« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月19日 (月)

オーケストラ!

本日でいよいよマンマ公演は千秋楽を迎えました。
さぞ盛り上がったことでしょう!
長い間広島に来てくださってありがとうございました。
次は静岡に移っての公演の大成功を
陰ながらお祈りしています。
さて、夏休みとともにきっぱり夏がやってきました(暑・・・)。
夏休み映画を横目に見つつ
こちらではようやくはじまった「オーケストラ!」を見に行ったのですが、
のんびり出かけていったら
なんと一番前の席が一つだけ空いている状態で驚きました。
(いつも前の方で見ているので特に問題はなかったんですけど;;。)
未見の方は
前情報なしで見ていただいた方が
驚きとともに楽しめるのではないかと個人的には思います。
以下、ネタばれがほんのりあるような一口感想ですので
ご注意くださいませ。

たたみかけるようなロシア語の応酬に
なんだこの国民のエネルギーは~~と圧倒され、
米原万里さんの本を思い出しました。
ブレジネフ政権時にボリショイの指揮者をやめさせられ
今は清掃係をしている元マエストロが、
たまたま事務所に届いた
フランスの劇場からのコンサート依頼のファックスを手に入れ、
同じく解雇されて日々の生活に追われている楽団仲間と
ボリショイオケを名乗って出演してしまおうという
とても上手くいくわけがないという試みが、
あれよあれよとさしたる妨害もなく進んでいきました。
その展開がありそうでありえなそうで(ないか)可笑しくて(^^)。
メンバーがまんまと無事にパリに着いたかと思うと、
蜘蛛の子を散らすようにパリの街に消えていく
その逞しさ、したたかさ。
どきどきはらはらさせられつつも
全編にユーモアが溢れていて、
ロシア人もフランス人も皆相当にしたたかで可笑しい。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とともに
後半から展開するエピソードと
リベンジ(マエストロと楽団員皆)の行方は
音楽の効果と相まって
気がつくと涙腺が壊れていました(またですか)。
描かれているのは相当に重い歴史や悲劇であるのですが、
軽やかなハッピーエンドでくるんで終わる
泣いて笑えるいい映画でした。

同じようにこの映画の公開を待っている人が
たくさんいたのかしらと不思議な気持ちになったのですが、
実は大人気だったのですね~。知りませんでした。
来週にはいよいよインセプションに行ければいいなと思っております。

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土)

今日で見おさめ。

今週は雨にたたられて本当に通勤が大変でした(TT)。
交通手段を変えざるを得ない日が続きまして、
金曜日にはもうぐったり(寝不足で;;)。
豪雨のおかげで各地に大変な被害が出ているので
この程度でぼやいていてはいかんのですが。
これでそろそろ梅雨が明けて、
いよいよ本格的な夏がやってきそうな気配です。

さて、今日はマンマの見おさめに行ってきました。
(まだ見るかと突っ込まれても仕方なし^^;;。)
千秋楽よりもよい座席で見られる日を選んだので、
今日は隅々の演技までとてもよく見られて
とてもよかったです♪
すでに台詞は暗記してしまいましたが、
細かい演出は見えていなかったので
とても満足いたしました(^^)。面白かった!!
後半の母娘の対話シーンでは以前から泣けていたのですけど、
どういうわけかラストシーンでも
涙腺が自動的に壊れるようになってしまったので
おしまいのコンサート状態になだれこむ時に
泣き笑い状態になっていて
トホホなんだか何なんだかわからない具合でした;;。
いよいよ千秋楽に向かって最後の盛り上がりに突入し、
特別カーテンコールとしてもうワンステージ追加されていました。
さらに7月17日はサムとドナが出会った日だそうで
(そう言われて聞いてみると、確かに日記の日付はそうなっていました)、
夜の部ではカップル対象に企画があったようです。
もうひとつ、この日は野中さんのお誕生日だということで
観客にリクエストがあったのですが、
何か手違いがあったのか、
こちらはなんだかわからないうちに終わってしまいました;;。
夜の部ではちゃんとしたイベントになったのかもしれません(?)。
もうひとつ、やはり会場に行ってから気がついたのですが、
7月17日限定でマンマの壁紙配布があるとのことでした。
濱田さんファンにとってはとても嬉しいものでした(^^)。

Photo_4

とりあえずご報告は(誰に言っているんだろう;;)こんなところで。

| | コメント (2)

2010年7月11日 (日)

感想をいろいろ。

ここのところ週末になるとどっと雨が降り、気温も下がるので、
よく眠れて疲れが取れるような気がします。
今朝は雨というよりも暴風という風情でしたが;;、
午後になると大分おさまってきました。
梅雨の季節も、もうあと少しの間でしょうか?

さて、マンマの三回目の感想ですが、
先週末の映画感想も(書きかけていたので)
今更ながらまとめて置いていきたいと思います。
ほとんどうわごとに近いものがありますので、
面倒に思われる方はスルーしてくださいませm(_ _)m。

まずヴァンヘルTV放送について。
のっけからハイド氏との対決シーンまで大胆にカットされ、
えーーー、カッコイイシーンなのに~~と泣き(嘘)、
その後はえらくコンパクトにまとめたものだなあと
細かいカットの嵐に半ば感心しつつ
堪能させていただきました。
(本当は対決シーンの特典映像が一番好きだったりします(^^;)。
一回転して笑顔全開!のヒューの、役柄とのギャップが最高。
もし機会がありましたら
DVD(2DISCコレクターズエディション)にてご覧ください。)
公開から5年。いつのまにこんなに時間が経ったんでしょうか。
なんちゅう足の長い人だろ(そこですか)、と驚いた初心?を
改めて思い出して嬉しかったです♪
そしてジェリーさんの怪人を見てまいりました。
不覚にも目をそむける前に
字幕が目に入ってしまった(爆)ところもありましたが、
なるべくセリフと歌詞を耳で拾うようにして、いい訓練になりました(違)。
オペラ座はDVDを購入せず、
映画館でかかるときになるべく見にいくようにしているのですが、
時間を置いて見てみて
自分の感動ポイントが変わってきたのが興味深かったです。
ジェリーさんが全然醜くないのもありまして;;、
舞台版とは解釈を変えてあるように思いました
(全くもって今更ですが)。
ラストに至る展開で改めて胸に迫るものがあったのですが、
あの誤訳字幕(と言い切っていいと思うのですが)にとどめを刺されるのは
いい加減勘弁していただきたいものだな~と
やはり思いましたです(TT)。
今後は再上映時には修正字幕版を検討していただけないものかと
しみじみ思いました。
また改めて映画版の歌も良かったなと思いました。
DVDの購入予定はありませんが、
CDは聴いてみたいなと思いました。

続いて昨日のマンマの三回目の感想です。
後ろを振り返らなかったので満員だったかどうか不明なのですが;;、
少なくとも前半分の座席のノリはすごーく良かったです。
リピーターもしくは四季ファンの会話が飛び交い、
お芝居の間の客席の反応もとても良かった。
「新人」二人=濱田・阿久津ペアは
すっかりチームに溶け込んでいました。
少し髪の伸びた濱田さんはさらにドナらしくなってきて
女性三人チームは益々いい感じを増し、
阿久津くんがおじさんチームにすっかり溶け込んでいました。
不器用でちょっとズレている朴念仁?のお父さんに
ちゃんと見えました。
ご本人の目立ちオーラがかなり消されて
役柄の存在感がきちんと出てきていたように思います。
(ちなみに一瞬だけ男性チームのハーモニーのシーンがあるのですが、
本当に一瞬だけだったのが惜しく感じたほどに
皆さん歌が上手いです。
もう少し聴いていたかった。)
ほかの皆さんも調子を上げてきておられまして
チーム全体のまとまりも増し、
千秋楽に向かってさらにパワーアップしていってくれそうです。
濱田さんの歌はただ聴いているだけで心地よいのですけど、
贅沢にも様々なタイプの歌を聴くことができる役柄であることに
今更ながら感謝感激。
他県で見たマンマの舞台に比べてみても
今回の舞台の水準は凄いのではと感じます。
なぜかラストでまで泣けるようになってしまいました;;。
この素晴らしいキャスト陣で進化していく舞台を見られることは
この先そうそうあるとは思えないので、
あと一回、見に行ってきたいと思います(これで見おさめ)。

最後に一つ、全く関係のない話を。
今日TV番組欄を見ていまして、
NHKハイビジョンで
スター・ウォーズ一挙放送なる企画があるんだな~と思ったのですが、
夜7:30から関連番組とおぼしき番組に
なぜかPJの名前がありました。(→NHK BSオンライン
今夜のTV番組は
軒並み選挙報道に埋め尽くされそうですので、
見られるようだったら覗いてみようかなと思います。

| | コメント (0)

2010年7月10日 (土)

夏映画のシーズン到来♪

ついに更新を二週間空けてしまいましたm(_ _)m。
先週末に途中まで書きかけていたのですが、
更新する気力が足りませんでした(力尽きて寝てしまいました;;)。
先週になってようやく咳が止まりまして、
普通に生活できるって有難いことだなあ~と実感しつつ、
平日は家に帰ると家事をして寝るだけの生活をしておりました。
つくづく体力がないなあと思うこの頃です(TT)。
と言いつつも、
先週末には映画オペラ座とヴァンヘルを見られまして
豪華な一日だったなあ~と極めて個人的に感慨に浸ったり、
Wカップをちら見したり、
パク・ヨンハの逝去にたまげて涙したり、
「インセプション」の宣伝が増えてきたなと思ったり
(宣伝の多さは謙さん効果??)、
ボンド映画の次回作の製作が中止になったと聞いて
「ホビット」はそれでもまだ望みがある方なのかと思ったり
(PJに監督を打診?という噂も見かけました)、
それなりに気持ちの上では目まぐるしく?過ごしておりました。
来る夏に備えて体力をつけることを
本気で考えなくてはならなくなってきました。
睡眠をしっかり取ることが必須なので朝方に変えるのがベストなのですが、
なかなか難しいところです(^^;)。

そんなわけで。
いつものところで目に付いたものを置いてみます。

  クリストファー・ノーラン監督は
  「子供の頃からボンド映画は大好きだ。ぜひ監督してみたい」と語ったようだ。
  (Deadline Hollywood)

  「バットマン ビギンズ」("Batman Begins",2005年)、
  「ダークナイト」("The Dark Knight",2008年)に続く
  「バットマン」シリーズ第3作の撮影について、
  
マイケル・ケインは「よくは知らないが、(来年)4月に始めると思う」と語ったようだ。
  (Variety)

関連があるような、ないような記事ですが、
やや複雑な気持ちになった記事でした。
とにかくバットマンシリーズが無事完結してくれればよいので(爆)、
ノーラン監督よろしくお願いします、と言うしかありません。
弟氏による脚本の方も進んでいるとどこかで読みましたので、
あまり心配はしていないのですが。
「インセプション」の公開も楽しみにしているのですが、
ノーラン監督は天才だ!と思っていますので、
どんなテーマに取り組まれても見に行ってしまうと思います。

7月から8月にかけてはほかに
「オーケストラ!」
「ローラーガールズ・ダイアリー」
「トイレット」
などの公開を楽しみにしていますが、
わが地元では益々熟成してきた「マンマ・ミーア!」の公演が
そろそろ佳境に入ってきました。
今日は三回目に行ってきましたので、
一言くらいはまたつぶやいてみたいと思います。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »