« アカデミー賞・ラジー賞発表。 | トップページ | キャスティングの噂・もう一つ続き。 »

2010年3月11日 (木)

"Selma"のキャスティング・その後。

すっかり冬の寒さに戻り、山の頂の白さが美しいやら寒いやら。
さて、一つだけ目についた記事がありましたので、
ささっと置いていきます。

先日お伝えした"Selma"のキャスティングの噂ですが、
ロバート・デ・ニーロがジョージ・ウォレス役に確定したのではないか
・・・という記事が出ていました。
(→こちら
IMDbのニュース欄をさーっと眺めてみたところ、
同じような主旨の記事が並んでいましたので、
大元の記事は確認できていませんがm(_ _)m、
そうなのかなあ、と思えます。
以下、一部を引用します。

ハーレムを舞台に両親によって虐待され続ける16歳の少女プレシャスを主人公にした「プレシャス」に続くダニエルズの待機作は、1960年代の公民権運動中の流血事件として知られる血の日曜日事件を描いた「Selma」と題された作品。
血の日曜日事件とは、1965年3月、その前の月に公民権運動家の黒人青年が警官隊に銃殺された事件に抗議するため、アラバマ州セルマから州都モンゴメリーまでデモ行進しようとした公民権運動家たちが、人種差別主義者の白人知事の命によって、州兵や保安官たちに暴力を受けて死者も出た悪名高い事件である。  史実に基づいた「Selma」で、人種差別主義者として知られているジョージ・ウォレス・アラバマ州知事をロバート・デ・ニーロが演じることになるのではないかという噂が1月に流れたが、3月5日にこの噂が正しかったことが証明された
デ・ニーロと共に出演の確認が取れているのは、ヒュー・ジャックマン。当初、年齢が近いということでウォレス役が噂されたジャックマンだが、デ・ニーロがウォレス役を演じることが明らかになった今、ジャックマンは白人暴徒によって殺害されたユニタリアン派の牧師ジェームズ・リーブ役にキャストされているのではないかと言われている。

ヒューのキャスティングはまだよくわかりませんが、
可能性としてはありかなという気がします。
はっきり決まりましたら、また追記させていただきます。

では、取り急ぎ置き逃げで失礼しますm(_ _)m。

|

« アカデミー賞・ラジー賞発表。 | トップページ | キャスティングの噂・もう一つ続き。 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカデミー賞・ラジー賞発表。 | トップページ | キャスティングの噂・もう一つ続き。 »