« GWに入りました。 | トップページ | ご無沙汰してしまいました。 »

2010年5月 4日 (火)

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

来客を見送ったあと、速攻で映画館に行ってきました。
少し前から日差しが強くなっていると感じていましたが、
街中は気温が上がって暑いくらいで、
ようやく例年どおりの5月がやってきたな~と思いました。
地元ではお祭りが始まったこともあり
人出が凄かったですが、
映画館の中はいつもよりもお客さんが多いくらいで済みました(^^;)。

さて、前編で放り出されて
完結を確認しないと落ち着かなかったのだめですが、
めでたくハッピーエンドを迎えていました。
伝え聞いていたところの(未読なので)原作の内容を
全部演じることは到底時間的に無理があるので
当然ながらかなりはしょられているんだな~と思える
展開のスムーズさ、をなんとなく感じましたが、
うまくまとまって終わったように思いました。
音楽を志す二人の天才の恋物語、のラインで
よりすっきりまとめられているように思ったのですが、
そもそものだめが「志すこと」を学び、
音楽家としてのスタート地点に立つ物語でもあり、
俺様千秋よりも実はのだめの方が俺様で、
だからこの組み合わせで正解なんだな~と
妙に納得しつつ見てしまいました。
あくまで主役はのだめであり、
千秋先輩は最後まで(多分一生)振り回されるに違いないと;;。
また、それぞれのキャラが多分時間の都合ではしょられつつも
細かいところまで立っていまして、
原作ファンの方にもよい出来だったのではと思いました。
(後編部分は未読ですので、あくまで推測ですけれど。)
のだめの苦悩、迷走と、ミルヒーの介入?による危機、
和解と大?団円・・・といった具合で、
恋愛ラインが主だったのですが、
映画館の音響で音楽を聴けるのはやはり魅力的でした。
長くて楽しい♪エンディングを見ながら、
もう少し演奏を聴いていたかったな~と思いました。
いろいろ考えつつも、
観賞中は物語と音楽に没頭していました。
笑ったり突っ込んだりしつつも
じわりと元気をもらえる映画でした(^^)。

|

« GWに入りました。 | トップページ | ご無沙汰してしまいました。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWに入りました。 | トップページ | ご無沙汰してしまいました。 »