« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

アリス・イン・ワンダーランド

実は公開すぐに見に行ってきていました。
3Dではなく、普通のバージョンを見たのですが、
十分に迫力の映像を楽しめました。
立体画面を見ると、
さぞ振り回される感覚がよくわかるのだろうなあと思いました。
(動きが突然強烈化したりしていました・・・。)

さて、あまりにも有名な原作があるわけなのですが、
今回は19歳になったアリスが
ワンダーランドならぬアンダーランドに迷い込み、冒険するお話です。
先にポスターなどを見ていて
心の準備が十分にできていたので(皆どこかコワイ)、
キャラクターを見てうわ、と思ったり、たいして驚くこともなく、
展開にひっかかりが出ることもなく、
滑らかに饒舌にお話が進んでいくな~と
感心しつつ見ていたのですが、
どちらかというと最初登場する現実世界の方が
十分不思議の国に匹敵するくらい奇妙では
(この人たちなんか変;;)・・・と、違和感を感じました。
原作の世界観が相当強烈なだけに、
映画オリジナルの部分で
エキセントリックぶりが印象に残りました。
(どうしても原作との比較で見てしまいますので。)
「この国の年代記にアリスという救世主が現れると予言されており、
残忍な赤の女王の恐怖政治に苦しむ彼らにとって、
アリスは残された唯一の希望・・・」という設定は、
なんだかなじみがあるなあ、
よくある設定だからかなと思いつつ見ていたのですが、
よくよく考えるとナルニアにおける
ペベンシーきょうだいのお話にも似ています。
類型としては珍しくはないので、それはそれでいいのですが。
思ったより(気がまえていたより)フツーの冒険話でした。
それは画面についても同じことで、
ブラックといえばブラックなのですが
思ったよりさらりと爽やか?な印象で見られたのは、
良くも悪くも強烈な先入観のおかげのようでした(^^;)。

ジョニデ演じるまっとうな?リベンジを心に秘めているマッドハッターは
相当まとも過ぎるような気がしまして、
無難度をさらに盛り上げていましたが、
個人的に一番気に入ったのはチェシャ猫でした。
動きがしなやかで柔らかそうで、
中身はオッサン(すみません;;)でしたが
猫好きなら堪らないのでは??
ずっと憂鬱そうなしかめつらをしているアリスの顔の系統は
白い魔女やライラ系の美人さんを連想しまして、
けものに乗って走るところなどでは時折り被って見えました。
吠えまくるけものの顔も
どこかで見たようなものだったなあ
(そんな映画ばっかりみているともいいますが;;)。
瞬時に牙をむく表情はイオレクかと思ったけれど
実はヴァンヘルが変身した狼男の動きにも(以下略)。
ジャバワッキーの声がリー様であることを
完全に失念していたのが残念無念でした。
ジャバワッキーの動きはナズグルの乗り物とも違いますが、
なんだかおなじみのクリーチャー;;の表情をしていて
(羽をつく動きが面白かった♪)、
二本足で歩くところがなんとなくタシを思わせました。
ホビットに出てくる竜をなんとなく期待していたので、
なにかしら違うのだけれど
奇妙なナニカというところでは及第点(何様)でありました。
ヤマネはどうしてもリーピチープと被りました;;。
あれは眠りネズミだと思っていたんですが、
あんなキャラだったかなあ・・・(記憶が既に無い)。

ということで、
画像も物語もバランスよく見事にまとめあげているのは
やはりすごいと言えるところで、
たいして破たんもせず、
原作のイメージを木端微塵にすることもなく、
主人公の成長物語として仕上がっているのは
好みは別としまして、
やはり監督の腕があってかと思いました。
同じ原作もののチョコレート工場と比べると
ぐっと奇妙度やブラック度が薄まっていたのは
原作の印象が強すぎるからなのか、
原作のイメージを重要視して無理なお話?に仕上げなかったからなのか、
そのあたりはわかりかねるところです。
適度なオマージュや隠しエッセンスとして
原作のいろんな要素が散らばっていたような気がします。
(奇妙な形の虫のような生き物がいたり、
冒頭での「魚」のセリフなどにお、と思いましたが、
考えすぎでしょうか。)
そこはかとなくディズニー映画だったなあ・・・と、
完成度とまとまりとある種の無難さを思い、
結果的な印象となりました。
良くも悪くもおどろ度は期待想像していたよりも低く、
完成度の高い冒険エンタ作品に落ち着いていたと思います。

好きなことを書き散らしてきましたが、
実は見終わった直後の印象は相当よかったのでした(^^;)。
あまりにブラックでなくてよかったと安心した一方
(相当覚悟?をしていました)、
徐々になにか無難でらしくないような・・・とじわじわと思えてきてしまいました。
これは贅沢というものなのでしょうか。

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

武士道シックスティーン

肌寒くはありますが、よいお天気の週末になりました♪
日差しはどうかすると初夏を思わせるものになってきました。
このまま暑くなってしまうのか、
それともまだ寒い春(という言葉はないですか)が続くのでしょうか。
春の気温が不安定なのはいつものことですが、
夜にはまだ上着が手放せません。

さて、全く見る予定のなかった映画を見てきました。
4月いっぱいまで有効のチケットを使い切るのに
これなら見てもいいかな~というやや後ろ向きな選択をしたのですが;;、
まっすぐな、とてもいいお話でした。
自分が学生のときとは違うところもあるけれど、
この年頃はこういうエネルギーがあるんだなということを思い出したり、
率直に若い役者さんたちの演技に感動したりしました。
試合に勝つことのみに精進してきた
武士のように逞しくストイックな女の子と、
負けたくないけど勝たなくていいと思っている
逃げ足のめっぽううまいお気楽な女の子。
全く接点のなさそうな二人が出会い、ぶつかり、
成長していくお話、と言ってしまうと無味乾燥すぎますが(爆)、
二人の女優さんがとてもいいです。
最後のシーンの表情が
一年間の二人の変化をくっきりと表していて
嬉しくなるような温かい印象が残りました。
剣道については
体力的にもとても厳しいよ~(TT)と
経験者の友人から聞いたことがある程度で、
そうか、こういうものなのか~と思いつつ見ていましたが、
そこらの男の子よりはるかに男らしい(いえその)
迫力のある男言葉に少々驚きました。
礼の心(というのでしょうか)があるだけに
そこまで乱暴には聞こえないのですが、
みなさん掛け声がすごかった。
最初の香織ちゃんの掛け声で
すでにびびってしまいました(^^;)。
ということで、
スポーツ青春映画の佳作でありました。
主役の二人のキャラ立ちがしっかりしていて
単純にはまりこんでしまいました。
久しぶりに全力でぶつかって生きている姿を
見せてもらった思いで、
途中から涙腺が壊れてしまいました。
(多分そこまで泣くお話ではないので、
そういう人間はほかにはいなかったかと;;;。)

ところで、映画館に10分前に着いたところ、
尋常でない長蛇の列ができていて
なんでーー??と一瞬パニクってしまったのですが、
冷静なほかのお客さんに促されて
列をよけて窓口に上がってみたら、
この列は某アニメ映画のチケットを求める列だったのでした。
(すでに次の時間は満席になっていて、
夕方の回の販売になっていました。)
もう少し冷静な判断力を取り戻さないと
世の中渡っていけないなあ・・・思い知らされた次第でした。

続きを読む "武士道シックスティーン"

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

素敵なお天気になりました。

また一週間が無事過ぎまして、ようやくPCを開けております。
すっかり週末ネットが定着してしまいました(^^;)。
こちらでは雪が降るほどに冷え込むことはなかったのですが、
妙に寒い日々ではありました。
今日は久しぶりによいお天気で、
なんだかとっても嬉しいです♪
いよいよ今日から映画のだめの後半が公開になりますが、
それに合わせて、今夜TVで前半の復習特別編が放映されるようです。
こちらもとっても楽しみです。
月並みですがこちらを見てから
後半を見に行きたいなと思います。

さて、週中は例によって
シネマトピックスさんを覗くのが精いっぱいでありました。
そちらから拾いっぱなしの気になる情報を列記してみます。
拾いっぱなしのそのままですみませんm(_ _)m。

ジム・フィールド・スミス(Jim Field Smith)監督、ジェニファー・ガーナー出演の新作コメディ"Butter"で、ヒュー・ジャックマンとアリシア・シルヴァーストーンの出演が決まったようだ。今月後半から制作に入る模様。(Variety)

ウェス・クレイヴン監督"Scream 4"は、6月中旬からミシガンで撮影に入る模様。また、ヒュー・ジャックマン主演"Real Steel"も6月からデトロイトで撮影を始めるようだ。(その他)

もうひとつ、映画ニュースさんに
指輪映画のブルーレイの情報が出ていました。
なぜコレクターズエディション・・・とついつぶやいてしまうのですが。
以下時間の都合で;;そのまま貼ってみます。

ピーター・ジャクソン監督による傑作ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」三部作のブルーレイ発売が決定。

【関連商品-Amazon-】
 ・【Blu-ray】 
ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOXセット【Blu-ray】
 ・【Blu-ray】 ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション【Blu-ray】
 ・【Blu-ray】 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 コレクターズ・エディション【Blu-ray】
 ・【Blu-ray】 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 コレクターズ・エディション【Blu-ray】

こちらは7月7日に発売予定です。
個人的にはブルーレイもまだ見られない環境でもありますし、
特典もあまり期待できないかな~という雰囲気ですので、
エクステンディッドが出るまで、
もしくは充実した特典が出るまでは
特に買わなくてもいいかなと思っております(爆)。

ほかに「ラブリーボーン」「Dr.パルナサスの鏡」も
DVD、ブルーレイともに7月2日に発売予定とありました。

最後に再びシネマトピックスさんから。

ピーター・ジャクソンは、「ホビットの冒険」("The Hobbit")について「先週、(スタジオに)第2部の脚本を届けたところだ。今は予算に取り組んでいる。上手く行けばゴーサインが出て、撮影日程が発表できるだろう。10月か11月には撮影に入れると思っている」とコメントしたようだ。(その他)

ちらりと噂が出てはまた延びるという調子ですので、
気長に話題が出るのを待っているホビット映画です(^^;)。
キャスティングの噂も追っかけていませんが(余裕がないので)、
さすがに秋くらいには確定してくるでしょうか・・・;;。

| | コメント (0)

2010年4月12日 (月)

ようやく気がついたこと。

久しぶりに昼間にTVを見たりネットを覗いたりする時間がありまして、
世間から取り残されているなあ・・・としみじみとした話題です。
嬉しい話題も悲しくなる話題もありました。

まず一つ目ですが、
本日(日曜)の昼間に
舞台女優さん二人がブロードウェイをめぐる番組を見ていたところ、
まったく関係のないところでショックを受けました;;。
話題としては遅すぎるのですが、
下村尊則さんが四季を退団していたのにようやっと気がつきました。
石丸さんが退団したこともつい最近になってから知ったのですが、
まさか保坂さんもと思いきやこちらも退団されていました。
(どうしようもなく遅い話題ですみません(_ _;)。)
どの役者さんでも同じレベルで舞台を提供できる、というのが
四季の姿勢であるのですが、
人間であれば好みが出るのは当然で、
万一濱○さんが抜けてしまったりしたら
立ち直れなくなりそうで(ややオーバー)。

続いて個人的に嬉しかったといいますか、
今頃まで気がつかなかったのかと自分に突っ込んでしまうくらい
マンガから足が遠のいていたのに驚きもしました。
えー、諏訪緑さんの新刊が出ていました♪

    

さらに諏訪さんのHPを覗いてみると
web連載で玄奘西域記の続編が始まるそうで、
これは嬉しいことだったのですが、
こちらで一つ、重い、悲しい話題を伺ってしまいました。
佐藤史生さんが4月4日に逝去されていたのですね・・・。

私が最初に出会った佐藤さんの作品は「夢見る惑星」で、
そのあとの「ワン・ゼロ」で吹っ飛ばされ、
その後は新刊を見かけると必ず手に取る、
期待を裏切られることのない才能溢れる作家さんでした。
寡作な方でもあったので
ぽつぽつと出る新刊を楽しみにしていたのですが、
まさかこんなことになっていたとは。
坂田靖子さんのHPにコメントが出ていました。
まだ少し若い世代の方だというのに、
早すぎるなあ・・・とため息をついてしまいました。
ただご冥福をお祈りすることしかできませんが、
本当に残念でなりません。
どうか安らかでおられますように。

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

ニューヨーク、アイラブユー

今朝から大雨となりまして、
やや躊躇しつつお昼過ぎに出かけたところ、
小降りほどの状態におさまってくれました。
先週見た桜たちはかなり花を散らしていましたが、
まだ蕾だった樹は七分咲きの状態で頑張っていました(^^)。
そろそろ満開の季節は過ぎていきそうですが、
道路をピンクに染めた花びらたちがまた壮観でした。

さて。
大山場の一週間はなんとか無事に終わったのですが、
その間になぜかこけてしまいまして、
念のため頭の輪切りを撮りに行く羽目になり、
結果ただの打ち身ですんだのが幸いというおまけがつきました。
(なにもこの忙しいときにと自分で突っ込むのも哀しかったですが、
疲れのおかげで転んだような気もします(TT)。)

なので、昨日固まっていた腕と首を修正してもらいに行ったのですが、
気も血も足りてないので
頭から心配事を消して出かけてきた方がいいと言われてしまいました
(全身あっちもこっちもえらいことになっていました。)

ふと先日見た役所広司さんのフィンエアのポスターを思い出しまして
ヘルシンキに行きたくなったのですが、
さすがにそれほどの時間はなし。
とりあえず近場でのリラックスを検討してみることにしました。

そういう状態でしたので
最後に睡魔に襲われる体たらくでありましたが(爆)、
「ニューヨーク、アイラブユー」を見てきました。
愛と出会いがテーマの10本の短編作品を
つなげたような、そうでもないような群像劇でした。
ひとつの作品の持ち時間が10分ずつということで、
ちょうどいい長さかな~という感じでした。
岩井監督によるオーリとクリスティーナ・リッチ出演の作品があり、
ナタリー・ポートマン監督の作品があるという
認識しかなかったのですが、
ブレット・ラトナー監督の作品もありました(^^;)。
ナタリー・ポートマンとイルファン・カーンが出演している
ユダヤ教徒ジャイナ教徒とのやりとりに
少々面食らいましたが、
さまざまな人種の人が住んでいる街であることを
殊更に感じさせる物語が多かったです。
街と住人が一体化している社会ではないので
人がみな独りであることが浮き上って見えてくるようでした。
(だから人間関係が濃いのだろうかとも思ったりしました。)
謎も含めて印象に残ったのは
かつての歌姫とホテルの従業員の一編で、
シャイア・ラブーフ演じるボーイは
幻だったのかなんだったのかがわからなかったのですが、
とても印象的でありました。
老夫婦の丁々発止?のやり取りの一編も素敵でしたし、
初老の画家が若い中国娘に惹かれるお話も
オチがああやっぱりなという寂しさに襲われはしましたが、
エンドロールでファティ・アキン監督の名前を見て、
なんとなく納得したりいたしました。
結構きわどい会話の作品もありましたので
(というか情けない場面も;;)、
ラストの若い二人が大変爽やかに見えました。
(オチを覚えていないのですが(^^;)。)
お目あてのオーリ出演の短編ですが、
アニメのサントラ作家の役どころで
自前のくたびれたシャツで登場していました。
お話はよいのですけど、
なぜゲド?(←一度しか見ていないので自信なし)と
突っ込みたくなったのは
私だけではないかと・・・??

ちなみにコンさん出演の韓流映画
「悲しみよりもっと悲しい物語」も
上映が始まっていまして、
すれ違うお客さんたちが楽しそうに笑いさざめきながら
号泣した~と言っているのが聞こえました。
とりあえずパンフは購入したのですが・・・
DVDまで待とうかどうしようかと考え中です。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

春が来ました。

20104_2 

春になったら出張にとられた人員が戻ってくるのを支えに
冬の間の残業生活に耐えて?いたのですが、
この春にいきなり減員されてしまいました(TT)。
(例によって仕事は確実に増えているんですが。)
なので、年度末どころか日々の仕事もまわらなくなり、
連日残業に加え休日も出勤してもまだ残るよ~という状態で、
いいかげんふらふらになってきました。
前の日に夕食を準備することになるので、
作り置きできるものに限られてくるのもつらいです;;。
そんなわけで、新年度になってから初めて、
ようやっと自宅のPCを開けられましたm(_ _)m。
今日はお墓参りついでに桜を見てきたのですが、
いたるところで桜が満開になっていて
お天気もよいのでお花見を楽しむ人でどこも賑わっていました。
この季節になると桜の樹がたくさんあるものだと改めて思います。
日本の人はつくづくこの樹が好きなんですね。

そんな具合であまりご提供できる話題がないのですが、
来週から見たい映画が目白押しになってきました。
今月いっぱいで消化しなければならない映画回数券もありまして、
できるだけ出かけたいと思っているのですが、
はたしてどうなることか。
10日からこちらでは
「ニューヨーク・アイラブユー」が公開になる予定なのですが、
フェリーニ監督の「8 1/2」も一週間限定で公開になる模様で、
さらに邦画の「ダーリンは外国人」も実は結構気になっております。
17日には「アリス・イン・ワンダーランド」、
「のだめカンタービレ最終章 後編」の公開もあるということで、
嬉しいけれどやはりどうなることか、なのでした(_ _;)。
ちなみに「ダレン・シャン」は
なぜか軒並み吹替え上映ばかりで、
しかも小さいシアターでしかやっていないので
なんとなく行かずじまいになってしまいました・・・。

来週はまだまだ山場が続きます(年度末と月初が~・・・)。
週一更新が続いて申し訳ないですが、
隙を見てまた書ければいいな~と思っております。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »