« "Selma"のキャスティング・その後。 | トップページ | リプトンティーのCM。 »

2010年3月14日 (日)

キャスティングの噂・もう一つ続き。

冬空が一変して
ぽかぽかと暖かい春の陽気になってきました。
三月半ばに入ってきましたのでこんなものなのでしょうか。
洗濯も布団干しもできまして満足でした♪
できるだけリラックスして
春の暖かさを楽しんて過ごしたいなと思います。

さて、先日置き逃げした"Selma"のキャスティングの話題ですが、
IMDbのニュース頁がさらに嵩を増していまして、
この配役になったのかとおぼしき記事がいくつか出ていました。
これで決定したのでしょうか?
(決まったあとにも変更するケースもありますが。)
以下、ひとつを貼り付けてみます。

Jackman is Selma's Sheriff, while Mlk, Lbj, Jeh and the Kkk still need to be Cast

Hugh Jackman let slip that he'll be on the side of the "antagonists" in the Paul Webb scripted/Lee Daniels directed Selma. The Aussie will play sheriff Clark and thus becomes the third actor to join the project - Bobby De Niro playing Governor George Wallace, and Lenny Kravitz plays activist Andrew Young, but there are a batch of bigger roles that have yet to be filled including the man of the hour, Martin Luther King. Once cast, that role will be deemed as the Oscar bait role for the Oscars in 2012 - around the time where Obama's 1st term will end.
On the antagonist's side we have Lyndon B. Johnson and J. Edgar Hoover (this is the second time we mention this historical figure today) and keeping with the three letter abbreviations, we have the folks who wear the white hoods. The Black List script is a solid read, a pace that is in constant movement -- it reminded me of Paul Greengrass' Bloody Sunday -- coincidently both events took place on the last day of the week. It's definitely a rocky boat interpretation of the historical events - I especially like how the tension build-up affects the war room like convos between Hoover and Johnson.

元記事を以下一部貼りつけてみます。
ヒュー本人のインタビューのようです。

The awards-giving didn't quite go exactly the way Jackman would've liked, however: "I loved [Precious]," he said. "To me, that was the best movie of the year." In May, Jackman will begin shooting Precious director Lee Daniels's Selma — about the 1965 marches from Selma to Montgomery, Alabama — in which he says he'll play Jim Clark, the short-tempered Alabama sheriff whose violent arrests of civil-rights protesters got international attention. "You’re the first person I’ve told, so I’m not even sure if I was meant to say that. So there you go, that’s enough trouble for one night," he told us.

こちらによりますと、ヒューの演じる役は
過激な人種差別主義者のアラバマの保安官、ジム・クラークのようです。
こちらに写真を並べてある記事がありました。
確かにウェイトの調整が必要でしょうか;;。)
ヒューの出演作品としてはこれまでにない社会派の作品で
こういう役柄で参加するというのもとても新鮮な気がします。
これまでに「いい人」ではない役柄もありましたが、
今回はとても楽しみです。ちょっとどきどきしますけど(^^;)。

デモ行進を行った運動家たちを弾圧した知事ジョージ・ウォレスは
やはりロバート・デ・ニーロが演じ、
レニー・クラヴィッツがアンドリュー・ヤング役を演じるようです。
そのほかのキング牧師や行進に加わった地元の運動家、
リンドン・ジョンソン大統領は誰が演じるのでしょうか。
撮影が近くなっていると思うと、
少々気になってしまいます。

この「血の日曜日」事件はとても有名なようなのですが、
公民権運動という言葉を知っていても
実際に行われ、起こったことについては全く知りませんでした。
ネットでいくらか調べてみたところ
ちょうど自分が生まれた頃の出来事でしたので、
歴史上のことというよりも
肌で時間の重みを感じられるような気がしてきました。
はじめてアフリカ系大統領が誕生した現在の米国にとっても
とてもタイムリーな主題のようにも思います。

また同じくIMDbのニュース欄に
"Untitled Peter Farrelly/Charles Wessler Project"
に関すると思われる記事がちらちらと出ていました。
こちらなど。元記事はこちら。)
ヒューが出演する部分( タイトルは"The Catch"?)は.
ヒューが"A Steady Rain"に出演している期間のオフ日に
ニューヨークで撮影したようです。
共演のケイト・ウィンスレットもニューヨーク在住なので
ちょうど良かったということなのかと。
「パリ ジュテーム」 のようなオムニバス映画の気配ですが、
コメディということで、安心?して見られそうです。
いつ頃お披露目になるのか、
こちらも注意して眺めていたいと思います。
(・・・多分周回遅れになると思いますがm(_ _;)m。)

蛇足ですが、上記リンクの最初の方に
懐かしい写真が出ていました(^^)。
「マウスタウン」の滑り台??の、ヒューとケイトのお二人です。

|

« "Selma"のキャスティング・その後。 | トップページ | リプトンティーのCM。 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« "Selma"のキャスティング・その後。 | トップページ | リプトンティーのCM。 »