« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

マンマ・ミーア!

週末になって連日過ごしやすい、とてもよいお天気になりました。
お日さまはちゃんと季節通りに眩しさを増していますが、
この空気の爽やかさ(乾燥度)は一体どうしたことなのでしょうか。

それはさておき、
体調優先でおとなしくしていましたら
気力の方がどんどん下降してきましたので、
少々贅沢をしてまいりました。
せっかく地元に四季が来てくれているのだから
ふらっと見に行っても罰は当たるまい(多分)。
それどころか、ネットの感想を覗いてみると
初日なのに当日で(比較的)前列の席がとれた、
どうなってるんだしっかりしろ地元!
・・・というようなコメントまで見かけまして(_ _;)、
これは行けということだろう、と勝手に解釈した次第です。
残席は開演20分前で10席程度でしたので(日曜でしたしね)、
とりあえずはいい感じでありました。
歌を聴ければよかったので後方の席でOKだったのですが、
前列の席のように前の方の頭の間から見る、というような苦労がなく、
実に見晴らしがよいのに驚きました。
たまにはこういうのもいいなあと思いました。
やはりオペラグラスを持ってくればよかったとは時々思いましたが;;。

どうかするとソフィでもいけるのではないかという若さの
新生濱田ドナ。
はっきり言って彼女目当てに出かけたのですが、
やっぱり何を歌っても上手かったですし、
演技も楽しかったです(^^)。
もともと保坂さんのど迫力;;に似たものをお持ちだと思うのですが、
個人的には濱田さんの方が私は好きで、
最初に惚れたのはクレイジーのポリーだったような気がしますが、
アイーダで滂沱させられ、常に外れのないお方。
ダイナミックな役柄が多いイメージがありますので
今回のオトナのコメディエンヌは新境地ですが、
今後のさらなる進化に期待しております。
ほかのキャストもほぼ噂通りの豪華なまま(爆)で、
八重沢ターニャ、青山ロージー、
阿久津サム、野中ビル、明戸ハリー、
江畑ソフィ、田中スカイ、でした。
歌はすべてにおいてほぼ文句なし!の素晴らしさで、
キャストにこだわるなと言われても、
やはりこのメンツで歌われると
実力は隠しようがないな~としみじみ感じました。
いや、幸せでした(^^)。
初見の時はスカイを演じていた阿久津くんは
ややぬぼーっとした(役の印象です、すみません;;)サム役を
うまく演じているなと思いました。
それでいてやっぱり歌うと声の伸びが際立ちました。
濱田ドナと並んで掛け合いで歌うと
現代の平和な時代に生まれ変わったアイーダとラダメスに
見えないでもなかったですが(大分違いますが)、
力の抜けた平和なハッピーエンドが嬉しいラストでした。
江畑さんは初見でしたが、
上手いな~~と素直に思いました。
比較的ゆったりした筋運びのお話だと思うのですが、
隅々まで神経の行き届いた感じで、
とても楽しめてよかったです。

平日はまだまだ空席が多くいろいろ心配なのですが、
これから先の一カ月、
たくさんの方に足を運んでもらえるといいなあ、と
陰ながら祈ってしまうところなのでした。

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

寒い週でした。

今週はこの季節では考えられないような寒さが戻りました。
昨日など、どうかすると秋??と思えるような雲の様子で、
簡単にお蕎麦と天ぷらで済ませようと思っていた夕食を、
がっちりお魚キムチ鍋に切り替えたところ、
五臓六腑にしみわたるような美味しさでありました(大げさ;;)。
風邪の症状は大分おさまったのですが
咳がしつこく残ってしまいまして、
ふらふらしつつなんとか一週間をやり過ごしました。
週中には母の命日が来まして、
その日はお経をあげてもらって
母の好きな韓ドラを流しまくっていたのですが、
病人がいるから絶対に風邪は引けない!というプレッシャーが、
ここにきて良くも悪くも解けてきたのかもしれないなと思います。
さらに冬から続くストレスでかなり体力が落ちているので、
本気でコケる前に体質改善を検討したいものです。
来月は人間ドックに行く予定なのですが、
ほかにももう一軒行ってみようかなと考え中です~。

さて。
一週間ぶりにネットを覗いてみると、
いろいろ気になる記事もありましたので、
いつものところからざっと置いていきます。

ギレルモ・デル・トロ監督は、「ホビットの冒険」("The Hobbit")の映画化について「まだGOサインが出てない。MGMの件が解決するまで日程は決まることはない」とコメントしたようだ。(その他)

ジョン・ヒルコート(John Hillcoat)監督の新作は、Michael Punkeの小説"The Revenant: A Novel of Revenge"の映画化になる模様。クリスチャン・ベイルが主演に向けて交渉中らしい。(シネマトゥデイ)

"X-Men: First Class"で、ジェイムズ・マカヴォイがプロフェッサーXを演じるようだ。(Variety)

まだ問題があるんですか、と突っ込みたくなったホビットの話題ですが、
実際のところ、どうなっているのでしょうか(我慢だ我慢)。

ついバットマンシリーズの行方が気になってしまうクリスチャンは、
テレンス・マリック監督の新作も進行しているのか
どうなのかと気になっているところです(追っかけられていませんがTT)。
新しい企画についてもいいものに決まるといいなと思います。

そして最後の記事は、
個人的に(どれも個人的ですが)えええ!?と思ってしまいましたが、
マカヴォイさんならスコットランド出身だし(いや関係ないか)
なんでもできるかな~、と
妙に納得してしまいました。
少々心躍ったことを白状しておきます(^^;)。


もうひとつ、やくたいもないことを。
先日のことですが、謙さんがTV番組で
何やら「インセプション」絡みの企画らしいことをしていたのを
ちゃんと見られないまま終わってしまいました(TT)。
一体どういう話題だったのか気になったまま放置しています;;。
いまだに正体がよくつかめない映画の数シーンが
断片でも見られたのは嬉しかったのですが、
全容は一体どんなものなのか、
明らかになる公開日も確実に近づいてきました。
そして見る予定のなかった「プリンス・オブ・ペルシャ」も
なんとなく気になってきました。
実際のペルシャの歴史とは
何の関係もありそうにない気がしてならないのですが・・・(爆)。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

沈没中です。

週初めに調子を崩しましたが仕事はあるということで、
漢方系の栄養剤で騙していたのですが、
胃と体力がついていかなくなり
久しぶりにしっかりと寝込む羽目になりました(_ _;)。
今朝になってようやく微熱がとれたので
久方ぶりにPCを開けました。
熱も痛みもないというのは幸せなことですね。

そんなわけでこの週末は映画は我慢、で、
もっぱらおとなしくしているのですが、
いよいよ本日から始まっている
「マンマ・ミーア!」広島公演の主役に
急きょ濱田めぐみさんが加わったことを
地元新聞の記事で知りました。(←ネットが使えないので;;。)
これならもう一枚チケットをとろうかと思いつつ
今日になって調べてみたら、
さらに阿久津くんもサム役で加わったとか!
ソフィ役には江畑さん、
さらに、八重沢ターニャ、青山ロージー、
田中スカイ、味方ハリー、野中ビル、という噂が。
いきなりのこの豪華キャストにはなにか訳でもあるのでしょうか?
いずれにしても遠征してでも
ファンの方がやってきそうな勢いです。
(私も逆の立場なら、
環境が許すかぎり遠征してしまうでしょう。)
福岡の常設が閉まることになり、
なんでも札幌に新劇場ができるとか。
西日本ももっと元気でいてほしいなあ・・・と思ってしまいます。
新生ドナの濱田さんを見られるのは(見られるはず、多分)
とても嬉しいのですが、
未見のエルファバ役は当分見られず、
アイーダもまたそうだということにもなりまして、
やや残念な気持もなきにしもあらず。
もっとも当分遠征できる見込みもなかったので、
これは居ながらにして(ちょっと違)濱田さんの舞台を見られる
神様からのプレゼントかもしれない、と
都合よく解釈してしまうことにします(^^)。

とはいえ四季ですので、キャストがどうなるかはその時次第。
(五東さんも私は好きです。)
6月半ばに観劇する予定ですが、
ますます楽しみになってきました♪

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

ご無沙汰してしまいました。

064

一日一日をなんとかやり過ごしているうちに
早5月も半ばとなってしまいましたm(_ _;;)m。
大変遅きに失しておりますが、
今月のカレンダーはなかなか素敵で、
毎朝和ませていただいておりますので、
こちらにも画像を置いていきます。

仕事の比重が重くなっていることもあるのですが、
気温の変動が激しいことも
疲れが溜まる一因なのかとも思えるこの頃です。
とはいえ、いきなり暑くならないのは有難いことで、
ここ数日は雲ひとつない晴天の日もありまして、
爽やか、という言葉がぴったりの
素晴らしく気持のいい朝を過ごせました♪
この肌感覚はどこかで感じたことがあるな~と
通勤中につらつら考えて
9月のアラスカがこんな感じだったなあと思い至りました。
デナリ国立公園でバスツアーに行きそこなって
マッキンリー遊覧飛行に切り替えたことまで思い出しましたが(^^;;)
同じように雲ひとつない日のフライトは素晴らしく、
間近に見えるマッキンリーに感激し、
頂上あたりに虹が見えたことも思い出しました。
アラスカは9月上旬をすぎると一気に冬支度に入る土地なので
そこまで寒いわけではないのですけど;;
感覚的にかなり気温を低く感じているんだな~と
改めて感じた次第でした。
しばらく晴天の日が続いているので
じわじわと気温は上がってきました。
何を着てよいのやらと悩む日がもう少し続きそうです。

さて、ヒュー関係では
映画の共演者が次々と決まってきたとか、
トニー賞のノミネートから外れてしまったとか(TT)、
ちらちらと流れる情報を横目で見つつ過ごしておりました。
ご本人は映画の撮影にチャリティにと
しっかりと地道に活動しておられるようです。
特筆するようなニュースが見当たらないのが痛し痒しであるのですが、
Just Jaredにこんな記事が出ていました。

2010 MTV Movie Awards のBEST FIGHT部門に
“X-Men Origins: Wolverine”の
「ヒューとリーエフさんVSライアン・レイノルズ」が
ノミネートされているようです。
発表は6月6日ですが、
MTV.comから投票もできるようです。
さてさて、最大のライバルは誰なのでしょうか・・・?
(←シャーロック・ホームズしか見ていないので比較できません;;)

そして最近の写真を見ていて少々気になったのですが、
なんとなく印象が違うような??
ちょっと顎のあたりがふっくらしているような気がするのは
髭のせいか気のせいか・・・??
ボクサー映画の役作りなのかもしれません。

3rd_annual_aerospace_fight_for_fi_2
(やはり気のせいかも;;。)

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

来客を見送ったあと、速攻で映画館に行ってきました。
少し前から日差しが強くなっていると感じていましたが、
街中は気温が上がって暑いくらいで、
ようやく例年どおりの5月がやってきたな~と思いました。
地元ではお祭りが始まったこともあり
人出が凄かったですが、
映画館の中はいつもよりもお客さんが多いくらいで済みました(^^;)。

さて、前編で放り出されて
完結を確認しないと落ち着かなかったのだめですが、
めでたくハッピーエンドを迎えていました。
伝え聞いていたところの(未読なので)原作の内容を
全部演じることは到底時間的に無理があるので
当然ながらかなりはしょられているんだな~と思える
展開のスムーズさ、をなんとなく感じましたが、
うまくまとまって終わったように思いました。
音楽を志す二人の天才の恋物語、のラインで
よりすっきりまとめられているように思ったのですが、
そもそものだめが「志すこと」を学び、
音楽家としてのスタート地点に立つ物語でもあり、
俺様千秋よりも実はのだめの方が俺様で、
だからこの組み合わせで正解なんだな~と
妙に納得しつつ見てしまいました。
あくまで主役はのだめであり、
千秋先輩は最後まで(多分一生)振り回されるに違いないと;;。
また、それぞれのキャラが多分時間の都合ではしょられつつも
細かいところまで立っていまして、
原作ファンの方にもよい出来だったのではと思いました。
(後編部分は未読ですので、あくまで推測ですけれど。)
のだめの苦悩、迷走と、ミルヒーの介入?による危機、
和解と大?団円・・・といった具合で、
恋愛ラインが主だったのですが、
映画館の音響で音楽を聴けるのはやはり魅力的でした。
長くて楽しい♪エンディングを見ながら、
もう少し演奏を聴いていたかったな~と思いました。
いろいろ考えつつも、
観賞中は物語と音楽に没頭していました。
笑ったり突っ込んだりしつつも
じわりと元気をもらえる映画でした(^^)。

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

GWに入りました。

すでにゴールデンウィークに突入しているのですが、
親戚と我が家の法要が飛び石でありまして、
平日は仕事の山に追われという具合で、
今日母の一周忌の法要が済み、ようやく少し落ち着きました。
昨年の今頃はまだまだ、一番大変な時期で、
今と同じような気持のいい気候だったことを思い出していました。
いろいろ思うところはありますが、
素晴らしいお天気に恵まれて良かったです。

さて、一週間分の情報チェックを
シネマトピックスさんでしてみました。

「ホビットの冒険」("The Hobbit")2部作の公開は、前編が2012年12月、後編が2013年12月になる模様。(ComingSoon.net)

元記事から一部を貼り付けてみます。

IMAX incorrectly listed the release date for The Hobbit in the press release below. Warner Bros. Pictures has confirmed that they are now targeting a December 2012 release for The Hobbit and a December 2013 release for The Hobbit sequel.
IMAX and Warner Bros. Pictures announced a deal today good for up to 20 movies from 2010 through 2013:
(中略)
Under the agreement, Warner Bros. movies that will be released in IMAX are: Legends of the Guardian: The Owls of Ga'Hoole 3D (September 24, 2010); Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1 (3D) (November 19, 2010); Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II (3D) (July 15, 2011); Happy Feet 2 (3D) (November 18, 2011); and The Hobbit (December 2013). Warner Bros. and IMAX also plan to release an additional 15 films over the course of 2011, 2012 and 2013, including Gravity, Dark Shadows, Fury Road, Batman 3, and Superman.


3Dの文字が躍っているのが何気に気になりますが、
もうひとつ関連記事をシネマトピックスさんから。

Warner Bros.は、「バットマン ビギンズ」("Batman Begins",2005年)、「ダークナイト」("The Dark Knight",2008年)に続く「バットマン」シリーズ第3作の全米公開日を、2012年7月20日に設定したようだ。(Production Weekly)


こちらもComingSoon.netから貼り付けてみます。

Warner Bros. Pictures has set a July 20, 2012 release date for Christopher Nolan's
third Batman movie in conventional and IMAX theaters! That is a little over two weeks after Sony Pictures is releasing their Spider-Man reboot on July 3, 2012.


この予定通りで進んでもらえれば
2012年はとても楽しみな年になりそうですが、
12月公開ということは、
これまでの傾向から見ても
日本で見られるのは2013年になるような気がしてなりません・・・(^^;)。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »