
ネット環境の改善をしないとなにかと難しいかもしれないな~と
考えているところです。
なかなかうまくまわっていかない状態ですが、
気の向かれたときにでも
ちょっと覗いていただけると嬉しいです。

昨年の今頃は、
きっとホビットの情報がぼちぼち出てくるだろうと
期待していたような気がするのですが、
紆余曲折を経て、
来年2月からやっとやっと製作開始になりそうです。
撮影場所がNZから離れてしまうという噂も
円満解決されそうな雰囲気になってきて、
どうやら安心できそうです。

TORnに関連記事らしきものがみえましたが、
いつものところから一行記事を。

Warner Bros.の重役と交渉したニュージーランドのジョン・キー首相は26日、"The Hobbit"の撮影が同国で行われると発表したようだ。(ロイター)

ニュージーランド議会は29日、ジョン・キー(John Key)首相が"The Hobbit"撮影の条件としてWarner Bros.に提示した労働法の改正について、賛成多数で可決したようだ。(ロイター)

もうひとつ、マタマタのホビットンのセットについて、
嬉しい記事をTORnから。

From stuff.co.nz: Brett Hodge, owner of Matamata Post and Rails, which has supplied the timber for The Hobbit duology since construction began in February, told the Waikato Times that Sir Peter Jackson’s company Three Foot Six was building the home of the Hobbits to last.

What they did last time was build a temporary set, but now it’s a permanent set.

It will begin a perpetual celebration around the party tree, on the set, where The Fellowship of the Ring began with Bilbo’s disappearance.

The Green Dragon, where the dwarf Thorin Oakenshield awaits Bilbo Baggins ahead of their quest, will include a real thatched roof and the nearby Bywater bridge, made from polystyrene blocks resembling stone for The Lord of the Rings, is being rebuilt in permanent stone.

いずれ撤去されてしまうかもしれないと思っていたセットですが、
もしかすると永久保存化されるかも(?)しれません。

まだまだのんびりペースの更新になりそうですが、
次の節目を目指して続けていこうと思っております。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

|

« ホビットの配役が出てきました。 | トップページ | 映画「オペラ座の怪人」を四季が吹替え。 »

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホビットの配役が出てきました。 | トップページ | 映画「オペラ座の怪人」を四季が吹替え。 »